眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

映画☆音楽♪ファッション

成功の理由は本人がよく間違える

え、『フォースの覚醒』まさかのオスカー無冠ですか?

でもいい。賞なんかなくてもいい。

俺たちのスターウォーズが帰って来てくれたから!(感涙)






改めて振り返っても、

エピソード1〜3(アナキン三部作)は黒歴史だよねえ。

ダースベイダーの生い立ちって意味じゃなくて、ルーカス先生がCGの暗黒面に墜ちたという意味で。





でも、コンテンツを作る人間としてはあの失敗作から学ぶことは多い。

「成功した理由」を自己分析するって難しいんだよ。




旧三部作(エピソード4〜6)が画期的だったのは、

SFなのに未来じゃなくて「A long time ago」だったり、

SFなのに舞台が砂漠や雪原や森の中だったり、

SFなのに柔道着みたいの着てたり、

SFなのに戦い方がチャンバラだったり、

SFなのに宇宙船がボロかったりと、

SFなのに黒澤映画だったところだ。




そりゃ当時のファンや批評家は「特撮が凄い」という点を褒めたさ。目立つもん。

でもそれは、いくつもある要素の一つに過ぎない。



なのにルーカス先生、「よっしゃ、期待に応えてフルCGぶっ込むぞ!」って。。。






これとよく似た現象が、1993年のYMO再結成。
TECHNODON
イエロー・マジック・オーケストラ
EMIミュージック・ジャパン
1993-05-26




実は1978年にYMOがデビューしたときの衝撃って、

中国音楽、アラブ音楽、沖縄民謡、ゲーム音、スカ、ニューウェイブ、ファンク、ベンチャーズ、ビートルズなどなど、いろんな音楽をごちゃ混ぜにした耳新しさだったはず。
Yellow Magic Orchestra
YMO
Epic Europe
2004-02-02

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
Yellow Magic Orchestra
ソニー・ミュージックハウス
2003-01-22


当時まだ珍しかったシンセサイザーやコンピュータの打ち込みも「いろんな音」の一要素に過ぎなかった。
(細野先生は生でベースを弾いてたし、渡辺香津美、大村憲司、高中正義、鮎川誠とギタリスト勢がそりゃもう豪華すぎ)



なのに「YMO=電子音楽」みたいな世間のイメージに引っ張られて

再結成でも「テクノ」って。。。

すでにシンセもサンプラーもシーケンスソフトもパソコンも一般家庭に普及していて、テクノなんてアマチュアでも作れる時代になっていたのに。



「目立つ特徴」と「売れた理由」は違う。

成功した本人ですら、間違える。

自己分析って難しいなあ。。。



どのビジネスにも言えることなのかも知れないけど。

公務員試験 無敵の論文メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2016-02-09

時給のためにバイトするな

4月から大学生になる人はアルバイトをするだろうし、

卒業した人はそれぞれの職業に就くだろうし、

みんな何らかの形で働くよね?



正規雇用か非正規雇用かというのは現時点での状態に過ぎなくて、

働く人間はもっと根本的なところで二種類に分けられる。

それは

「ノルマをこなす人」と「付加価値を生む人」。



ノルマをこなす人というのは、たとえば時給1000円ならとりあえず1000円分の仕事をしました、終わり。という人。

運べと言われたから運びました。
コピー取れと言われたからコピー取りました。
ラーメン作れと言われたからマニュアル通りに麺茹でました。
1時間オーバーしたんで残業代下さい。




これに対して「付加価値」というのはノルマ以上の何かのこと。

運べと言われたので、お客様が受け取りやすいように運びました。
コピー取れと言われたので、会議ですぐ使えるよう並べておきました。
ラーメン作れと言われたので、「美味い!」と言われるものを作りました。
1時間オーバーしてやっと納得いくものができました。




どっちも次の給料日に振り込まれる額は同じだけど、

他の仕事を依頼されたりよその職場に誘われたりして、将来的に収入が増えるのは明らかに後者。

(俺は自分が関わる仕事でやっつけ仕事した人とは2度と組まない。その代わりいい仕事してくれた人は次も指名でお願いする)





もちろん、どっちの働き方を選ぶのも自由だけどさ。




なぜこんな基本的な話をするかというと、

人間はうっかりするとノルマモードになってしまいがちだから。



時給や月給を意識しすぎると、「給料分汗かいたからもういいや」みたいになってしまう。

特に経済的に余裕のない時ほど陥りやすいから気をつけろ(笑)

