眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

地球の歩き方

◇お知らせ◇
■近日発売!!
『公務員試験 無敵の文章理解メソッド』(実務教育出版)
http://amzn.to/2oSm4yc

さいたま文学館

150210_143901

桶川にある「さいたま文学館」。

学校の国語の先生対象の講演に呼ばれたので、

代ゼミ講師18年の総決算として何か熱い思いでも語ればいいのかと思いきや、


「普段の授業をそのまんま見せて下さい」


あ、そうですか(笑)





ハコモノ大好きの埼玉県なので、文学館も豪華でオシャレ。

何だかアートな雰囲気が漂うよね。
150210_143652





あれ? 作業中の資材が置きっぱなし。



冬場はいろいろ保守管理の工事が入るけど、

「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)」は現場の基本だぞ。




って思ったらこれ、作品ですか?!

150210_143738



「責任」って曖昧な言葉だよなあ

「卒業旅行に中東まわりたいんですけど、エジプトとかなら大丈夫ですよね?」

というメールを(しかも女の子から)もらったので、

「行・く・な」

とだけ返事しといた。

「ア・ホ・か」と送ろうとも考えたけど(笑)、

はっきり止めた方がいいかと思って。




だってさ、向こう行って何かあったら、出発前に少しでも関わった人はみんな悔やむじゃん。

「何であのとき無理にでも止めなかったんだろう?」
「あのとき引き留めなかった自分のせいだ」って。

だから後藤さんや湯川さんの周囲の人たちは「彼の自己責任」とは思えないだろうなあ。
みんな「私の責任」を感じているはず。




ところで、騒がしい「自己責任論」「安倍責任論」について国語的に整理してみようか。



「責任」という言葉には意味が二つあって、日常的にはごっちゃに使われている。

1 誰のせいなのか
2 誰が後始末するのか


一般的にこの二つは同じだと思われがち。
たとえば物を壊したら、壊した人が弁償する。
原因を作った人と後始末をする人は同じだ。

でも、小さな子供が高額な骨董品を壊したら、その子の代わりに親が弁償するしかない。
原因を作った人と後始末をする人が別というケースはよくあること。


さて、シリアとか行って捕まっちゃった場合、

1 誰のせいなのか=行った本人のせい
2 誰が後始末するのか=本人や家族が何とかできる相手ではないので、国が対処するしかない。

やっぱり原因を作った人と後始末をする人は別。


後藤さんや湯川さんの件で「自己責任だ」と言う人は、たぶん「1 誰のせいなのか」の意味で「本人が原因を作った」と言いたいんだよね。

で、「自己責任と言う人に反対」という人は「2 誰が後始末するのか」の意味で「国が救出するべきだ」と言いいたいはず。


価値観や思想の違い以前に、言葉の定義がズレているんだよ。

(後藤さんが拘束前の映像で言っていた「私の責任」がどっちの意味だったのかは、今となってはわからない)




これから紛争地帯や雪山登山に行く人は一筆書いてから行くべきだよね。



1 この行動は(私の意志です/○○のせいです)。

2 万一拘束されたら救出(してください/しないでください)。



「俺の意志で行くけど、何かあったら国が助けてね♪」という人をどう扱うかという問題はまた別の話になるか。

博多に来とっとっとっと

先週から博多に来てる。

前に来たのはいつだろうとこのブログをチェックしたら、

2009年02月06日 博多のうどん屋で蕎麦を頼んだら
2009年02月06日 合格祈願してきたぜ
2009年02月08日 壇ノ浦
2009年02月09日 鴎外大先生の家
2009年02月09日 名護屋城
2009年02月11日 日本一かわいい新幹線


ちょうど6年ぶりだ!
(門司も小倉も北九州市だし名護屋城の唐津は佐賀県だし、とかつっこまない。)


ピカピカゴージャスに大変身した博多駅にビックリしつつ、
(地上も地下も迷宮化してて、狙ったところに一発で行けない)
IMG_3015






こっちで活躍する起業家の友人たちに会ったり、
(結論:会社経営は大変だということだけはよーっくわかった・笑)





