眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

カテゴリ: 現代文

国公立二次試験組はいよいよ本番だね!


現代文に関していうと、センター試験のマークシートと二次試験の記述問題は全然別物。

与えられた選択肢の中から選ぶのと「何が問われているか」自体を自分で考えなきゃいけない記述では頭の使い方がずいぶん違うよね。

というわけで、土壇場で役に立つ(かもしれない)現代文記述問題のコツ。


1 先に設問を見る。

センターでは先に設問見る必要はないんだよね。
むしろ先に選択肢を見てしまうとそれに引っ張られて正しく読めなくなってしまう。

でも二次の記述では設問を先に見た方がいい。

設問が「どういうことか」なのか「なぜか」なのか、あるいは傍線部に指示語があるのか比喩・抽象語があるのか。

これを知っておけば、読みながら「ああ、ここが問われているわけだな」と察しがつく。
あるいは「あれ? ここの理由、本文には書かれてないじゃん」という高得点ポイントに気づくことができる。

センターや私大と違って国立の二次は設問の数が少ないから先に設問見ても混乱することはないよ。




2 一文一文に食いつき過ぎない。

「しっかり読むぞ!」と気合い入れると、かえって文章の内容が頭に入ってこなくなるものなんだよ。

一文とか一単語とか一文字とかにこだわってしまって視野が狭くなるんだよね。



文章を読むときは「これって何と対比されてるんだろう?」くらいに考えながら次の話を追う。

設問を解くときは傍線部が含まれる一文(センテンス)を押さえる。



テストで点数良かったときって、この切り替えを無意識にしてない?

この「こだわらないけど読んでいる状態」を本番で再現できたらいいね☆



IMG_2878

おかげさまで、

『何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55』が

また重版決定!!

これで3刷、累計8500部☆

いつもながら応援ありがとうございます!!
m(_ _)m





この本のメインは後半の記述問題。

これで世直ししたかったんだよなあ。



巷の予備校や過去問集には珍回答が溢れている。

「犬って何ですか?」「犬のことである」

「なぜ腹が減ったのか?」「腹が減ったから」

そのまんまじゃーん!的な。

何を問われているのか考えずに傍線部の周辺を条件反射的にまとめろと指導する先生が多すぎる。

その結果、マジメな受験生ほど「受け答えの能力」ではなく「コピペの能力」を磨くことに無駄な労力を費やしてしまう。。。




という話を聞いて、思い当たる節があるある!という人は論理思考の素質のある人。たぶん非ロジカルな国語の授業に納得いかなかった人だと思う。



そんな人にぜひ読んでほしい。

で、この本の方法論でどこまで受かるか、入試で証明してくれたらとても嬉しい☆



今日の柏校のみなさん、

本っ当にごめんなさい!!
m(_ _;)m



週末から声を出せない状態だったので、

今日の授業は無言でやらせてもらった(笑)



本来なら喋るところを、ぜんぶ板書で。

喋った場合と情報量は同じにしなきゃいけないので、いままでやったことないくらい書きまくったなあ。

スーツが粉だらけ。



でもおかげさまで喉は快方に向かってる気がするよ(手首は痛い)

協力ありがとう!!(泣)




それにしても、「韻文」の説明を板書だけで通すのはかなりのチャレンジだったよ。

音読してこそわかるものだからね。

過去にも韻に関してこんな記事を書いてたけど、やっぱり書き言葉だけで韻の話をするのは難しい。

2012年01月15日 こみ上がる?こみ上げる?
2011年02月01日 AKBで韻を踏む
2008年10月18日 俺の中では大発見





現代文で「近代」という言葉が出てきたら、
・民主主義
・資本主義
・個人主義
・合理主義
この4つのうちどれかの意味。どれなのかは文脈で判断しよう。


・・・という話を文系のクラスでは1学期に3回は言っているはずなので、さすがにもう覚えただろうと思って


「いま『近代以降』って出てきたね。さあ、近代といったらナントカ主義4つ、はいっ!」

って突然当てると、


「あ、あの、えっと・・・ロマン主義!」

それは文学史の用語。

「共産主義?」

それはアンチ資本主義なので次の段階だね。

「罪刑法定主義」

なぜそんな難しい言葉が先に出てくる?!



