眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

日本語教室

リービッヒ冷却器

講師室で『「話し方」より「答え方」』をペラペラめくってた男の子が、

「あー、蒸留! 習いました♪」

さすが理系。この本の中に「ブランデーは蒸留酒」って話が出てくるんだよね。

せっかくだから、蒸留でブランデーを作るってどういうことか説明してもらおうか!



(先に正解を言っておくと、「アルコールは沸騰するが水は沸騰しないギリギリの温度でワインを加熱して、アルコール分だけを取り出す」)



「・・・えーっとですね、蒸留というのは・・・リービッヒ冷却器を使うんですよね?」

は? いきなり器具名が出てきたね。だから、何をどうするって?

「・・・図で説明していいですか?(描き始める)
300px-Simple_chem_distillation

これがフラスコです。で、これはボコボコボコプシューってならないように入れる沸騰石。
それでここんところがリービッヒ冷却器です。リービッヒ冷却器は上と下が空いてて水を入れるんですけど、上から入れるとバキッとかなっちゃうんで下から流し込みます。

すると、こっちで気化した水蒸気がリービッヒ冷却器で冷やされて液体になって、こっちのフラスコに溜まります」

ふーん、それで結局何が出てくるの?

「水」

じゃあ元のフラスコは?

「・・・塩水とかですかね?」

おいおい、ブランデーはどこいった!?

「Σ( ̄Д ̄;・・・あっ、そうでした。こっちにワインを入れるんですよ。それで沸騰させるんです」

なるほど。それじゃ一旦沸騰したワインが、リービッヒ冷却器で冷やされて液体に戻り、こっちのフラスコに再びワインが溜まるってこと?

「そういうことになります・・・かね?」

ちなみに君、何学部受けるんだっけ?

「薬学部志望です」

マジかよ?!

「あー、待って下さい!思い出しました!

ここで、水とアルコールの沸点の違いを利用するんです!」

やっとここまで来たか。
で、「沸点の違いを利用する」ってのは具体的に何をどうすること?

「水は100度で沸騰してアルコールは78度で沸騰するんです」

だ・か・ら?

「その中間の温度でアルコールだけを沸騰させて水と分離する!」

ふう、やっと正解◎

長い道のりだったねえ!(笑)
俺もう授業に行かなきゃだぜ。

てか、リービッヒ冷却器のくだりは要らなかったよね? 沸騰石の話も。

仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 [単行本]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2013-06-14)

読解法wに頼るな

「国語の先生」として本を3冊出してきたけど、

いわゆる「文章の読解法」的なノウハウを書いたことは一度もない。

いつも「書き方」「解き方」「答え方」ばかりだ。




授業で教えている「2回目の法則」とか「きっかけ→気持ち→理由の法則」とかは「書き手はこんな工夫をしている」というタネ明かしであって、「簡単に読めるコツ」なんかではない。

「小説では最後のシーンを先に読め」というのもテストでわけわかんなくなった非常事態の対処法であって、普段からそうしろと言ってるわけではないよ。




もっとも、焦ってる受験生が「面倒くさい長文を楽に読める魔法」を欲しがる気持ちはよくわかる(笑)

でも、まともな大学に受かりたかったら普通に最初から最後まで読むのが一番だ。




先日あった質問。

「先生、このページのこの部分と次のページのこの部分って、どう同じなんですか?」

いや、同じというか、むしろ違う話題だけど。。。

「だって、『筆者のイイタイコトはくり返される』っていうじゃないですか」

少なくとも俺はそんなこと言ってない(笑)




そういえば昔の参考書ってそんなこと書いてあったなあ。「筆者のイイタイコトはくり返される」とかって。

でも普通に考えて、プロの物書きが全く同じ話をくり返すか?