九州国立博物館で歴史の勉強をしたり、
IMG_1899





その合間にみんなから送られてくる質問に答えたり。
IMG_3849


太宰府のスタバ。




福岡の街を歩いていても、東京の私大があちこちで入試やってるね、地方会場として。


受験生諸君には学問の神様・太宰府天満宮から合格パワーを送ろう☆
IMG_0997

IMG_8952




THE ROCK GARDEN

ニコ生龍安寺

2007年のセンター試験に登場した京都の龍安寺の石庭(せきてい)。

あの評論についてはニコニコ生放送でも解説したし、
『現代文のオキテ55』でもイラスト付きで扱ったし、
授業で何度もやってきた。



でも、実は、




実物見たことなかったんです、ごめんなさいっ!!(> <;)



長く予備校講師やってると、見たことないのに解説できちゃうんだよ。
とんだインチキ講師だ(笑)

(もちろん実物なんか知らなくても正しく読めば解けるように問題は作られているんだけどね)




というわけで、

みんながセンター試験を受けている間、龍安寺に行ってきた。



金閣寺と仁和寺の間なのでこの3箇所は歩いて回れる。
てか立命館大学衣笠キャンパスの向かいなんだね。
IMG_2854




中に入ると、こんな案内が。
IMG_3787



「The Rock Garden」で「THIS WAY」って・・・これか?



「踊るさんま御殿」で使われてるのはエアロスミスのオリジナルバージョンの方。





さあ、お目当てのThe Rock Garden、石庭にたどり着いたぞ♪





・・・見えんがな。

IMG_3788



中国語の団体客とスペイン語の団体客と何語だかわからない団体客が去って、



静かにジャパニーズ・エンガワを味わう人々。

IMG_3789





この人たちもまばらになって、一人落ち着いて座ってみると・・・





あー、こういうことか。。。



IMG_3800




たしかに日常のガヤガヤから隔絶された非日常的空間だ。

原稿仕事で頭使ったあとは、癒やされる。

一言さん

「『二回目の法則』とか『長い台詞にはポイント二つの法則』とか『きっかけ気持ち理由の法則』とか『わけわかんないときは●番の法則』とか、

先生の言う『法則』って、使えるんだけど

ネーミングセンスは全然ないっすよね」



痛たたたた。。。



たしかにそうなんだよなあ。

コピーとかネーミングとかって、昔から苦手なんだよ。






IMG_3773

奈良県御所市にある「一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)」。

『古事記』によると、鹿狩りに行く途中の雄略天皇に出会い、

「吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神。葛城の一言主の大神なり」

と名乗ったという。




おー!

何でも一言でスパッと表してしまう。

これぞコピーライティングの神様じゃね?!

これは是非とも御利益に与りたい。




そうだ 奈良、行こう。




奈良の奥地(つーか、奈良県自体が丸ごと奥地?)、葛城山の麓。

IMG_3772


ちなみに現地では「いちごんさん」と呼ばれている。
IMG_3770




「なんかこう、物事の本質をスパッと言い当てて「おーっ」とか言わせるような、そんな言葉の力を身につけたいんすよ。キャッチコピーで売り上げドカーンみたいな成果も欲しいし。
あと、うちの生徒も小論文で各資料の要点を一言でまとめろとか言うと、なかなかできないんですよ。やつらにもビシッと一言でまとめる力を授けてもらえませんかねえ?」


そんなお祈りをするつもりで鳥居をくぐったところ、案内板に書いてあったのは

「“いちごんさん”と呼ばれ、一言の願いであれば何事も聴き下さる神様として、崇め親しまれ……」




は?




「一言の願いであれば何事も聴き下さる神様」




何ですと?




