眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

高校生の読解力、AI以下だって? どうする?

電車での移動時間、
空港の待ち時間、
予定をドタキャンされてぽっかり空いた2時間、
台風や大雪で新幹線が立ち往生してしまった数時間、
連休明けでやたら混んでる病院の待ち時間、

こういうの、大好きだねえ(笑)

落ち着いて読書できる貴重な時間なので。



先日、やっと読めたのがこの本。
AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社
2018-02-02



2011年に「ロボットは東大に入れるか?」という実験的なプロジェクトが始まったんだけど、

結論が出たらしいよ。


「東大は無理でした。MARCHなら入れます」


計算問題や世界史の用語を答える系は得意なのに、

文章を読んで意味を理解する、いわゆる「読解力」が人工知能にはまったくなかったんだって。

コンピュータは「意味」を理解しないんだね。



というのが、この本の内容の半分。

ここまでは「そりゃそうだよね」という人も多かったかもしれない。



それより重大なのが、この本の後半。


「高校生の読解力が、人工知能以下だった」



もう少し詳しくいうと、
「文の意味」ではなく「単語」だけ見つけて答えを出そうとするコンピュータみたいな読み方をする生徒が大半で、教科書すら正しく読めていない。


そうそう! 国語を教えている現場の感覚はまさにその通り!

勉強が苦手な人って、単語だけ拾うよね。

漢字の熟語だけを点々と見て、間のひらがな(助詞)をスルーする。

だから「幕府が大名に命令する」も「幕府に大名が命令する」も同じに見えてしまう。



運転免許の学科試験で何度も落ちる人も、原因は知識不足ではなく国語力だ。

「前の車が右折の合図を出しているとき、その車を追い越すには右側の車線に進路を変える」

おいおい、ぶつかるから!

国語力がないと、「〜とき」とか「〜ならば」という条件の部分をスルーしてしまう。

これは教本の内容を暗記するような話じゃない。
読んで車の動きをイメージすればわかる話だ。




ところが、高校や予備校の「国語」の時間にこんなことを教わる機会はまずない。

だって現代文の問題ってこうだもんね。


傍線部アとはどういうことか、答えなさい。
現代文2



同じ内容が、ほら、ここに書いてありますね。

ここをまとめれば正解です!

現代文3




・・・って、それは視力検査ですから!

同じ内容を拾ったら、ただのオウム返しですから!

理解とかロジックとか不要ですから!




東大クラスでは難易度を上げる。

さあ、これができたら視力2.0☆ みたいな。

現代文4






実際は、これで「問いと論理的に噛み合う解答」にはならないんだけど、予備校では視力検査的なオウム返し答案が「正解」とされている。

その理屈は、「これでそこそこ受かってるから、いいじゃん」



「そんなのは読解力じゃない! 大学が求める国語力じゃない!」

と代ゼミ時代に主張して、模試やテキストの解答の見直しを提案したりしたんだけど、

同業者にはほとんど理解されなかったなあ(涙)



よしそれならと、参考書という形で世に問うてみた。



公務員試験 無敵の文章理解メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2017-04-19



でも、日本の国語教育を揺さぶるほどの影響力は・・・なかったなあ(涙)

(小論文のルールを変えた『小論文のオキテ55』のようにはいかなかった)




そんなわけで、学校での国語教育を半ば諦めて「社会人のためのビジネス国語」という仕事にシフトしてみたら、

こっちの方が明らかに需要あったよ。

単語だけ拾って判断する人って、仕事では危険だもん。

売り上げにも生産性にも直結するので、企業は社員の教育にお金をかける。これは投資だ。




それでいまではすっかり企業研修とビジネスセミナーが本業になってしまったんだけど、

この本を読んだら学校教育って世界にちょっと希望が見えてきた。

国語教育の風向きが変わるかもしれない。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社
2018-02-02


集団面接?集団討論?

ae497115b644f7b681c7b7ce49f5a2f8_s

鈴木鋭智です。

「集団面接があるんですよぉ。どうすればいいんですか? ディベートとかしたことないし、集団討論って怖いっす。だって高校はずっとぼっちだったんで、集団っていわれると・・・」

はい、ちょっと待った!

募集要項なり試験方式の説明なりはちゃんと読んだかな???

「集団面接」と書いてあった?
「集団討論」と書いてあった?

