眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

大学入試改革の迷走で話題の「国語の記述問題」に関する過去記事をまとめました。
新カテゴリ【現代文の記述問題】をご覧ください!

IMG_3390


おかげさまで、

『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』(KADOKAWA)

重版が決定!!



発売から丸7年で、28刷・累計9万3500部☆



なんか・・・10万部が見えてきたね。


息の長い応援、ありがとうございます!





ところで、7年前の発売当時のブログを探してみたら・・・・

2011年10月2日「何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55」

おー、なんか熱く語ってるよ!
出版デビュー時の勢いを感じるね(笑)

初めて重版が決まったときの記事がこちら。

2011年10月26日「重版決定☆」

「重版」という仕組みを知らない人はこの記事の説明をどうぞ。
世の中にはとんでもないロングセラーがあって、気が遠くなった。




そのうち図書館に置かれるようになる。この世界に足跡というか爪痕を残せたような気がしたね。

2011年12月8日「公立図書館に続々入荷中」

そして1万部を達成☆

2012年6月20日「御礼☆累計1万部」

この頃は、こんなロングセラーになるとは思わなかったよね。

しかも台湾で翻訳出版されるなんて!

2015年1月22日『小論文大師教你 寫作的技術』



その後、「オキテ55」はシリーズになって、
『AO入試・推薦入試のオキテ55』、『現代文のオキテ55』の三部作ができたところで



制作に関わってくれたスタッフのみなさんを招待して

神楽坂の名店で豪勢に感謝祭!!

2014年8月30日「オキテ55」感謝祭@神楽坂

料理もワインも美味かった〜♪

一晩で支払った金額も人生最高額だったぜ(笑)





その後、代ゼミを辞めてからも

「小論文のオキテの著者」という肩書きで

いまだに執筆や講演のオファーをいただいてる。




いまは企業に呼ばれて研修やったり

文書改善のコンサルタントみたいなことをやったりしているけど、


コアなコンテンツはすべて『小論文のオキテ55』の中にあるんだよ。




自分の本に助けられている感じだね(笑)





そういえば、

『小論文のオキテPro』を出すって話が延び延びになってるな・・・








最近のプレゼンでは、パワーポイントのスライドを使うことが多いよね。


スライドの作り方には鉄則があって、

「Keep It Short & Simple」(短くシンプルに)

略して「KISSの法則」とも呼ばれる。



KISSといっても、これじゃないぞ。





「Keep It Short & Simple」というのは、

スライドを作るときにあれこれ情報をたくさん盛り込むのではなく、

できるだけ情報を減らして減らしてシンプルにしろということ。





1枚のスライドに文章と写真とグラフと・・・ってあれこれ詰め込むと、

聞いている方はいまどの部分の話なのかがわからなくなる。

だから言葉で1枚、次に写真で1枚、グラフで1枚と分けてスライドを切り替えよう。





言葉だけのスライドを作るときは、

ダラダラと長い文章を載せないこと。

ブログ用 シンプルなスライド1


これは読まないと内容が頭に入らない。

でも人は基本的に「読む」ことが面倒くさい生き物なんだよ。

君たちも現代文の長い文章とか、読みたくないじゃん(笑)



なので「文章」ではなく「キーワードと記号」で整理する。

ブログ用 シンプルなスライド


これなら読まなくても内容が目に入るよね。



スライドは「読む」のではなく「見る」ものと心得よう。




塾や予備校の先生って、頭よさそうに見えるよね?

実際、東大とか医学部の問題を持っていって質問しても

その場で問いて解説してくれるし。




じゃあ講師はもともと頭が超いい人たちなのかというと、

実は全然そうじゃない(笑)




教えているうちに、何でも解けるようになっちゃったんだよ。




新人の講師の説明を横で聞いていると、

「それ全然説明になってないしww」と思うことって結構ある。

でも若いうちは授業もノリでどうにかなるんだよね。

正しく教えるよりも、生徒のモチベーションを上げる方が合格率よかったりするし。




そんな新人講師も実際に教壇に立ってみて、休み時間に生徒の質問を受けてみて、思うんだよね。

え、この説明じゃわからないわけ?

ここ省いたら、いまの高校生に通じないの?

オーマイガッ! もっと簡単な解き方があったじゃん!




