眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

10万部ベストセラー『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者、鈴木鋭智の最新情報はこちら↓
【鈴木鋭智オフィシャルブログ】
https://suzukieichi.com


表紙PRO&55

いよいよ発売です!

「資料と課題文を攻略して合格答案を書くための 小論文のオキテPRO」
https://amzn.to/3pzKNXU

12万部のベストセラー「小論文のオキテ55」から丸10年。

パワーアップした各章の内容をご紹介しましょう!



■CHAPTER1
小論文の都市伝説を斬る!■

いきなり挑発的です(笑)
◯口式をここまでぶった切った人は他にいないんじゃないかな?

巷にあふれる「まちがった小論文の概念」をすべて論破しておかないと、高校生ってだんだん悪い癖に戻っていくんですよ。

洗脳を解くというのは大変です。



■CHAPTER2
資料・課題文の読み方・解き方■

ぶっちゃけ、「オキテ55」よりも体系化されてわかりやすくなりました(笑)

このメソッドを使い回して次の章の過去問を解いていこう!というコンセプトなので。

STEP1 出題意図を見抜く(要約マトリックス)
→STEP2 段落構成を正しく選ぶ
 →STEP3 問題解決のルール

この3ステップを踏めば、あらゆる大学・学部の問題に対応できる!(はずです。理論上は)



■CHAPTER3
実際の入試問題に挑戦■

データ問題から読むと眠くなる難解な課題文まで、ハイレベルな5問を選びました。

どの問題もCHAPTER2のSTEP1〜3を使って1段落ずつ考えていきます。

1問の答案が完成するまでに16ページも使ってる(笑)




扱う問題の難易度でいうと、こんな感じです↓

オキテ55 < 無敵の論文メソッド < オキテPRO

はらぺこあおむしが蝶になった、くらいの進化です。



蝶にふさわしいキラキラの表紙は

ぜひ実物を手にとってお確かめください☆



中高生新聞2021年5月3段落構成×2パターン


朝日中高生新聞の連載「書ける×受かる!小論文」(毎月第2日曜日)と

朝日小学生新聞の連載「楽しく発表 プレゼンハッピー」(隔週火曜日)が

LINE NEWSでも読めるようになりました!!



新聞取ってなくても大丈夫だね(笑)



LINEで「朝日中高生新聞」「朝日こども新聞」を友だち登録すると、定期的に新しい記事が届きます。

鈴木鋭智の連載以外にも、勉強法や悩み相談など役に立つ記事がたくさんあるよ!

朝日小学生新聞の連載「楽しく発表 プレゼンハッピー」が始まりました。

4月6日号から、隔週火曜日掲載です。



4月7日号にはインタビューまで載せていただきまして、

嘘みたいな笑顔で写っております(笑)

IMG_8204


ちなみにこのインタビュー、LINEニュースにも掲載されました。
https://news.line.me/issue/oa-asahikids/b6t98cv7bq0o



この朝日小学生新聞の影響力はすごくて、

仕事でお邪魔した大手メーカー様の人事部の方にまで

「見ましたよ!朝日小学生新聞!」と声をかけられるほど。



どこで誰に読まれているか、わからないものですねえ。



小学生新聞が隔週火曜日で、

朝日中高生新聞の「書ける×受かる!小論文」が毎月第2日曜日掲載です。

・・・月3本の締め切り(汗)

頑張ります!!





朝日小学生新聞、朝日中高生新聞

https://www.asagaku.com/index.html

例年だと、

センター試験翌日の月曜日に自己採点して各社の「リサーチ」に提出して、

木曜日に志望校の合格可能性などの結果が返ってきて、

「全国の国公立大学の中から受かりそうな大学を選ぶ」という流れだったりしますが、




今年は「最初から地元の大学」と決めている受験生も多いんじゃないでしょうか?




旧帝大がある都市は軒並み感染爆発中ですからね。

だったら地元の国公立大学の方が親御さんも安心かもしれません。




そうなると、

地元の大学と自分の共通テストの結果が「?」ということも。




ただですね、

小論文や総合問題の場合、予備校が出す「合格可能性」はほとんど当てになりません。

英数国と違って共通テストの成績と二次の予想得点が比例しないからです。




結構な量と難易度の資料や課題文が出されます。

しかも、出題意図の解釈が2つに割れるんですよ!



ハズレの解釈を選ぶと、その時点でアウトです。

英数国の優等生も半数が脱落するサバイバルゲーム(笑)



運良く(?)出題意図を正しく見抜けば、それだけで上位50%に残ります。

下剋上は夢じゃない!!




なので、リサーチで地元の大学が「二次で英数国だけど、E判定」みたいな場合は

「学部を変えて小論文・総合問題で逆転を狙う」というのは「十分あり」な戦略だと思いますよ。





《関連動画》
小論文の論点整理・ディベート型

大学入学共通テスト1日目、社会、国語、外国語の問題が公表されました↓

https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/kyotsu1/



国語はほぼ想定内。

第1問の評論も第2問の小説も、本文以外にも資料が登場しました。

図表は出ませんでしたが。




新制度最初の現代文2問を分析してみましょう。



【第1問 評論】

対比と前半/後半のマトリックスを考えると・・・

前半1〜3ページ目
中世から近世(江戸時代)までの妖怪観

中世:理解を超える現象を「妖怪」として恐れた
vs
近世:フィクションのキャラクターとして描かれた



後半 4ページ目
近代(明治)からの妖怪観

常識:合理的思考で妖怪という迷信を否定した
vs
筆者:人間の内面という未知で不気味なものの投影として妖怪がリアリティを取り戻した



もっとも、

近世になって認識が変わった理由がスルーされていたり、

近代の話が本当に妖怪を信じる話なのか人間についての比喩なのか判然としなかったり、

ツッコミどころの多い文章ではありますが、



そこで受験生を「???」と悩ませつつ、別資料として芥川龍之介「歯車」を引用する余地になっています。



いずれにせよ、

中世(リアル)→近世(フィクション)→近代(リアル)

という変化が理解できれば、難しくはなかったと思います。





【第2問 小説】

作品自体は面白くも何ともないんですが・・・

それを「面白くない」と断言する当時の実際の批評を資料として並べているところが面白い(笑)

最後の2つの設問が、「この批評の内容」と「批評に対する反論」という構成になっています。



「登場人物の気持ちが云々」という作品内の理解ではなく

「作者はこう書けばよかったのに」というメタ視点が設問になっている点が新しいですね。





新制度で最初の現代文のテストを見て、気づきました。

作品外の資料と並べることによって、

「完成度の低い文章」でも出題することが可能となったようです。



実際、完璧な作品を読んで感動できることより、

「そういう意見もあるよね」と相対化できることの方が役に立ちますからね。

フェイクニュースの溢れる現代ではなおさらです。



この複数資料という形式、

国語のテストの歴史の中で大きな転換点となりそうです。



<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2021.1.17 Vol.0873>

このページのトップヘ