「面接」と「討論」は、全然違うぞ。



人間は話を半分だけ聞く生き物なので、「集団◯◯」と言われると「集団」の部分だけに過剰反応してしまう。

集団リンチ、集団自殺、集団訴訟、集団的自衛権・・・

何だろう?「集団◯◯」ってネガティブな言葉を連想しやすいね。



というわけで、この件について冷静に整理しておこう。



「集団面接」というのは面接の一種。

受験生が数名並び、面接官の質問に対し挙手あるいは順番に答える。

聞かれる内容は志望理由とか高校時代の活動とか、基本的に「自分について」だ。



これに対し「集団討論」というのは、

与えられたテーマについて受験生同士で議論し、答えを出す。

出されるテーマは「環境問題」とか「民主主義の功罪」みたいな「社会問題」が多い。




ここまでOK?

さあ、募集要項をもう一度読んでみよう。

そこに書いてあるのは「集団面接」かな? 「集団討論」かな?






次に、集団討論についてもう一点。

集団討論はさらに「ディスカッション」と「ディベート」に分類される。

この2つもよくごっちゃにされるよね。



「ディスカッション」とは、参加者全員で一つの答えを出すこと。

出されるテーマは「駅前商店街を活性化させるためのアイデアを出そう」のようなオープン・クエスチョンの形式が多い。



「ディベート」とは、「賛成派/反対派」など2つのチームに分かれてお互いの主張をぶつけ合うこと。

この場合のテーマは「駅前に大型商業施設を誘致すべきか否か」といったクローズド・クエスチョン(二択)の形式が普通だ。




なんか、小論文に似ているね。

小論文も「何か解決策のアイデアを出せ」系の出題と「メリット/デメリットの折り合いをつけろ」系の出題に大きく分かれる。



問題解決を一人で紙の上で行うのが小論文、

みんなでワイワイ進めるのが集団討論、ともいえるね。



ちなみに、絶賛混迷中の「2020年入試制度改革」では英語にもこのディベート的な(つまり小論文的な)記述問題が出るとか出ないとか。

早めに準備しておくといいね。




公務員試験 無敵の論文メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2016-02-09


重版御礼! &お知らせ

鈴木鋭智です。お知らせです。

【重版決定!】
オキテ55シリーズ6cm

『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』
27刷、累計8万7千部

『何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55』
15刷、累計4万3千部

これに『現代文のオキテ55』1万4,500部を加えると・・・

シリーズ累計14万4500部!!

みなさんの息の長〜い応援のおかげです。
本当に、ありがとうございまする!!




もう一つ、お知らせが。


【日経出版社のHPがリニューアル!】

IMG_1229


先日ここで紹介した動画が、やっと日本経済新聞出版社の公式サイトで正式に公開されたよ。

「受験参考書ベストセラー作家が教える大学受験面接・小論文のポイント」

なんか動画のサムネイルがまだちょっと整っていない感じだけど、まあいっか(笑)

YouTubeでは「日本経済新聞出版社 大学入試」で検索すると出てくるけど、「鈴木鋭智」では出てこない。。。






「本文から離れて普通に考える」

鈴木鋭智です。

コメント欄にsoさんから記述問題についての質問をもらって、答えようとしたら長くなったのでこちらで答えるよ。


質問の内容は「記述問題で、『本文から離れて普通に考える』にはどうすればいいの?」




まず、この質問に至る経緯を説明しないとね。ちょっと長くてゴメン。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

『現代文のオキテ55』で取り上げた、東大2009年の問題(馬場あき子『山羊小母たちの時間』)。

設問 「農業が盛んだった頃の一風景が、段差のある家の構造自体の中に残っているのだ」(傍線部ア)とはどういうことか、説明せよ。



これに対する参考書や予備校による解答で多いのが以下の2つ。

解答例1「忙しい農作業に励む当時の農民たちの暮らしぶりが、土間、上がり框、板の間、座敷と高くなる家の造りを通して偲ばれるということ」

解答例2「家の段差構造に見られる座敷と土間の空間的な上下関係が、当主・小作人・手伝い人という厳しい身分制度を象徴しているということ」


なんとなく解答例1で答えになってる気がするよね?

でも、「農民の暮らしぶり」と「土間、上がり框、板の間、座敷」という古民家のイメージはつながるけれど、わざわざ「段差のある家の構造自体の中に」と強調している部分とはつながらない。

だから解答例1はこの部分に傍線を引いた出題者の要求を満たしていないんだよ。



解答例2は、「段差=身分差」と解釈したけれど、今度は「農業の盛んだった頃の一風景」とつながらない。
農作業をしない武家や公家の屋敷でも身分差はあるもんね。



というわけで、解答例1も2も、「農業=段差とはどういうことか」という問いには答えていないんだよ。

もしかしたら、農業と段差構造をつなぐ必然性あるいは合理性があるんじゃないか?

