眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

大学入試改革の迷走で話題の「国語の記述問題」に関する過去記事をまとめました。
新カテゴリ【現代文の記述問題】をご覧ください!

1487668


「学校の先生と塾の先生、言うことが正反対なんです。誰を信じればいいの?」

「赤本の小論文は『解答例省略』が多くて、自分では勉強できない」

「通信添削を受けているけれど、ぜんぜん上達している気がしない・・・」



そんな受験生のお悩み・不安を解消します!!



10万部のベストセラーであり、学校の先生方からも支持される定番の参考書、

『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智

あなたの答案を添削し、どんな質問にも答えるという太っ腹な新企画!



その名も

【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック



1か月間、何度でも添削を受けることができます。何度でも質問できます。

・「小論文って、何書くの?」という超初心者から難関大学を狙う上級者まで、生徒のレベルに合わせた完全個別指導

答案から「書き方の癖、考え方の癖」を分析し、的確なアドバイスを差し上げます。

・添削を始める前に、志望校と受験スケジュールから逆算して最短コースの作戦を立てます

・志望校の過去問を中心に進めていきます。どんな難問でもOK!




センター試験お疲れさま!!



実は毎年、『小論文のオキテ55』がグーンと売れるのはセンター試験直後のこの時期です。

センターの結果で志望校を決めるため、

急に小論文が必要になる人も多いようで。




「そもそも小論文って、何をどう書けばいいわけ???」

という超初心者は、まずこの動画をご覧ください↓


https://youtu.be/5VhbwToSGfU


この動画の中に、「小論文って何?」というエッセンスがほぼ全部詰まっています。





YouTube再生リスト「鈴木鋭智ミニ講義集」はこちら




いまのところ、『小論文のオキテ55』の《上級編》にあたるのが

『公務員試験 無敵の論文メソッド』です。

タイトルには「公務員試験」とありますが、難関大学にはそっくりこのまま対応できる内容です。

公務員試験 無敵の論文メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2016-02-09




高校教員、塾講師のみなさんにお知らせです!


・小論文の教え方に自信がない。

・「先生の模範解答を作って」といわれると困ってしまう。

・どんな答案なら評価されるのかがわからない。

・生徒に書かせっぱなしで、力がついているように見えない。

・自分の指導を他の先生に見られたらヤバい。

・国語担当じゃないのに小論文の指導をするはめになっちゃって・・・・



生徒に教える以前に、先生自身がなかなか書けない小論文。

最近は赤本などでも「解答例省略」が多く、先生が「カンニング」することも難しくなりました(笑)



かといって「書いてきたら見てあげるよ」と添削メインにしても、

先生自身「何を書くべきか」がわかっていなければ評価もダメ出しも正しくできませんよね。





もし先生に模範解答を書くスキルがあれば、

少なくとも「何をどう書くべきか」がわかっていたら、

明日からの小論文指導はこうなります。



・重箱の隅をつつくようなダメ出し添削ではなく、ゴールに導く指導ができます。

・「なぜ書けないのか、間違えるのか」生徒の思考回路が手に取るようにわかります。

・過去問から各大学の「出題意図」を見抜くことができます。

・自信を持って小論文を語れるようになります。

・小論文が「水モノ」ではなく「確実に受かる科目」になります。学科試験ではD判定の大学にも逆転合格が可能です。





「いまから文章の練習しても、すぐには上達しないでしょ?」



そんなことはありません。

文学作品と違って、膨大な読書量も芸術的センスもまったく不要です。

というか、センスで自由に書こうとするから迷走するんです。






小論文で出題されるのは

「◯◯という社会問題をどう解決すればいいと思うか?」

という具体的な課題です。




合理的な問題解決のルールと、それを説明する段落構成のルール。

これさえ覚えれば、誰でも合格レベルの答案を書くことが可能です。

誰でも生徒に教えられるようになります。




先生自身が小論文を正しく書くスキルを身につけたら、

目に見えて合格率が上がります。

生徒の人生を大きく変えます。

先生自身の評価も大きく変わります。




一度習ったら一生使えるスキル。

何よりも費用対効果の大きな自己投資といえるでしょう。





そんな、先生のための小論文講座が開催されます!!




■KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

講師:鈴木鋭智(『小論文のオキテ55』シリーズ著者)

日時:2019年12月17日(火) 19:00〜21:00
会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)

詳細・お申込み:http://bit.ly/2KbYyZ8





受講資格(職業、レベル)は問いません。

希望者には「宿題」があります。
事前に送っていただくと、個別に添削&アドバイスしてセミナー当日返却します。

宿題についてはこちら→http://bit.ly/2COMitI





実は私、鈴木鋭智が一般公開のセミナーを開催するのは初めてです。

普段は企業・団体の内部開催や「◯◯会員限定」というクローズな場が多いもので。


今後もオープンなセミナーは滅多にないと思いますので、この機会に奮ってご参加ください。

会場でお目にかかれるのを楽しみにしています!!


今年の2月にアップしたYouTube予備校の動画が

最近またバズっています!!


気づいたら再生回数3万5千回を超えていて、

コメント欄の質問もすごい数になってたじゃないか!(汗)



ネットで鈴木鋭智の参考書を買うと、

YouTubeの「あなたへのおすすめ」に鈴木鋭智の動画が出てくるとか。



ある意味、恐ろしいシステムだ(笑)




本を読んでくれた人は復習として、

まだ読んでいない人は予習として、

面接直前という人はお守り代わりに、

こちらの動画をご覧ください↓













鈴木鋭智です。


昨日は都内の高校で小論文講座。



板橋駅を出ると、

新選組局長、近藤勇のお墓が!

IMG_4064





そうだった。近藤勇は板橋で処刑されたんだ。

歴史好きの血が騒ぐぜ!








高校に着いたら

軽音楽部がアンプを運んでいて、

IMG_4065


えっ、マーシャルにフェンダー?!

IMG_4066


オレンジまで!

いまどきの高校は軽音楽部の備品が本格的だね。




俺の時代の県立高校はそんな機材を買ってもらえることもなく、
(学校内で厄介者扱いだったので)

当時はマーシャルなんて「プロにならないと触れないもの」みたいな存在だったんだよね(笑)




(その反動で大人になってからローランドのJC-120を買って、大家さんにメチャクチャ怒られた)




どの楽器でも、最初から良い音を出すのが上達の秘訣。

ギタリストは最初から良いアンプで良い音を大音量で鳴らすって大事だね。




いい演奏してくれよ!




・・・って、小論文どこいった?




このページのトップヘ