一つのテーマをいろいろ違う観点から分析してるから文章が長くなるんだよ。

当然、段落ごとに新しい情報が加えられるもんだ。

だから、さっきのフレーズを全否定しない大人の対応で言い直すと、こうなる。

「筆者の言いたいことは、形を変えてくり返される」




予備校の国語講師にはいくつかの流派みたいのがあって、

「文章全体の構造を捉える」派と「一文を正しく読む」派。

で、「どっちが正しいか(正確に言うと「俺の方が正しい」)」的な論争になったりするんだけど、

ぶっちゃけ国語できる人は無意識に両方同時にやってるよね(笑)




受験生にとっては「どう読むか」よりむしろ「何回読むか」の方が大事。

国語苦手な人ほど予習で1回さらーっと読んで終わりにしてるもんね。

あれだけ情報量も価値もある文章を1回しか読まないって、もったいないにも程がある。

授業の1週間前に1度目の予習で読む。

授業の前日にもう一回予習して読む。

授業のあとに要約書くためにまた読む。

1回を3回に増やすだけで相当違うぞ。


東洋では「読書百遍、意自ずから通ず」という。

西洋では「Non multa, sed multum.」という。
2009年08月22日 Non multa, sed multum.



小手先の「読解テクニック」なんかじゃなく、まっとうに読書のスピードを上げたいという人はこの本でハードなトレーニングしてもいいかもしれない(笑)
目指せ、1冊10分!!
フォーカス・リーディング (PHP文庫)フォーカス・リーディング (PHP文庫) [文庫]
著者:寺田 昌嗣
出版:PHP研究所
(2011-07-03)




仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 [単行本]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2013-06-14)




ついにビジネス書☆

6月14日発売!!
仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 [単行本]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2013-06-14)


初めての、ビジネス書☆

とはいってもお金や商売の話じゃないよ。

就活生や新入社員のために書いた、いわば「入社1年目の国語の教科書」。

上司やお客さんや取引先に質問されたとき、うっかり的外れな答え方をしないための

「こう聞かれたらこう答える」という公式集だ。



たとえば「特徴=他のものと違う点」とか、

「必要性=それがないと困るケース」とか、

「似ている=共通点+相違点」とか、

打てば響く受け答えをするための公式が41個と問題が80問。



答え始めた途端、「いや、そうじゃなくて…」と遮られた経験のある人は是非これ読んで勉強しよう(笑)




えっ、表紙がまた黄色かよって?

そ、その件はまた後日。。。


仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 [単行本]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2013-06-14)

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2011-10-12)

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2012-08-10)

明君

めいくん【明君】
賢明な君主。⇔暗君

ちなみに
めいくん【名君】
名高い君主。すぐれた君主。




中学校の漢字の読みの問題。

明君とうたわれた王様」

これに対する中3男子の答えが


「あ き ら く ん」


そっち来たかーーっ!


個人的には◎あげたいけど、

うたう【謳う】
1多くの人が褒めたたえる。「太平の世を謳う」「天才と謳われる」
2ある事を盛んに言いたてる。明記して主張する。「国民主権を謳った憲法」

「あきらくん」って、褒め言葉でもなければ盛んに主張するようなスローガンでもないよね?



「ゲームの大会で3年連続日本一に輝いて「王様」と謳われた明君

だったら「あきらくん」で正解だ。




まったく関係ないけど、

今日はさいたま市長選。
現時点で現職の清水候補が当選確実らしい。



・・・いや、別に皮肉で「明君」の話を書いてるわけじゃなくて(笑)

選挙公報で国語の勉強2013

IMG_1662

選挙になると、選挙公報というチラシが各家庭に配られる。

このブログ読んでる高校生&浪人生のみなさんは選挙権がないからどうでもいい話かもしれないけど、

これが毎回、国語のいい学習材料になるんだよ。

2009年05月17日 立候補者の自己PRを国語目線で添削してみた
2011年04月07日 選挙公報で国語の勉強

Sたま市長選挙の各候補者による主張を「国語的に」比較してみよう!