そのうち「1分あたり16円」「お辞儀1回5円」「1文字0.2円」みたいな計算をし始めるんだよね。

貧乏スパイラルから抜け出したかったら、給料分汗をかくのではなく、付加価値を生もう。






もっとも、次のステップとして、その「付加価値」が相手のニーズに合っているかどうかって大問題があるんだけど、その話はまた今度☆




これから就職なりバイトなりする人におすすめの本がこちら。

千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)
安田 佳生
サンマーク出版
2008-08-05


この著者、この本出した後で自分の会社潰しちゃったんだけど(笑)

でもキャリアを積むためには「自己投資」が何よりも大事ってことがよくわかる一冊。




働く女子に絶大な支持を得ている映画といえばこれだよね。

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]
アン・ハサウェイ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18


でも男女問わず、「仕事の面白さを見つける」方法がよくわかる。




これは・・・紹介していいものかどうか。。。
ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]
レオナルド・ディカプリオ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-11-26


悪徳証券会社の話で、半分くらいのシーンがドラッグと乱交パーティー、台詞の4語に1回は「fuckin'」というメチャクチャな内容。

でも、全社員を前にしたディカプリオの演説シーンは凄い。

「土下座就活」で萎縮しちゃった人はこれ観て脳天かち割られるといいかもしれない(笑)

ホテルに着くと真似してしまう映画2本

国公立大学を受ける人は絶賛移動中かもしれないね。無事ホテルにはたどり着いたかな?



最近まで週の半分ホテル暮らしだったけど、ホテルに着くと真似したくなる映画があるんだよ。

ダイ・ハード2 [Blu-ray]
ブルース・ウィリス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-10-12


トランスポーター3 [Blu-ray]
ジェイスン・ステイサム
角川映画
2011-03-18




「ダイ・ハード2」で、テロリスト達が教会を占拠するシーン。

玄関に出てきた教会の管理人を射殺して中に入ると、仲間がコンピューターやディスプレイをてきぱきとセッティングして、空港の管制塔と同じシステムを組み上げてしまう。
diehard-2

で、航空機との通信を乗っ取って墜落させるという話なんだけど、


この機材をセッティングするシーンに痺れる♪

いかにも元軍人って感じの無駄のない行動。カッコイイ。



だから今でもホテルの部屋に入ると最初にテーブルの上のファイルとかメニューとかお茶とかを一気に片づけて、パソコン開いてアダプターとLANケーブル挿して仕事の資料並べて、仕事環境をまず作る。

上着を脱ぐのはそのあと。



最初にこれやらないでベッドにゴロンとしてテレビつけちゃうと、そこで生産活動終了(笑)

地方の番組って、珍しいから夜まで観ちゃうんだよね。








もう一つの「トランスポーター」。

主人公のフランクはいつも黒スーツに白いワイシャツに黒ネクタイ(時計はパネライ)でビシッと決めているんだけど、

毎度毎度、運び屋仕事の途中で敵に襲われて戦うんだよ。こんな感じで。
More-Transporter-3-Fight-Scenes



でも敵を倒したあと、車の後ろのトランクから全く同じスーツが出てきて、ピシッと着替えて仕事に戻る。

洗濯したり何着るか悩んだりしない。

同じものが出てきて着替える。それだけ。

このシステムに痺れる♪




この真似をするといっても毎回新しいスーツを新調するわけにはいかないけど、

ホテルに着いてパソコン周りのセッティングをしたら、

泊まる日数分のスーツとシャツをハンガーにかけてスタンバイ。

しかも全部3ピースのスーツに青系のネクタイなので迷う余地がない。

長く泊まるときはホテルのクリーニングに出しちゃえばまとめて透明な袋に入って届くので、さらにトランスポーターに近づくね(笑)





要は、環境をシンプルにしたいんだよね。

観光で行くなら話は別だけど、仕事とか受験でホテルに泊まるなら集中を妨げる要素は最初に片づけてしまった方がいいと思う。



というわけで、慣れないホテルの受験生は

環境整えていいパフォーマンスを叩き出そう☆





最近のヘビロテ2枚

シーナ姉さん、バレンタインデーが命日になるなんて

最期までかっこよすぎる(涙)



ただの偶然なんだけど、年明けからずーっとリピートで聴いてたのがこの2枚。



スネークマンショー (急いで口で吸え!)
スネークマンショー
Sony Music Direct
2003-11-27





平成生まれのみんなはスネークマンショー知らないだろ?