「一言の願いであれば」




いやいや、それが苦手だからお願いに来たんですが。。。

なんか話が違うぞ(汗)





「一言でまとめる」のは

お参り後の御利益ではなく、エントリー資格だったのかorz


そうだ 京都、行こう。

中央線も制覇したことだし、そろそろ帰ろうかなと名古屋駅の切符売り場に並んだとき、

ふと思った。



そうだ 京都、行こう。

IMG_3736



今週は原稿書く仕事してるので、どこにいてもいいんだよね。




いままでどこの出張も新幹線でビューッと行ってビューッと帰ってくるだけだったからさ。




途中で関ヶ原に立ち寄るつもりだったんだけど、

パソコンに向かっててうっかり通過してしまったorz

まあ、次回でいっか。




というわけで、ノマド(遊牧民)生活続行中。

明日1本締めきりだけど、間に合うか???

桶狭間に行ってみた

IMG_3718

450年も経つと、なんだかLOVE & PEACEな感じになってるね♪

今川義元が惨殺された現場とは思えない。



日本三大逆転劇といえば、桶狭間の戦い、日本海海戦・・・あと何があるっけ??

まあ、いいや。

とにかく、センターを控えた受験生は信長公にあやかって巨大な敵を打ち破りたいところだね!


というわけで、今年も熱田神宮で戦勝祈願しといた。
IMG_3709


信長も桶狭間に向かう前、熱田神宮に寄って戦勝祈願し、「敦盛」(人間五〇年〜♪)を舞って、お茶漬けを食べてから出陣したと伝えられている。

俺はきしめんを食べて出陣。
IMG_3716

名古屋のきしめん、山梨のほうとう、イタリアのタリアッテーレ……平打ち麺が大好きなもので。



桶狭間は名鉄「中京競馬場前」駅を出てすぐ。
IMG_3731

人生大逆転したい人たちが集まってきそうだなあ(笑)

競馬で人生逆転した人なんて聞いたことないけどね。

博打やるなら馬より受験だよ。リターンが圧倒的に大きい。




この辺は銀行の支店名もこんな感じ。カッコイイ♪
IMG_3730



公園というか庭園になってて、周りも住宅地なので古戦場の趣はまったくないね。
IMG_3720
IMG_3722


信長がよく舞っていたといわれる「敦盛」。

フジテレビ『信長協奏曲』では小栗旬が「人間だいたい八〇年〜♪」と唱ってムーンウォークを披露してたけど、

『戦国鍋TV』の「敦盛2011」も良かったなあ。




ぶらり中央線の旅@東京→名古屋

2年くらい前に発見して驚いた、

「名古屋の中央線と東京の中央線はつながってる」問題。

250px-LineMap_Chuo_jp

2012年12月24日 名古屋の中央線


あの記事のときはまだ「理論的にはつながってる」という宇宙のワームホール理論みたいなものだったので、
http://ja.wikipedia.org/wiki/ワームホール


実際に乗ってみた。東京から名古屋まで中央線各駅停車の旅。

これが東京から塩尻経由で名古屋までの切符。
IMG_3683


いつものオレンジ色の電車に乗って、朝9時12分出発!!

いつも降りる立川を通り過ぎ、

いつも終点として駅名だけ知っていた高尾に到着。
IMG_3685


何だこりゃ?
IMG_3686



ここからは車両もこんなレトロな感じになる。当然ボックス席。
IMG_3687



八ヶ岳の麓の小淵沢で乗り換え1時間待ち。
IMG_3688


車内でも待合室でも仕事してるので、何時間かかっても全然平気♪
IMG_3692



折り返し地点の塩尻でまた1時間待ち。

JR東日本とJR東海の境目というのが色でわかる。
IMG_3699


えっ、まさか中央線のオレンジ色ってJR東海の・・・


信州なので蕎麦なんか食べつつ、
IMG_3696


鹿刺しってのを初めて見たので食べてみた。
IMG_3698


馬刺しとの違いがよくわかんないけど、美味しいよ☆

ただ、馬刺しと鹿刺しの値段が同じなので、レシートがこんなことに。
IMG_3700




塩尻からは木曽山脈(中央アルプス)と飛騨山脈(北アルプス)の間を木曽川沿いに進んでいく。

夕焼けの中央アルプスはキレイだったけど、写真取り忘れた。。。。



夜8時、名古屋に到着!!

