眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

◆新刊いよいよ発売開始!!◆
『採点者の心をつかむ 合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』(かんき出版)
https://amzn.to/2Oc7C4x

課題文を「踏まえて」自分の意見を書く。


「踏まえる」って何やねん?(笑)




賛成とか反対とか?

賛成なら「賛成です」で話が終わりそうだし、
偉い先生の文章に「反対です」というのもハードル高そう。。。




というわけで、

課題文を「踏まえて」自分の意見を書くときの攻略法の話をしよう。


『小論文のオキテ55』でいうと「第2章 課題文メッセージ別攻略法」、
特に64ページの「課題文のオキテフローチャート」の話だよ!




小論文の課題文はざっくり2つに分類できる。

1 筆者が社会や物事について「こうなっている」と説明しているだけの文章

2 筆者が社会や物事に対して「こうするべきだ」と提言している文章





1 筆者が社会や物事について「こうなっている」と説明しているだけの文章

「こうなっている」というのは何らかの問題点を含んでいるはず。
何も問題がないなら、小論文のテーマには採用されないからね。
だから第一段落では「問題点をはっきりさせる」ことになる。


1ー1 説明が具体的な場合
それが「貧困で苦しむ高齢者」みたいな具体的な話なら、「その人たちを救うために何をするか」を書けばいい。


1−2 説明が抽象的な場合
あるいは「文明社会の闇」みたいな抽象的な話なら、現実の世の中に見られる具体例を見つけて、それを解決する方法を書く。





2 筆者が社会や物事に対して「こうするべきだ」と提言している文章

具体的な提案には、必ず賛成する人と反対する人がいる。
「消費税率を上げよう」にも「憲法を改正しよう」にも「みんなで海に行こう」にも、賛成する人と反対する人がいるよね。
なので、筆者が具体的な提案をしていたら第一段落には「賛成/反対とその理由」を書く。

2−1 賛成する場合
提案に賛成しても、それを実現するにはいろいろ難しさがあるはず。
だからまだ世の中では実現していないし、筆者が文章を書いて世に訴える必要があるわけだ。
そこで第二段落では「それが実現できていない原因」を書くといいね。

2−2 反対する場合
反対するなら、それに対する代案を出す必要がある。
そこで第二段落で「賛成派(筆者)が気づいていない本当の原因、そもそもの問題」を書くといい。




で、どのパターンでも最後の第三段落では「解決策」を書く。

「したがって、〇〇するべきだ。具体的には△△することが考えられる。そうすれば□□になるだろう」

こんな順番で書くとそれなりのボリュームになるはずだよ。





ちょっと難しい話になっちゃった?(笑)




あ さんの志望校ならこれで対応できるよ。

まずは課題文を熟読して、「説明」か「提案」かを見分けよう。











課題文型の小論文を書くときに

「第一段落で課題文の要約を書くべきかどうか」

って迷うよね。



あ さんの質問に答えて、この件について説明しよう。




混乱しないように、《ルールの話》と《実際に書くときの話》に分けるね。





《1 要約に関するルール》

要約を書くかどうかは、設問によって判断する。

\潴笋法峅歛衒犬鰺很鵑靴疹紊如ΑΑΑ廚半魴錣書いてあったら、冒頭1段落を要約に費やす。

◆峅歛衒犬鰺很鵑靴疹紊如廚箸い条件がなかったら、要約は書かなくていい

設問が分かれていて、例えば【問1】が「本文を200字以内で要約しなさい」だったら、【問2】の「これに関するあなたの意見を述べなさい」では要約を書かない。問1の要約を書いたのに、またくり返したら「字数稼ぎ」とみなされてしまう。




武蔵野美術大学は△離織ぅ廚世諭M很鵑書かなくてもいい



ここまでがルールの話。

次、試験本番での実践的な話をしよう。




《2 実際に書くときの話》

上の△両豺隋⇒很鵑蓮崕颪なくてもいい」んだけど、書いたからといってマイナスにはならない。

だから次のようなケースでは、敢えて要約を書くのもありだね。




(1) 読解力をアピールしたいとき

課題文が通説をひっくり返す内容だと、読んで理解できる人とできない人にはっきり分かれる。

大学は当然、読解力のある人を高く評価する☆

この場合の要約は文中の言葉をツギハギするんじゃなくて、「この文章は他とこの点が違う」というポイントを説明すること。文中の言葉に縛られなくていいし、100〜150字くらいで十分。

そのあとの内容がいまいちでも、要約だけで点数を稼ぐことが可能だ。





(2)字数を埋めたいとき

書くことがなくて途方に暮れることもあるかもしれないよね(笑)

こんなときは仕方ない、200字くらい要約で埋めよう。

前半100字、後半100字くらいでまとめると「全部読んだ感」が出るし、要約を書いているうちに理解が進んで何かに気づくかもしれない。

黙ってウンウン唸っているより、表面的な要約でも手を動かしている方が頭が働いたりするもんだよ。






ベストなのは、要約を書かずに、「課題文を踏まえた自分の意見」を書くことだけど。

「通説と違う点」がわかったかどうかで180度違ってくるので、第一段落を読んだ時点で採点者は読解力も思考力もわかっちゃうんだよね。

ま、これは一番難易度高いけど(笑)




というわけで、

「要約を書くか書かないか問題」は

自分の読解力や課題文の難易度に応じて、臨機応変に判断してね!