小林克也と伊武雅刀によるコントと超ハイセンスな選曲の音楽が交互に詰め込まれた80年代の名盤。



これに収録されていたシーナ&ザ・ロケッツの「レモンティー」がかっこよかったなあ☆



当時は子供だったので歌詞がエロいということには気づかなかった(笑)



さっきの「シンナーに気をつけろ」は誰でもわかるネタだけど、次のを理解するには「70年代=パンクとハードロック、80年代=ニューウェーブ」という音楽史の教養が必要だ。




喋ったり書いたりする仕事していると、自分の根っこの部分がスネークマンショーに影響されているのがわかる(笑)







で、もう一枚のヘビロテが『信長協奏曲』のサントラ。

サントラ盤って、オープニングテーマ以外は単なるBGMか効果音的な捨て曲だったりすることも多いけど、

このアルバムはどの曲もBGMじゃなく一つの楽曲として聴く価値ある。




一番好きなのはこれだね。信長と帰蝶がやりあう場面のBGM。

冒頭はコミカルな時代劇っぽいのに、聴いているとコード進行とメロディーがちゃんとラテンになってる!


和とラテンのハイブリッド。

社交ダンスの世界大会なんかに出るなら絶対この曲を選ぶね。
(そんな趣味はないけどさ・笑)



男と女の駆け引きは大学に入ってからのお楽しみとして、

受験生のみんなはこれ聴いて出陣しよう!!

大人の仮装パーティー

毎年この時期になると著者が集まるパーティーに呼ばれるんだけど、


今年届いた招待メールに書いてあったドレスコードが



「仮装」



さて、どうするべ?


そういえば4歳の甥っ子がしょっちゅう仮装している。

インターナショナルスクールは文化祭がハロウィンを兼ねてて盛り上がるんだよ。

こういうのは名人に聞くのが一番。




ねえねえ、どんなのがいいかな?




IMG_3600




これもありかもしれない。










で、結局どうなったかというと、

IMG_3602


右のタトゥーのお姉さんは、ボイストレーニングの先生MISUMIさん。

てか、それ仮装というより普段の衣装でしょ?

「自分」が伝わる声ヂカラ
大槻 水澄
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2011-07-16

「自分」が伝わる声ヂカラ
大槻水澄(MISUMI)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2013-02-04






左は目黒のラーメン屋「あいうえお」のマスター。

塩ラーメン専門店あいうえお

いつも著者パーティーにいるのに、本を書いている姿は見たことがない不思議な存在。





それにしても、こういう格好するのは何十年ぶりだろ?

(高2のとき、先輩のKISSのコピーバンドに入れられて以来)



普段の出版関係のパーティーだと「頭のいい著者」のフリを強いられて肩が凝るんだけど、

こっちの方が自然に振る舞えて気楽だったなあ☆

ネクタイ買うのは難しい

ちーさんから「男性用のスーツの選び方」についてこの記事の補足をリクエストされていたんだけど、

2008年07月23日 浪人生のためのスーツ入門

就活生および若手ビジネスマンは上の記事の通り「ジャストサイズの濃紺のシャドーストライプ」が正解。これは変わらない。



記事に補足するとすれば、「同じスーツを3着買っとけ」ということかな。

1着を毎日着続けると、汗や湿気を含むのですぐヨレヨレになってしまうんだよね。
シワもよるし、ズボンの折り目も伸びてしまう。

だから3着をローテーションするのがベスト。



ただ、複数買うとなると「違う色や柄じゃなきゃ」とか思っちゃうんだよね(笑)



でもいろいろ持っていても結局そのうちベストな1着ばかり着たくなるものだし、

毎日色と柄を変えても変えなくても、案外誰も気づかないもんだよ。

だったら毎日ベストの勝負服、しかも十分休ませてパリッとしているやつを着ていた方がいい。




同じ事はネクタイにも言えるんだなあ。

自分にとってのベストが見つかったら、同じネクタイを3本買ってしまうといいよ。

以前、しぎはら先生に選んでもらったのがシャルベというフランスのブランドの青。

ちょっとメタリックな感じの不思議な光沢があるんだよ。

後日、予備に同じ柄をもう一本買いに行ったら「もともと日本に数本しか入っていなくて、もう在庫が無い」と言われてしまった。

あれ以来、似たようなテイストのネクタイを探し続けているんだけど、いまだに見つからない。

ネクタイは一期一会だね。



ネクタイの柄についてはこんなサイトがあったよ。
覚えておきたいネクタイの柄の種類5つ(仕事用)
就活における『ネクタイ』の大切さと選び方




色の選び方に関しては、俺はアドバイスする資格がないんだな(笑)