ここまで出てこないと、こちらの教え方に問題があるのかと不安になるぜ。



で、改めて「民主主義、資本主義、個人主義、合理主義」って言うと

「あーっ、そうだった!」

やっぱり知ってたんじゃん。




たしかに「△△主義」って沢山あるので、ごっちゃになるのもわかる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/主義

だから一発で覚えて二度と忘れないような「語呂合わせ」でも作れば予備校講師らしいんだろうけど、

あいにくそんな芸風じゃないんだな(笑)



だって、この「近代ナントカ主義4つ」の語呂合わせを発明したとしても、

その語呂合わせが通用するのはこの場合だけだ。

また他の語彙が問われたときにまた「うーん、忘れました」では根本的な解決にならない。



問題は「ど忘れ」だ。
ふいに質問されて、パッと答える瞬発力が足りないんだよ。



テストで点数を落とす原因の8割は「ど忘れ」。

答え見てから「あーっ!そうだった!知ってたのにぃ!」ということ、多くない?

せっかく「記憶」しているのに「思い出す」ことができない。

それを「覚えていなかった」と思ってもう一度インプットする。

非常に無駄で、もったいない。

(去年の秋に買った服をどこにしまったか思い出せなくて、同じ服をまた買ってくるのと同じだね)




ど忘れに関しては過去にこんな記事も書いてたなあ。
2009年06月28日 アウトプットしようぜ




急に質問されてもパッと答えられるトレーニングをしよう。

角度を変えて聞かれても答えをひねり出せるように訓練しよう。

頭の中の点と点を、線でつなごう。



一番手っ取り早いのは、友だちにランダムに問題を出してもらうこと。

(小学校のとき、クラスの中の「勉強できるグループ」の子って仲間同士でなぞなぞとかクイズとかよくやってなかった?)



友だちがいない人はどうするか?って話だけど、そういう場合は

1 これを機会に友だちをつくる
2 「先生、何かテキトーに問題出してください!」と頼んでみる

ずーっと一人で勉強している人も、たまには他人からの刺激を受けなさい。何か変わるから。






以上が、冒頭のとんちんかんなやりとりが「ど忘れ」によるものという仮定の話。

でも、もう一つの可能性が考えられる。

「やりとりを楽しむために、わざとボケてる」

ここまで来ると、浪人生としてはベテランの域だね。「レジェンド」あるいは「予備校名人」の称号を授けよう☆

今年の東北大の国語は攻めてたねえ。
(受験生はママの付き添いが多すぎてニュースになってたけど・笑)



問5 筆者はM教授の講義でラテン語が用いられていたことをどのように評価しているのか。



そんな結論、どこにも直接書いてねーし!!(笑)

〈まとめる〉派の人たちは面食らうよなあ。いい問題だ☆



強いて挙げれば、

第一段落でのエピソードの中には「わたしには『ブタに真珠』『ネコに小判』の類いであった。」と書いてあるし、
第二段落では「まったく実用性を喪失している」とも書いてある。

だから表面的に読めばラテン語を中心とする古典的な教養を全否定しているようにも見えるんだよね。
駿台の解答はこの立場。


代ゼミでも会議で意見が割れたんだけど、いわゆる教養(哲学とか文学とか)が好きな人はこの文章を
「近代化に対する古典的教養の抵抗」
と解釈するみたいなんだよね。
河合塾の解答はこの立場。


でもこの文章は最後のドラッカーの話をよく読めばずいぶん違う展開になる。

ドラッカーは1993年に「新しい教養」を「各自の専門的知識を一般化できること」と定義し直した。
実際、それから20年経った現在、世の中のキーワードは「シェア」だよね。

古典的教養は
1 普遍性に通じる知識(ラテン語、人文学)を
2 一部のエリートが独占する

ドラッカーによる新しい教養は
1 各自の専門的知識を
2 シェアできる能力

こう分類すると、ラテン語および古典的教養は
1 専門的知識としては時代遅れ
2 シェア(普遍化)のヒントとして必要

というプラスとマイナスで評価されるんじゃないだろうか?


東北大は去年も今年も「ただの反近代じゃないポストモダン」というテーマが続いている。


代ゼミの会議は俺の「プラス・マイナス」説と他の先生の「古典派の抵抗」説で割れたので、あとの判断は国語科の職員のみなさんに預けて逃げてきた(笑)
だって、腹減ってたんだもん。


現時点で代ゼミはまだ発表してないけど、結局どう決まったんだろう?