(注:当ブログは受験生応援ブログです。あくまでも国語の勉強であって、選挙運動ではありません)


各候補とも、横に写真と名前、上にメインの見出しというか公約というか、キャッチフレーズを配置している。

まずY田候補から。

「財政破綻を招く総費用3000億円 地下鉄(岩槻〜浦和美園)建設にNO!」

この人は市議時代からいつも公約が明確で具体的。
てか予算7500億円規模の市が地下鉄に3000億円って(笑)
しかも市民の税金から。
太字ゴシック体で強烈に反対するのもわかる。


でも、反対派の主張だけ聞くのもアンフェアだよね。
せっかくだから建設推進派の言い分も聞いてみよう。さぞ切迫した必要性を語ってくれるに違いない。


推進派の筆頭(のはず)、現職市長S水候補。

「市民とともに、まっすぐ。」

・・・あれれ? 地下鉄は?

S水候補の公約はどこを見ても地下鉄の地の字もないぞ。

その代わり、こんなのが。

「日本一の教育文化都市を実現」
「子ども支援の総合拠点、子ども総合センター開設」

さて、何を建てていくらコストがかかるんだろう?


隣のY田候補の公約を見たら、値段がはっきり書いてあった。

「岩槻人形会館(30億円)、子ども総合センター(60億円)、サッカープラザの建設は中止」


S水候補、忘れただけなのか敢えて隠したのか、書いてないことが多すぎる。

そのくせ
「これまでの1期4年、実現しました!
(中略)全国情報公開度、政令市で1位」

本当か???



小論文でも、課題文に「書いてあること」よりも「書いてないこと」に気づくのが上達の秘訣だ。



そういえばS水候補、4年前の市長選では「絆」をキャッチフレーズにしていた。

震災前から「絆」を使うとは、時代を先取りしていたよなあ。

で、今回は
「しあわせ実感都市さいたま
選ばれる都市を目指して」

うーん、コピーライティング的には前回の「絆」の方が上手かった。いまの社会に欠けているものを一番短く表現していた。

まさか、広告代理店へのギャラを値切ったんじゃないだろうね?
(高い報酬を払うクライアントにはエース級のコピーライターを担当させて、値切るクライアントには新人とか三流のコピーライターをあてるのは当たり前。いや、決してどこかの予備校の話をしているわけでは(以下略;))

さらに続けて
「1東日本の中枢都市構想の推進
2日本一の安心減災都市づくり
3日本一の教育文化都市を実現
4環境未来都市の実現
5健幸都市づくり」

「東日本の中枢は仙台では?」「市長、二位じゃダメなんですか?」「最後はダジャレですか?」「コピーライターさん、やっつけ仕事でしょ?」といくらでもツッコミが入りそうな公約(?)の羅列にトドメを刺すのが

対立候補Y田氏の締めのフレーズ。

「政令指定都市だからと無理な背伸びをせず
東京に隣接した立地を生かした街づくりを」

この二人の公約はセットで読むと漫才みたいで実に面白い。



他の候補は・・・

O石候補の公約はY田候補と似てるんだけど、
「市民に増税負担増押しつけ市政から、市民のくらし・福祉守る市政に」
見出しが長いっ。

問題の地下鉄の件にも触れているけど、
「地下鉄7号線の延伸は市の負担の限界をこえています。代替交通機関を検討します」

その代替案まで書いてくれたらいいのに。

Y田候補は「建設費不要な日比谷線や半蔵門線と東武野田線との直通運転(吉田プラン)の実現を」と具体策まで書いてる。




N沼候補は、白縁・影付き・斜め文字というワープロが普及し始めた頃のセンス。目がチカチカする。

「さいたまを3本の矢で、取り戻す」

何から? どこから? 誰から?

「第一の矢(中略)子どもたちの未来のために、出来ることは何でもやります」
「第二の矢(中略)市民の皆様一人ひとりが景気回復を実感できるように、きめの細かい経済政策を推進して参ります」
「第三の矢(中略)校庭芝生化を軸としたスポーツドリームランドの実現を目指します」

えーっと、具体的な提案は「校庭芝生化」だけですよね?