しかも出張の度にきしめん食べてた中央線8番ホームに帰って来た!
IMG_3705




本当に東京のワームホールは名古屋のワームホールにつながってたんだねえ。

11時間かかったけど。全然ワープじゃないけど。

幕張→浜松→秋田→青森→大宮

「出張行ってもらえますか? 神田外語大学なんですけど」
「はい! よろこんで♪」


何も知らないとさ、「神田」にあると思うよね。東京駅の次の駅。



・・・幕張ですかい?!
29




スタッフのTシャツ着た学生に声をかけられて、

「横須賀の高校でお世話になりました! おかげで小論文で受かりました!」

おー、横須賀! 俺も懐かしい!
あの頃はこのブログでも横須賀ネタを書いてたなあ。
2010年02月08日 横須賀Baby
2010年01月25日 スマイリーケーキ
2012年05月20日 帝国海軍鎮守府発横須賀海軍カレーを添削してみた


てか、東京湾の対岸までよく来たね(笑)

見てたら会場の準備とかお客さんの誘導とかテキパキやってて、あのカオスなクラスからこんなデキる人材が育ったことに感動しちゃったよ。




幕張の後は浜松。

去年の夏は危うく野宿になりかけた挙げ句、ものすごい安宿に泊まったので、
2013年08月06日 浜松で野宿?!

今回は奮発してオークラアクトシティに泊まってみた☆

40階の部屋から見下ろす、中途半端な夜景。
IMG_5785




浜松に来たら、うな重食べないとね。

ご飯の下からさらにうなぎが!

IMG_3054



掘っても掘っても何かが出てくる・・・この本を思い出した。






浜松の夏期講習が終わったら、その足で秋田へ。

IMG_3059


浜松を出るのが6時11分で、秋田に着くのが23時53分。

途中、東北の豪雨地帯を無事抜けることができるのか?

この時期の依頼の電話で「時刻表の上では大丈夫ですから」とか「物理的には移動可能です」とか言われるのには慣れてるぜ。



秋田といえば稲庭うどん、稲庭うどんといえば七代佐藤養助。
IMG_3067


そしたら、今回の生徒の中にここの九代目がいた! ピッチャーのイケメン。

じっちゃんの名にかけて、いい答案を書いてくれ。




青森での初日。一瞬だけ夕立が降って、そのあと虹。
IMG_3072


東京と違ってビルがないから端から端まで全部見える。大きすぎてiPhoneには収まらなかった。

虹の根元ってあるんだね。初めて見たよ。
IMG_3074





で、大宮に戻ってくると実感するんだけど、

田舎は空気の匂いが全然違うね。肺が解放された気がしたよ。

執筆だけで食えるようになったら青森に再移住するぞ。

いやむしろネットの環境さえ確保できたら湯沢が一番いいかもしれない。静かで物書きに専念できそう。

え、雪?

いやいや、そんなのぜんぜん平気平気♪

(と、夏の間は思うんだよなあ)



千葉大の前のインドの店

IMG_3909

ほうねんそ
とチキソカレ

インド感が溢れてるね(笑)
昔シタール弾いていた者としてははずせない。次回千葉に来たとき寄ってみよう。



なぜ千葉に来ているかというと、公務員試験予備校の授業があるから。
IMG_1450

2013年03月11日 千葉〜多摩〜盛岡

そのうち公務員試験の論文の参考書を出したいね。

従来の公務員試験の本とは全っ然ベクトルの違うものになると思う(笑)

『小論文のオキテ55・上級編』に公務員試験を含めるか、まったく別の本として出すか、現在思案中。。。

(おっと、その前に現代文の参考書を2月までに書かなきゃいけない)



大学受験予備校、公務員試験予備校、さらには社会人対象のセミナーと、いろんなところに顔を出していると、

やっぱり会うんだよ。

「高校時代に授業を受けた」って大学生に。



「ハイテンションと、髪型とんがってるのとですぐ気づきました!」



って、ポイントはそこか? そこなのか?




帰りに水道橋駅前で見つけたのが、こちら。

IMG_5572

マ・・・サジ。

クイックは正しく書けてるのに、惜しい。





Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