センター後に1週だけある3学期。

テキストの数も問題の数も少ないので、

実験的に自炊テキストを使ってみた。
IMG_2554

どうよ?

iPadじゃなくMacBookAir(笑)

板書用のメモとかいろいろ書き込むにはタブレットよりキーボード付きのパソコンの方が断然効率的だもん。

Mac標準ソフトのプレビューって、見るだけじゃなくPDFに書き込むのも簡単なんだよね。最近発見した。

ちなみにスキャンするのも標準ソフトのイメージキャプチャ。
Macって余計なソフトを買わなくても大概のことができるようになっている。




問題だったのが、MacBookAir11インチの画面の小ささ。

現代文は縦書きなので、ページを全部表示すると字がものすごく小さくなっちゃうんだよね。

そこで、90度傾けてみた。これならかなり大きく表示できるぞ。
IMG_2514


で、実際にMacBookAirで授業をやった感想は。。。

教室に行っちゃえば問題ないかな。

書き込んだりするのは紙のテキストの方が早いけど、まあこれは慣れの問題だし。

それよりも、曜日によっては10冊とか持ち歩いてた重さから解放されたのが嬉しいね。

肩が凝りすぎて夜眠れなくなってたんだもん。




使い終わったテキストはEvernoteに入れて保存。

なぜかというと、EvernoteはPDFや画像の文字も検索できるから。これは超便利だ。



このブログの「記事検索」に「自炊」と入力したら、時代を感じる結果が出てきた。
2010年10月19日 記録本の系譜
2010年10月17日 自炊はじめました
2009年04月21日 フライパンはサイズで選べ
2009年04月07日 自炊学生のための料理本2冊
2009年と2010年で「自炊」の意味が全然違う!
フライパンの選び方とか書いてるし。

去年のセンターは評論も小説も「新しい」出題だったよなあ。

評論はまさかの小林秀雄だし、国語なのに図解が載ってたし、全体の構成も例年とずいぶん違ってた。

小説は、小説の中に小説が引用されるという入れ子構造で、しかも回想シーンのようにも見えちゃう紛らわしさ。




面白かったなあ♪(他人事)




でも、「見たことない問題」が出るのって当たり前だよね。テストだもん。

見たことある問題ばかり出してたら、過去問を丸暗記した人が大学に入れることになってしまう。

いわゆる「地頭力」のある学生を選抜できないじゃん。

(ちなみに、はやぶさを開発した川口淳一郎先生は本を読まないらしいよ。前人未踏の挑戦に既存の知識は役に立たないから)





入試では「見たことない問題」が出るもんだと思っておこう。

そして「見たことない問題」が出たら、チャンスだと思ってニヤッと笑おう。

まわりの大多数はパニクって悲鳴をこらえているぞ(爆)




では、万一「見たことない問題」に出くわしたらどうするか?


1 まず落ち着いてヒントを探す。

センターでは高校生が解けない問題は絶対出ない。

パニクって思考停止に陥った受験生が見落としそうなところに、ヒントが用意されているもんだ。

深呼吸して、「パズルは解けるように出来ている」と心の中で唱えよう


2 次に「そもそも」の基本に戻る。

そもそも何を問われていて、何を答えればいいのか。

目の前の飾りに惑わされると、問いの正体を忘れて見当違いな考えに突き進みがち。

深呼吸して、「で、私に何をしろと?」と心の中で問い返そう



そして「見たことない問題」に対処するため、今夜できることは何か?

勉強しなくていいから十分寝ておくこと。

明日使う脳内物質を貯めておけ。



おやすみ!☆

勉強というのは、謎を解くことだと思う。

もちろん大学教授は謎を見つけては解明するのが仕事だけど、
(謎を見つけて解明したものを論文という)

受験勉強も同じだと思うな。

なぜ伸びないのか?
なぜ覚えられないのか?
これに何の意味があるのか?
なぜこんな用語が作られたのか?

謎だから解きたくなるんじゃん。

謎が解けたら、その時点で覚えるし、二度と忘れない。

何も謎を持たずに、ただ聞いたこと読んだことを頭に入れようとするから右から左に消えていくんだよね。。。




授業は「話を聞く場」ではなく「謎を解く場」だ。

予習して「今回はここがわかんない」という謎が残った人は、授業に出てその部分だけ聞けばいい。

それで謎が解けたら、今日の目的達成じゃないか?

あとは寝てていいよ(笑)

(だから俺が起こすのは基本的に授業の最初から既に寝てる生徒だけ。おいおい、さすがにまだ謎解けてないだろ?って)




こういう「謎を見つける予習」のコツは、2回やること。

1回目は代ゼミの現代文のテキストなら20分でやってみる。

後日、時間無制限でもう1回やってみる。

何事も1回と2回の違いは大きいよ。
1回目で気づかなかったことに2回目は気づくから。
「わかった!」もあれば、「実はわかってなかった」もある。

こうやって授業に出ると、

解けた謎は二度と忘れないので、

復習なんかする必要がない!!