そんな経験値を積んで、解き方と説明のバリエーションが増えていく。

講師自身の理解があやふやだった点も、再確認できる。

結果、何でも解けるようになるわけだよ。





これは受験生が勉強するときも同じで、

一人で机に向かうのもいいけれど、

ときどき人に教えるのがものすごく効果ある。




自分よりできない友だちを捕まえて教えてあげるのもいいし、

高校生なら小中学生の家庭教師をやってもいいよね。



だって、高校生の9割は中学校の内容をちゃんと理解してないじゃん。

高校入試で満点取った?

実は高校入試で正解できなかった部分(中学校で身についていなかった部分)が

高校に入ってから君の足を引っ張っていたんだよ。英語も数学も。




なので、中学生に高校入試の指導をしてみると、

自分がうろ覚えだったところがはっきりわかるし、

それを教えられるくらい自分で理解すると、



高校の内容(大学受験の問題)に対する見方が変わる。



嘘だと思ったら、実際にやってみよう。

闇雲に難しい大学の問題を解くより効果あるよ。



9割受かる勉強法
松原 一樹
ダイヤモンド社
2010-02-19





プレゼンでも集団討論でも、

「意見」を言うことってあるよね。

ちなみに「意見」というのは感想じゃないよ。
ただの「賛成/反対」でもない。



「意見」とは「◯◯すべきである」というアイデアを提案すること。



「雨が降りそうだから、傘を持っていくべきだよ」という身近な提案から、

「海洋汚染を防ぐためには、ストローを紙製にするよりも漁船を使って海の浮遊ゴミを一網打尽に回収すべきだ」みたいな大きな提案まで、

「◯◯すべき」というアイデアを提案するのを「意見」という。





だから「国の政策について、あなたの意見を」という、一見「賛成/反対」を問われているような場合でも、

賛成するなら「それを実現するために◯◯するべきだ」というアイデアを提案する必要があるし、

反対するなら「それをやらない代わりに△△するべきだ」というアイデア(対案)が必要だ。





ただ、これって勇気が要るんだよね。

誰かに反対されるかもしれないし、

自分が間違ったこと言ってるかもしれないから。




そこで、大事なことを教えておこう。

そもそも「意見」というのは「賛成と反対が成り立つもの」なんだよ。

誰も反対しないことというのは、言っても言わなくても同じ。空気みたいなもんだ。




だから「反対する人がいる=間違った意見」ではないんだよ。

むしろ「反対する人がいる=パワーがある意見」と思った方がいい。








公務員試験 無敵の論文メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2016-02-09





一応「企業研修講師」なので、

企業から依頼されて社員にプレゼンテーションのやり方を指導したり、

広報担当者にプロモーションのアドバイスをしたりすることもある。

(後者になると、講師というよりはコンサルタントだね)





ある専門学校から、営業・広報の職員に話し方の研修をしてほしいと依頼されたことがあってね、


その業界では一番歴史の古い学校なんだけど、

最近、新しい学校が増えすぎて学生の奪い合いになってしまったので、

学校説明会でライバルに勝てるような話し方を身につけさせたい。


という話だったんだよね。





ところが、

実際に話しているのを見ると、話し方にはさほど問題がない。



でも、

何となく弱い。刺さらないんだよ。



実習の設備がどうの、英会話の授業がどうの、学生生活のケアがどうのと、

これらは・・・ライバル校もほぼ同じ話をしていると思われる。





貴校が差別化できるところって、そこですか?





試しに質問してみた。


「この学校の卒業生で一番出世された方って、どんな方ですか?」


すると、


「そりゃあ・・・いろんな会社の経営陣とかにいるんじゃないですかね?」


「具体的にどの会社ですか? どの役職ですか? 誰ですか?」



職員さんがあやふやだったんで、役員の方に聞いてみた。すると、



出るわ出るわ、

誰もが知ってる数々の有名企業の経営者、役員クラスに

この学校の卒業生がゾロゾロと!




業界で一番歴史が古いということは、卒業生の年齢が高いということだもんね。

新規参入組がどんなに設備投資しても、絶対かなわない。



圧倒的優位性というやつ。



「これら業界の大物たち、みんな本校の卒業生です!」

これを言えたら学生も親御さんも信頼してくれるよね。




ならば、偉くなった卒業生からコメントもらってくるのが一番☆

話し方の練習なんかやってる場合じゃない(笑)





刺さるプレゼンテーションには、こういう発想の転換が必要なんだよ。

手持ちのネタを上手にまとめようとしていたら、こうは化けないよね。








このページのトップヘ