「YouTube予備校」という面白いことをやっている人がいて、

その動画が熱いのよ。



松原一樹さんといって、

実は昔、このブログでも紹介したことがある。

2010年3月1日「9割受かる勉強法」

当時の記事を読み返すと、

2010年の松原さんは「メールで受験生に直接アドバイスする通信予備校」をやってたんだね。




あれから8年、

iPhone、Facebook、LINE、YouTubeと新しい技術が広まって、

さすがに「ガラケー2台持ち歩いて24時間質問に答える」なんて時代ではなく(笑)、



登場したのが「YouTube予備校」。




ツールは時代によって変わるけど、

松原さんの指導法の特徴は

「市販の参考書の使いこなし方を教える」というもの。



カリスマ講師の講義を聞くだけよりも、

自分で勉強できるようになった方が本番で結果を出せるからね。




代ゼミは正反対のアプローチだったので、逆に松原方式の凄さがよくわかる(笑)





その松原さんが、

拙著『公務員試験 無敵の論文メソッド』を「難関大学の小論文に最適」として

熱く紹介してくれているんだよ。

その熱量高い動画がこちら!↓




やっぱ教育のプロが読むと、著者の深い裏の意図まで汲み取ってくれる!

表向きは公務員試験の本なんだけど、著者としては『小論文のオキテ55』の上級編のつもりで書いたんだよ。

特に最後の章のデータ問題なんかは、メッチャレベルの高い「引っかけ問題対策」でもある。

「よくぞ言ってくれました!!」と拍手したくなる動画だね☆





YouTube予備校、地方の現役生には最強の味方になってくれるはず!


この動画も凄いよ。炎上怖くないんかね?(笑)



510h+S9u2iL._SX344_BO1,204,203,200_

ついに表紙も完成!!

新刊『採点者の心をつかむ 合格するプレゼンテーション・面接・集団討論』

今回の表紙は、蛍光黄緑です☆




ちょっと前まではAO入試・推薦入試といえば「面接+小論文」だったよね。


ところが近年、この「面接」の部分が変化というか、多様化している。



「面接の中に10分間のプレゼンテーションを含む」とか

「募集要項に『集団面接』と書いてあるのに、行ってみたら集団討論だった」とか。

「『ディスカッション』といわれていたのに、実は『ディベート』だった」とか。




ただの「面接練習」だけじゃ勝てないんだよ。

プレゼンテーション、ディベート、ディスカッションの「正しいやりかた」を知っているかどうかで、

合格/不合格がはっきり分かれてしまう。怖っ。




ところが学校ではプレゼン・ディベート・ディスカッションなんて教えてくれないよね。

欧米では必須の「人前での正しい話し方=パブリック・スピーキング」の教育が、日本にはない。




だから、いまの高校生には自称「コミュ障」の「口下手・人見知り・あがり症」がとても多いし、

大学生は就職活動の面接で心が折れるほど苦労してしまう。




そんな君のために、この本を書いた。



予備校講師として人前でしゃべり続けた経験、
AO入試・推薦入試の個別指導で第一志望合格率9割を叩き出した経験、
テレビや雑誌に出てプロ集団の企画、演出、制作に関わった経験、
ビジネスパーソンに話し方、議論の仕方を教えてきた経験、
経営者や広報担当者にプレゼンテーションを教えてきた経験。



20数年のしゃべり屋稼業で得てきたノウハウを

1冊に詰め込んでみたよ。トッピング「全部のせ」(笑)



大学受験の高校生も

民間企業を目指す就活生も

公務員を目指す就活生も

スキルを磨いてキャリアアップしたい社会人も



この本で「勝ち続ける人生」を手に入れてくれ!!





《目次》
第1部 二十一世紀型入試は「話す力」と「アイデア」で決まる!

 第1章 二十一世紀型大学入試って何やるの?
  1 多様化? 混迷? 「二十一世紀型の大学入試」とは?
  2 プレゼンテーションって何するの?
  3 集団討論って何? 集団面接と違うの?
  4 コミュニケーションを決める「もう一つの要素」とは?
  5 「生きる力」「思考力」よりも「アイデア」だ!

 第2章 「話し方」の基本を身につけよう
  6 大きな声で話す
  7 ゆっくり話す
  8 緩急、高低、強弱のメリハリをつける
  9 センテンスは短く
  10 大事なことから順に話そう

第2部 プレゼンテーションは準備が九割

 第3章 すべらないコンテンツの構成法
  11 内容が大事なの? 話し方が大事なの?
  12 すべらない話の構成「3D話法」
  13 【Difference】他の話とは何が違うの?
  14 【Detail】具体的に詳しく説明しよう
  15 【Development】発展的な未来を語ろう
  16 順番を入れ替えると伝わり方が変わる
  17 自分の土俵で勝負しよう
  18 自称「頑張りました」は証拠にならない
  19 「プレゼン映え」する写真を残しておこう
  20 固有名詞を使うと信用度が増す
  21 「数字」で語ると説得力が倍増する
  22 そもそも研究発表って何するの?
  23 「企画、アイデア型」のプレゼンでは何をする?

