眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

カテゴリ: 現代文の記述問題

1年前、赤本の解答に噛みついた記事を書いたんだよね。
2011年07月11日 東大の問題を解いてみよう

そしたら先日、高3さんから残りの設問の答えも聞きたいというリクエストがあったので、ここで答えよう。



1984年の東大の問題、西部邁「経済倫理学序説」。

前半をざっくり要約すると、「真面目ばっかりじゃダメ。遊びも必要」という話。




(二)「両者のあいだの相互浸透」(傍線部イ)とはどういうことか、説明せよ。


この文脈での「両者」とは
前者=日常的で真面目な仕事(パン)
後者=非日常的で真剣な遊び(サーカス)

ここまでは本文を読めば誰でもわかる。
誰でもわかるレベルで「東大の解答」を作ってしまったのが、『東大の現代文25カ年』だ。

【日常的な真面目な仕事であるパンが非日常的なものを含み、非日常的な真剣な遊びであるサーカスが日常性をひきずっていること。】

「含み」「ひきずっている」だけでは仕事と遊びの間にただ共通点があるだけなのか、因果関係があるのかがわからないよね。

つーか、「パンが含む非日常的なもの」って何だよ???



この設問の中心は「両者」よりも「相互浸透」の方じゃないか?



傍線部「両者のあいだの相互浸透」の直後に書いてあるのは

《飛行機は翼ある蛇という空想の産物》
《スカイ・スクレイパーはタワー・オブ・バベルという野望の産物》(スカイスクレイパーとは高層ビル街、バベルの塔は聖書に出てくる天まで届く塔の神話のこと)

これらは「空想という遊びが、現実になった」という例。
つまり「遊び→仕事」という因果関係だ。


わかりにくいのが次の例だね。

《あれこれの芸能が退屈な余暇消費の手段と化している》

芸能とは舞踊や演劇や音楽のこと。

これらはいまでこそエンターテインメントだけど、もともとは神様に捧げられていたものだ。だから神社には能舞台がある。
(本文にはここまで書かれていないけど←ここ重要!)

宗教儀式を非日常とか遊びとか呼んじゃいけないよ。
豊作や国家安寧という現実的なご利益を祈願していたんだから、これは実務だ。

つまりこの例は「真面目な実務から、宗教性が抜けて娯楽になった」という話。
「仕事→遊び」という、さっきとは逆向きの因果関係だね。


もちろん、「芸能=宗教的儀式」まで思いつかなくても、たとえば田植え歌は農作業のテンションを上げるために歌われたし、トランペットは戦場で合図をするために使われたように、要は「何か実用のためだったんだな」程度の理解で十分。



そこで俺の解答。
【非日常的な空想を基にして現実的事物が発明されたり、舞踊や音楽から宗教性や実用性が忘れられて娯楽と化したりしたこと。】


比較のために、『東大の現代文25カ年』の解答をもう一度。
【日常的な真面目な仕事であるパンが非日常的なものを含み、非日常的な真剣な遊びであるサーカスが日常性をひきずっていること。】




こういう風に解答が割れるのは、本文の中で「芸能」についての説明が省かれているのが原因なんだよ。

赤本は「本文に書いてあることを根拠にするべきだ」という思想で作られている。
だから必然的に上のような解答になる。

読み方とかまとめ方の能力差じゃなく、根本的な思想の違いなんだよ。


もしかしたら一部の人以外には意味不明なこのシリーズ(笑)

せっかくなので(三)までやっちまうか!

2011年07月11日 東大の問題を解いてみよう
2012年06月30日 東大の問題を解いてみよう2



引き続き、1984年の東大の問題、西部邁「経済倫理学序説」。

後半は、社会科学の役割についての話。

ざっくり要約すると、

1 自然科学と文芸・人文を架橋するのが社会科学の役割。
2 ロゴスでああるはずの自然科学には技術信仰というミュートス(物語性)が含まれ、ミュートスであるはずの芸術は市場的計算というロゴスを含んでいる。
3 社会科学は両者の化合を目指して独自の文体を練る。これが緊張をはらんだ作業でないはずがない。