段差があるから農作業がはかどる、みたいな。



そこで、『現代文のオキテ55』が提案した解答がこちら。

解答例3「当主は高い座敷から全体を見渡して指示を出し、働き手は下の土間からすぐに出入りできるように家が段差構造になっていたということ」

(ぶっちゃけ、段差構造の家が建てられた本当の理由は「地形の都合」だろうと思うけどね。北海道江差市の「旧中村家住宅」も海沿いの斜面に建てられた段差構造の古民家だし。もっとも、ここでのポイントは「建てられた経緯」ではなく、段差の家を見て「筆者が何を考えたか」だ)

この解答をいま読み返すと、

「当主は高い座敷から全体を見渡して指示を出し、働き手は下の土間から出入りしていた様子が家の段差構造から想像できるということ」

という表現の方がよかったかなとは思う(笑)


いずれにせよ、

本文に書いてあることをまとめると解答例1になるけれど、それだと設問の要求に合わなくなる。問いと答えがかみ合わなくなる。

論理的につじつまの合う答えを出すには、本文から一旦離れて「普通に」考える必要があるんだよ。



---------------------------------------------------------------------------------------------------




ではsoさんの質問に戻ろう。
「記述問題で、『本文から離れて普通に考える』にはどうすればいいの?」


コツは「本文を読んでいない人がこの設問を見たらどう考えるか」。


「傍線部『……』とはどういうことか」という設問の『……』には、“不完全な言葉”が入っているものだ。
たとえば、「『犬は哺乳類である』とはどういうことか」という設問はまず出ない。誰が見ても異論のない“完全な言葉”だから。

でも、「『イルカは哺乳類である』とはどういうことか」なら設問として成立する。
世の中には「イルカは魚」と思っている人もいるので、「イルカは哺乳類」というのは説明の足りない“不完全な言葉”ということになる。

この場合の解答は「イルカは魚のように水中に棲むが、肺で呼吸し子どもを産んで母乳で育てるので哺乳類に分類されるということ」になる。



このとき、「イルカは哺乳類」が“不完全な言葉”だということに気づく人と気づかない人がいる。

気づかないのは「イルカは哺乳類」という前提の中にいる人。
不完全な部分を常識で埋めてしまうので「当たり前」だと思ってしまう。




実は現代文のテストでも同じことが起こっていて、

多くの人は先に問題文を読んでいるので、その内容が「前提」となって不完全な部分を埋めてしまう。

だから「農業が盛んだった頃の一風景が、段差のある家の構造自体に残っているのだ」という傍線部を「そうそう、農業=段差。“完全な言葉”だよね」と受け入れてしまうんだよ。

本文を読んでいない人がこの設問を見たら「農業?段差?何の関係があるの?“不完全な言葉”じゃん」と素朴に思うのに。



コミュニケーションの面白さ、難しさというのは「別な解釈をする人がいる」というところ。

だからこそ“不完全な言葉”に聞こえている人の視点を持つことが大事なんだよ。

「本文を離れて普通に考える」というのはそういう意味。



soさん、これで答えになったかな?

関連記事
2013年01月21日「記述対策のまとめ記事」



【告知】3分間講義、動画配信スタート!

IMG_0818

鈴木鋭智本人です。
札幌行ってきたよ。ちょっとだけ雪まつりも観てきたよ。

札幌での仕事って、駅から地下道だけの移動で全部足りることが多い。
だから今回も軽装で行ってしまって、うっかり夜の大通公園に出たら・・・凍りつくかと思ったぜ(笑)



話は変わって、告知です。

日本経済新聞出版社から、小論文・面接対策の3分間講義が動画配信されるよ。

受験生向けの内容に加えて、高校の先生向けの内容も!

本当は日経出版のHPで公開される予定なんだけど、先にYouTubeに動画がアップされているので、こちらからどうぞ!
(まだYouTube内の検索では出てこない設定みたい)

21


《受験生向けコンテンツ》
小論文のポイント 崗論文とは?」
小論文のポイント◆崔瞥遒諒け方」
小論文のポイント「カジュアル言葉とフォーマル言葉」
面接のポイント 峪嵋祥由」
面接のポイント◆峅欒鯵萋亜
面接のポイント「面接は声と見た目で9割決まる」
《教員向けコンテンツ》
小論文指導のポイント 嵒週ミスが多い本当の理由」
小論文指導のポイント 「添削指導の効率化」

この学校法人向けDVD教材の宣伝を兼ねているんだけどね。
(ただ、日本経済新聞社のサイトリニューアルがまだなので、全然DVDの宣伝にはつながってない・笑)









Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