 第4章 その場を支配するパフォーマンス
  24 服装で「エリート感」を出す
  25 まず、会場を黙って見渡す
  26 原稿は書かない、覚えない。
  27 身振り手振りは意図的に
  28 パソコンや資料は見ない
  29 時間管理はプレゼンの生命線

 第5章 パワーポイントを使いこなそう
  30 「パワーポイント」って、どんなソフト?
  31 パワーポイントの基本構成
  32 どうやってスライドを作るの?
  33 オブジェクトを挿入・編集しよう
  34 スライドのサイズ(縦横比)に注意しよう
  35スライドのフォントはどう選ぶの?
  36 スライドはシンプルが一番
  37 視覚効果の機能は使わない
  38 文字は「読ませる」のではなく「見せる」もの
  39 一行ずつ表示したい
  40 グラフの載せ方には二種類ある
  41 写真の見映えをよくしたい!
  42 パソコンの接続に慣れておこう

 第6章 アナログな小道具の使い方
  43 紙の資料は読ませるな
  44 印刷物を作るときの注意点
  45 黒板とホワイトボードを使ったパフォーマンス
  46 スケッチブックで「めくり芸」
  47 手作り小道具は「丈夫、見やすい、出しやすい」

第3部 面接と集団討論は「キャッチボール」が九割

 第7章 個別面接、集団面接は「オーラ」で勝つ
  48 面接の基本動作を覚えよう
  49 オーラを出すコツは「姿勢」と「表情」
  50 練習しておくべき三つの言葉
  51 志望理由は「きっかけ」ではなく「目的」を語る
  52 部活動の話が「月並み」になってしまう
  53 自分のキャラを正しく理解しよう
  54 想定問答集は無駄
  55 集団面接では自分の番でなくても油断するな
  56 「私も同じです」と言ってはいけない

 第8章 集団討論とは「みんなで問題解決する」ことだ
  57 集団討論には「ディスカッション」と「ディベート」がある
  58 司会は「マネジメント能力」が評価される
  59 思いつきの羅列にならない板書のコツ
  60 できる大人の話し方「PREP法」
  61 いきなり解決策に飛ばない
  62 小さなことを問題提起するな
  63 解決につながる「原因」、つながらない「原因」
  64 過去を悔やんでも問題は解決しない
  65 禁止令や呼びかけ以外の手を考えよう
  66 妥協案より「抜け道」を見つける
  67 論点のズレを見つけよう
  68 ディベートのゴールは「論破すること」ではない
  69 やっぱりディベート部は強いの?
  70 「頭がいい」と思わせる反論ポイント
  71 反対意見は「敵」ではない

八戸の講演会で「いい質問」があったので紹介するね。




「海洋なんとか学部に行って海の生物の研究したいんですけど、

そこから先の『職業』が思いつかないんです」




研究そのものが好きという人って、いるよね。

研究者って本来そういう人たちなんだけど、

AO入試・推薦入試で受かろうと思ったら、やっぱり志望理由書には「将来の職業」を具体的にビシッと書く必要がある。




「で、いまのところ何の仕事が頭に浮かぶ?」

「・・・公務員ですかね? 県の水産試験場とか」




それだけかい?!(笑)




研究したいくらい魚が好きなら、他に仕事はいくらでもある。

たとえば水族館。

飼育員が一番思いつきやすいだろうけど、

「水族館をプロデュースする」という職業もある。研究というよりエンタメだ。

0ec4ecac0758bcdd6de7420dd0b2c8d2_s


世界中の海に潜って魚の写真を撮るカメラマンもいるね。

研究者になるならJAMSTEC(国立研究開発法人 海洋研究開発機構)に入って深海探査に行くのもいい。

NHKに就職して、海の生き物の番組を作るという手もある。

自分で熱帯魚のショップを開くというのもいいね。

近大マグロを超える画期的な養殖場を作ってもいい。

海洋資源を守るための技術を開発して、それを各国の政府機関に売るベンチャービジネスも面白い。

「おさかな俳句」みたいなジャンルを作って本を出したら間違ってヒットするかもしれない。






ほら、「魚が好き」が高じて就ける職業は無限にあるんだよ。




自分の町にはいないかもしれないけど。

親に言ったら「何バカな夢見てんの!」と怒られるかもしれないけど。

大学のパンフレットにも書いてないかもしれないけど。





職業を考えるときは、「現実的」という名の枠を取っ払うのが大事。

前例、常識、みんなの意見、実家の経済的事情、実家からの交通の便、自分のいまの成績・・・

「現実」を先に考えると、人生は小さく小さくまとまってしまう。




自分の人生は、地球規模で考えよう!

「アホ」と笑われるくらいがちょうどいい。











このページのトップヘ