で、傍線部は最後の一文。

《社会科学がはたしてサイエンスになりうるか、それともエッセイにすぎないのか、などという二者択一の議論は、この緊張に堪えられないことの証左であろう。》



(三)「この緊張に堪えられないことの証左であろう」(傍線部ウ)とあるが、どのような理由によってそのように言えるのか、説明せよ。




さて、毎度おなじみ『東大の現代文25カ年』の解答。

【二者択一の議論は、科学的理性と文学的感性の絶妙な混合あるいは化合を求めて、独自の文体を煉るという社会科学の作業の緊張に堪えられず、どちらか片方だけを選ぼうとするものだから。】

「緊張に堪えてないと言えるのはなぜか」と聞かれて「緊張に堪えられないから」って、同語反復だよね。答えになってないよね。

それに「どちらか片方だけを選ぼうとするものだから」も「二者択一」をくり返しただけだし、
これだけでは、なぜ緊張から逃げたことになるのか説明できてない。

だって、日常的には片方だけを選ぶ方が緊張を強いられることが多いじゃん。
(三角関係の修羅場になったとき、AランチもBランチも美味しそうだったとき、選択肢で2つまで絞って迷ったとき)



この設問の意図は「社会科学の難しさ、二者択一の安易さ」を示すことなんじゃないかな。

文中に書いてある、社会科学がやっていることは次の二つ。
1 自然科学の中にミュートスを、文芸・人文の中にロゴスを見出すこと。
2 独自の文体を創り出すこと。

意外なものを発見するのも、新しいものを生み出すのも、難しいことだよね。緊張をはらむよね。



(斬新すぎる音楽作ってライブで初披露するのって緊張するぞ。理解されなかったときの客席のどん引き具合は何年経っても夢に出てくる・汗)



これと対比すると、本文にははっきり書かれてないけど二者択一がやっていることは次の二つになる。
1 自然科学はロゴス、文芸・人文はミュートスとしか見ていない。
2 従来の文体を借りただけ。


というわけで、俺の解答。

【自然科学の中に物語を、人文科学の中に論理を発見した上でそれらを結ぶ独自の文体を新たに作り出すという二重の挑戦をせず、科学は論理、文学は物語という表面的な観察にとどまり既存の文体を借用しているに過ぎないから。】


比較のために、『東大の現代文25カ年』の解答をもう一度。

【二者択一の議論は、科学的理性と文学的感性の絶妙な混合あるいは化合を求めて、独自の文体を煉るという社会科学の作業の緊張に堪えられず、どちらか片方だけを選ぼうとするものだから。】



(一)と(二)は、「どういうことか」と聞かれてるのに因果関係を埋めないと答えにならないので、確かにレベルの高い問題だったよね。

でも(三)は逆に「理由」を聞かれてるけど、因果関係は必要ない。むしろ「まとめる」系の問題だ。
(はっきり書いてないことを埋める必要はあるけど)

(一)(二)よりずっと簡単だと思うんだけどなあ。。。

センターが終わって、

さあ、国公立二次の記述対策だ!!




とりあえず過去に書いた記事をまとめてみようか。

まずは一番古い時期の記事。懐かしー!
2009年01月24日 二次対策・記述の勉強
2009年01月30日 記述の勉強2
この頃から赤本の解答に喧嘩売ってたな。
だんだん代ゼミの解答に公然と文句を言うようになっていくんだけど(笑)


上の「記述の勉強2」に出てくる遺骨収集の問題に出合って、「国語の記述問題が実は未開の領域だった」ことを発見してしまった。
2011年07月12日 グアム弾丸ツアー
あれ以来、「国語教育を文学から数学に変える」ことが自分のミッションだと思ってる。



私大志望の人も読んでおこう。記述の基本レッスン「国公立シリーズ」。
2011年06月18日 記述問題は採点ポイント2つ
2011年02月17日 国公立前期の記述対策
2011年02月21日 国公立前期の記述対策2
2011年02月25日 国公立前期の記述対策3


もっとマニアックに攻めたい人には「東大シリーズ」。
2011年07月11日 東大の問題を解いてみよう
2012年06月30日 東大の問題を解いてみよう2
2012年07月01日 東大の問題を解いてみよう3

実はこの東大シリーズには前哨戦みたいな記事があった。
2010年03月08日 東大に電話してみた
2010年04月29日 「噛み砕け」って漢字で書くと強そう



そして、難問に挑むときの心構えはこちら。
2012年02月23日 パズルは解けるようにできている




今年の東北大の国語は攻めてたねえ。
(受験生はママの付き添いが多すぎてニュースになってたけど・笑)