【本日のまとめ】
・「書いていないこと」にこそ、重大な真実がある。
・提案は具体的に。
・広告代理店に頼むなら、値切らない。



何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2011-10-12)

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2012-08-10)

新幹線を「自分で取る」問題

IMG_7050

新学期が近づくと、新幹線の切符がドーン!と送られてくる。

東京〜仙台と東京〜浜松は回数券なので枚数が多い。




「先生、新学期の新幹線はどうされますか? こっちでお取りしますか? それともご自分でお取りになりますか?」

「自分で取ります」



ここで問題。

新幹線を「自分で取る」とは、どういう意味?

1 自分で切符を買うので、回数券は要らない。

2 回数券だけもらって、座席指定は自分でする。



これって、どっちにも解釈できるよね?

この解釈がずれてたら、回数券が送られてくるのを待ってるのに新学期が始まっても届かないってことって、ありそうだよね?!


本当に、あった(笑)


講師室の電話口で、回数券が来るの来ないのって揉めてる揉めてる。。。

他人のトラブルって面白いもんだね(爆)




「世の中の動きがすべてお金の流れに見える」という人がいるけど、

俺には世の中のトラブルがすべて言葉の行き違いに見える。





ロッククライミングには「ビレイを取る」という表現があって、

これはロープを引っ張って登っている人の身体を確保するという意味。(英語では「Take=ピンと張る」)

この「取る」という表現が素人には「外す、解除する」のようにも聞こえて非常に紛らわしいらしい。

こっちの行き違いは命に関わるぞ。



何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2011-10-12)

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2012-08-10)

「鉄砲さ」問題・続報

大河ドラマ『八重の桜』で初回から俺の中で大問題だった件。

2013年01月08日 鉄砲さ?鉄砲ば?鉄砲っこ?

ドラマとしては決め台詞だったはずの「おらも鉄砲さ撃ちてえ」が、気持ち悪くて気持ち悪くて我慢ならなかった。

東北全域で使われる「〜さ」という助詞は「〜に」という意味であって、「〜を」として使われることはない。

だから「どさ?」「えさ」(どちらへ行くのですか? 家に帰るところです)とか「おらも江戸さ行きてえ」とかならOKだけど、

八重の「おらも鉄砲さ撃ちてえ」も
覚馬の「なして豚さ逃がした?」も
文法的に間違っている。




この件について、実は1月の放送開始直後に2回、NHKにメールを送りつけてたんだよ(笑)
1通は大河ドラマのHPから、もう1通は「ことばの宝船」という番組のHPから。

しつこい? いいじゃん受信料払ってるんだから。




そのせいかどうかは知らないけど、

最近、この間違った用法の「さ」が全台詞から消えた!

たしか先々週あたりから正しい「さ」の使い方も登場している。

NHKも、やればできるじゃん☆




というわけで、賛否両論の朝ドラ『純と愛』最終回の件はまた後日。



何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2011-10-12)

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2012-08-10)

「ちげー、ちがくて、ちがくなる」仮説

惜しいなあ、大発見だと思ったんだけどなあ。。。




自分ではいわゆる「若者の言葉の乱れ」には寛容な方だと思ってる。

「食べれる」は「食べられる」が正しいというけど、それだと「食べることができる(可能)」なのか「赤ずきんちゃんがオオカミに食べられる(受け身)」なのか紛らわしい。
だから可能の方を「食べれる」と変形して区別することは理に適っている。

言葉の「乱れ(変化)」には合理的な理由があるもんだ。




ところが、そんな寛容な俺でもこれだけは我慢がならない。

「ちげー、ちがくて、ちがくなる」

「違う」は本来ワ行五段動詞。

でも「ちがくて」は「大きくて、白くて」と同じ形容詞の活用だ。

「ちげー」も「すげー、でっけー、うめー」と同じ、形容詞のエ音便。

動詞なのに形容詞の活用という、特殊な「乱れ(変化)」なんだよね。





で、ここからが最近いくつかの場所で話した俺の最新仮説☆




動詞「違う」を形容詞的に活用したくなる人にも、何か合理的な理由があるはずだ。

本来「違う/違わない」は白黒どっちか。中間はない。
正解でないものは全部不正解で、0点だ。

一方、形容詞では「大きい/小さい」の間に「ほどほど大きい」とか「やや小さい」とかいくつもの段階がある。つまり程度の違い。

ということは、「ちげー」の方がしっくりくるという人って

「正解と不正解は程度の違い」だと思ってるんじゃないのか???