2学期になったら、「コツコツ何度も復習する」なんて非効率的な勉強は卒業しようぜ。

謎を解いて、一発で覚えればいいじゃん☆

代ゼミ生は明日センター模試だね。

高校3年のときに模試を受けまくったという猛者ならともかく、

高校時代あんまり熱心じゃなかったという人は模試に慣れていないかもしれない。


前日でも効く、模試のちょっとしたコツを教えておこうか。


1 読んでから解くか、解きながら読むか

現代文でみんなを迷わせるのがこれなんだよね。

いまの時期、まだ国語に自信がないという人は「傍線部のたびに解きながら読む」のがいい。

長くて難しい評論が出ても、最低限の点数は取れるからね。

ただし、傍線部の「直後」まで読むんだよ。



一方、満点狙うつもりの人は「本文を全部読み終わってから、一気に解く」のが理想的。

でもこれは、あくまでも「旧帝大〜筑波レベルに受かる人が来年1月のセンター本番までにできるようになればいい」という話。

模試でもやたら難しくて長い評論が出ることはあり得るので、そこは問題を見てからケース・バイ・ケースで判断しよう。

2010年05月08日 読んでから解く?解きながら読む?



2 解きながら塗るか、解いてから塗るか

今年のセンター直前、「センターは塗りに始まり、塗りに終わる」という名言で話題になった「虚構新聞」の記事がこちら。
(あくまでも「虚構」だからね、念のため・笑)
マークシート式試験専門予備校「玉虫ゼミナール草津校」


1問解くたびに1個ずつマークを塗る人、
全部解いてからまとめてマークを塗る人もいるけど、

国語では大問ごとにマークするのがベスト。
つまり、評論が終わったらマーク、小説が終わったらマーク。

1問ずつこまめに塗っていくと、無駄な動きが多くなってマークミスをしやすくなる。

かといって最後に全部まとめてマークしようとすると、うっかり「解き終わったら残り1分で全部塗れなかった!Σ( ̄Д ̄;」ということになりかねない。

それに、全問まとめて塗っていくと、途中で1つずれたときに気づきにくいし、気づいてもどこからずれたのかわからなくなる。


大問ごとのまとまりで塗るとミスしにくいし、万一ミスしてもすぐ気づくので一番失敗が少ないんだよ。



ところでみなさん、何でマーク塗ってる?

0.5mmの細いシャーペンでマークシートを塗るのは効率が悪い。

おすすめは1.3mmの鉛筆シャープ。
コクヨ 鉛筆シャープ 芯径1.3mm ブラック PS−P101D−1Pコクヨ 鉛筆シャープ 芯径1.3mm ブラック PS−P101D−1P
商標:コクヨ

IMG_6412

一瞬で塗りつぶせる快感(笑)
もう普通のシャーペンには戻れなくなる。

2012年05月05日 鉛筆シャープ


3 模試のあとこそ本番

模試が終わったら、すぐに答え合わせしない。

家に帰ってからもう一度、時間無制限で解いてみよう。

模試の本番では時間制限とか試験会場のプレッシャーとかで実力を発揮できていないことが多いから。

本番の点数が悪いのに家でやったら点数が高いという人は、学力はあるのに本番に弱い人。
単語を覚え直すよりもメンタルと要領を鍛えよう。

家でやっても点数が悪いのであれば、それは学力不足。
ちゃんと勉強しよう。

学力不足なのか本番に弱いのか、自分の弱点を正しく理解するためにも、家でもう一度解き直すのは大事だよ。





センターが終わって、

さあ、国公立二次の記述対策だ!!




とりあえず過去に書いた記事をまとめてみようか。

まずは一番古い時期の記事。懐かしー!
2009年01月24日 二次対策・記述の勉強
2009年01月30日 記述の勉強2
この頃から赤本の解答に喧嘩売ってたな。
だんだん代ゼミの解答に公然と文句を言うようになっていくんだけど(笑)


上の「記述の勉強2」に出てくる遺骨収集の問題に出合って、「国語の記述問題が実は未開の領域だった」ことを発見してしまった。
2011年07月12日 グアム弾丸ツアー
あれ以来、「国語教育を文学から数学に変える」ことが自分のミッションだと思ってる。



私大志望の人も読んでおこう。記述の基本レッスン「国公立シリーズ」。
2011年06月18日 記述問題は採点ポイント2つ
2011年02月17日 国公立前期の記述対策
2011年02月21日 国公立前期の記述対策2
2011年02月25日 国公立前期の記述対策3


もっとマニアックに攻めたい人には「東大シリーズ」。
2011年07月11日 東大の問題を解いてみよう
2012年06月30日 東大の問題を解いてみよう2
2012年07月01日 東大の問題を解いてみよう3

実はこの東大シリーズには前哨戦みたいな記事があった。
2010年03月08日 東大に電話してみた
2010年04月29日 「噛み砕け」って漢字で書くと強そう



そして、難問に挑むときの心構えはこちら。
2012年02月23日 パズルは解けるようにできている




このページのトップヘ