問5 筆者はM教授の講義でラテン語が用いられていたことをどのように評価しているのか。



そんな結論、どこにも直接書いてねーし!!(笑)

〈まとめる〉派の人たちは面食らうよなあ。いい問題だ☆



強いて挙げれば、

第一段落でのエピソードの中には「わたしには『ブタに真珠』『ネコに小判』の類いであった。」と書いてあるし、
第二段落では「まったく実用性を喪失している」とも書いてある。

だから表面的に読めばラテン語を中心とする古典的な教養を全否定しているようにも見えるんだよね。
駿台の解答はこの立場。


代ゼミでも会議で意見が割れたんだけど、いわゆる教養(哲学とか文学とか)が好きな人はこの文章を
「近代化に対する古典的教養の抵抗」
と解釈するみたいなんだよね。
河合塾の解答はこの立場。


でもこの文章は最後のドラッカーの話をよく読めばずいぶん違う展開になる。

ドラッカーは1993年に「新しい教養」を「各自の専門的知識を一般化できること」と定義し直した。
実際、それから20年経った現在、世の中のキーワードは「シェア」だよね。

古典的教養は
1 普遍性に通じる知識(ラテン語、人文学)を
2 一部のエリートが独占する

ドラッカーによる新しい教養は
1 各自の専門的知識を
2 シェアできる能力

こう分類すると、ラテン語および古典的教養は
1 専門的知識としては時代遅れ
2 シェア(普遍化)のヒントとして必要

というプラスとマイナスで評価されるんじゃないだろうか?


東北大は去年も今年も「ただの反近代じゃないポストモダン」というテーマが続いている。


代ゼミの会議は俺の「プラス・マイナス」説と他の先生の「古典派の抵抗」説で割れたので、あとの判断は国語科の職員のみなさんに預けて逃げてきた(笑)
だって、腹減ってたんだもん。


現時点で代ゼミはまだ発表してないけど、結局どう決まったんだろう?

IMG_2878

「オキテ55」シリーズ第3弾は、

受験現代文という科目に対する、俺なりの「卒論」。

卒論出したので、もうこの仕事辞めても未練はない!(笑)




それにしても、この仕事に就いてから卒論出すまで18年かかったか。。。

実際には2006年の時点でこの本を書こうと思っていたんだけど、

まだコンテンツと本を書く技術が足りなかったんだよね。



「コンテンツ」=入試問題、特に記述問題の研究

「本を書く技術」=商品としての企画力、文章力、編集者との喧嘩の仕方などなど



4冊目にして、やっとこの本を書いて世に出せるくらいになった、ような気がする。




第1章 現代文って、なぜモヤモヤするの?
第2章 誤読しないための 評論の目のつけどころ
第3章 感情移入でコケないための 小説の目のつけどころ
第4章 もう出題者に騙されない 選択肢の罠の見抜き方
第5章 ツギハギ答案にならない 記述問題の攻略法
第6章 難易度MAX 東大の問題を解いてみやがれ


これ読んだら、誰でも国語の先生やれるよ。


1章は超初心者向け。
「現代文って、答えがあいまいだから大っ嫌い」と俺の前で言い放った高校の数学の女性教諭に答えてやろうと思って書いた(笑)

2〜4章はセンターで満点目指すレベル☆
ここまでは誰でも読めるし、すぐ使える。
私立文系と国立理系の受験者は4章までをマスターしてくれれば十分。



5章の後半から、ガチの国公立大学対策。
この章の肝は「本文を離れて、普通に考えよう!」。
「記述=本文をまとめよう」とかいう国語業界の慣習を思いっきり否定しているので、同業者の半数から反発を喰らうのは覚悟の上。
先に「ごめんなさい(棒読み)」と謝っておこう。

で、6章はたぶん誰も真似できないほぼ「無理ゲー」。
たまにはいいじゃん、倒せないラスボスも。
東大の「正解」って非公表で、予備校業界でも本当のところはまだ誰も解明していないんだよ。
だから最初に王手をかけてみたかった。


超初心者から東大受験者まで役に立つ(はずの)参考書。

でも同時に、日本の国語教育界に対し新しい仮説を投げ込んでみた。

ここから先はプロの先生方による検証に委ねる。

だからやっぱり「卒業論文」なんだよね。






このページのトップヘ