まさか正解と不正解の間にグレーな中間があるとでも思ってるんじゃないのか???

動詞「ちがう」の形容詞化は正解/不正解を「相容れないもの」ではなく「程度の違い」とみる概念の変化を反映しているのではないのか???

「ちげー」を多用する生徒ほど正解に対する執念が薄いような気がしてたけど、その理由はここにあったか!




これって大発見じゃね?!



以上が俺が最近立てた仮説だったんだけど、

このイグノーベル賞ものの仮説を一撃で崩す鋭い質問が。


「でも先生、『正しい』も形容詞じゃないすか?」


ハッ Σ( ̄Д ̄;

・・・。



何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2011-10-12)

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55 [単行本(ソフトカバー)]
著者:鈴木 鋭智
出版:中経出版
(2012-08-10)

記述対策のまとめ記事

センターが終わって、

さあ、国公立二次の記述対策だ!!




とりあえず過去に書いた記事をまとめてみようか。

まずは一番古い時期の記事。懐かしー!
2009年01月24日 二次対策・記述の勉強
2009年01月30日 記述の勉強2
この頃から赤本の解答に喧嘩売ってたな。
だんだん代ゼミの解答に公然と文句を言うようになっていくんだけど(笑)


上の「記述の勉強2」に出てくる遺骨収集の問題に出合って、「国語の記述問題が実は未開の領域だった」ことを発見してしまった。
2011年07月12日 グアム弾丸ツアー
あれ以来、「国語教育を文学から数学に変える」ことが自分のミッションだと思ってる。



私大志望の人も読んでおこう。記述の基本レッスン「国公立シリーズ」。
2011年06月18日 記述問題は採点ポイント2つ
2011年02月17日 国公立前期の記述対策
2011年02月21日 国公立前期の記述対策2
2011年02月25日 国公立前期の記述対策3


もっとマニアックに攻めたい人には「東大シリーズ」。
2011年07月11日 東大の問題を解いてみよう
2012年06月30日 東大の問題を解いてみよう2
2012年07月01日 東大の問題を解いてみよう3

実はこの東大シリーズには前哨戦みたいな記事があった。
2010年03月08日 東大に電話してみた
2010年04月29日 「噛み砕け」って漢字で書くと強そう



そして、難問に挑むときの心構えはこちら。
2012年02月23日 パズルは解けるようにできている


あれ? 現代文の話ばっかりだって?

小論文が急に必要になった人には・・・


こちら!


本日、またまた重版決定で第7刷・累計16500部☆
発売から1年3ヶ月。応援ありがとうございます!!m(_ _)m
何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp

2020年の必然性

東京都民じゃないのでどうでもいい話なんだけど、

なぜ2020年に東京オリンピックを招致しなきゃいけないんだろ?



この「なぜ」は二つの言葉にかかってる。

なぜ福島じゃなく東京?
そしてなぜ他の年ではなく2020年?



2012年のロンドンはエリザベス女王即位60周年という大義名分があった。
2008年でも2016年でもダメ。2012年以外はあり得なかった。

だから本気で獲りにいったと思うよ。
1948年のロンドン五輪以来ずーっと沈黙していたのに、2012年だけ立候補して一発で勝ち取ってるもん。



2008年の北京と1988年のソウルはこの辺の国々で「縁起のいい数・8」のつく年。
ソウルは「88(パルパル)オリンピック」と呼んでいたほど。やはり一発で勝ち取ってる。



2000年シドニーは「20世紀の最後くらい南半球で」。これも一発招致。
2004年アテネは「21世紀の最初は原点に帰ろう」。



「この年じゃなきゃ意味がない」という必然性があると説得力が増すし、招致のためのお金も集中投下できる。



それに対して東京。

2016年がダメだったから2020年ってのはどうなのよ?



富士山が噴火した数年後に「復興した東京」というなら説得力ありそうだけど。
Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