以前はド紫のネクタイ(ポールスミス・コレクション)がトレードマーク的だったんだけど、

新聞記者の友人に会ったら「そんな派手な格好で仕事してんのけ?!」とえらく驚かれた。

しぎはら先生からは「あなたに紫は、にやける」と言われた。
(ここでの「にやける」は「男が女のように変にしゃれている」という辞書通りの意味)

他にもショッキングピンク(フェラガモ)とかライトグリーン(バーバリー・ブラックレーベル)とかオレンジ(エルメス)とか、原色の派手なネクタイばかり持ってるなあ。

普通の会社員なら、アフター5の合コン用だね(笑)



いまは「予備校講師」のときと「ビジネス書著者」のときでネクタイを使い分けている。

授業の後に出版関係の用事がある日は2本持ち歩いてるよ。


使い分けるようになってから、予備校講師モードの自分は埼京線の車内で浮いていることに気づいた(笑)


『その無難な服では稼げません! 朝5秒の鏡の魔法』

ついに大御所登場!

服飾戦略プロデューサーのしぎはらひろ子姐さん、いや先生。




ただの「ファッションアドバイザー」じゃないよ。

服飾「戦略」プロデューサー。


「似合う」「流行」「モテる」を一切無視して

「稼げる服装」を指南してくれる軍師。

別の言い方をすると「その人の本質や役割を正しく伝える服装」を教えてくれる先生。

テレビに出てるあんな人とかこんな人とかの服装をプロデュースしている、この分野の第一人者だ。



幸運なことに、以前から個人的にしぎはら姐さんとは知り合いで、大変お世話になっていたんだよ。


以前の俺のプロフィール写真。
鈴木鋭智 プロフィール写真2007

「髪型とメガネはいいんだけど・・・首から下が違うなあ」

えーっ、ダメっすか? 俺の勝負服。。。

何が違うのかに俺自身が気づくまで数年かかるんだけどね。


上の写真は上下スーツだけど、当時はたいてい上がジャケット、下がジーンズ。ほぼポールスミスかバーバリー・ブラックレーベル。メガネはプラダで時計はフェラガモ。あ、グッチの太い指輪もしてたなあ。出張のバッグはルイ・ヴィトン。

何?このブランド満載感(笑)

でも代ゼミ講師としてはよくある服装だったと思う。



「『塾の先生』ならジャケパンで正解なのよ。でも、えーちさんは違うんだよなあ」



実は、代ゼミの講師室でもだんだん違和感は感じ始めていたんだよね。

他の講師と人種が違うというか、ベクトルの向きが違うというか。

自分が好きなのは「客を集めて笑わせて沸かせて人気者になること」ではなく、

「まだ誰も解明してない攻略法を発見すること」だ。



ということを、新宿の椿屋珈琲店でカレー食べながらしぎはら姐さんに話したところ、

「でしょ?! あなたの本質って講師じゃなくて研究者なのよ! だったらそのメガネじゃダメ!」

IMG_1433

これもダメっすか? 角度によって黒縁にも青にも見えるCOMPLEX。気に入ってたのに。



それから伊勢丹メンズ館を上から下へと引っ張り回されて、

(しぎはら先生が現れると、各売り場の一番偉い人が飛んで来て、そのやり取りを若手の販売員が後ろから見学するという凄い光景になる)

できあがった姿がこれ。現在のプロフィール写真。
IMG_2375

メガネ:alain mikli
スーツ:CERRUTI 1881 の3ピース
ネクタイ:Charvet

ちなみに、恥ずかしながら以前の写真をもう一度(汗)
鈴木鋭智 プロフィール写真2007

いま見ると「こりゃねーわ」と思う(笑)


というのが去年の秋で、

それ以来「予備校講師っぽさ」は一切捨てた。

そしたらテレビとか雑誌とかビジネス書著者としての講演とかが増えて、確かに稼げたね(笑)

代ゼミがどうなろうと関係ない。



そんな「しぎはらメソッド」が詰まったこの本。

一応女性向けなんだけど、男性が読んでもしぎはら先生の思想は十分役に立つはず。

(ここだけの話、しぎはら先生ご本人は「メンズ向けも出す」とずっと前から宣言してるけど、忙しすぎていつ書き終わるかわからないことを俺は知っている)

だから男性陣もこの本を読んで、着替えて、稼ごう!


思考のムダを捨てる本

恥ずかしながら30歳までバンドをやってたのに、結局プロにはなれなかった。

もちろん才能も努力も覚悟も全然足りなかったわけだけど、

いま振り返ると致命的にトホホな間違いをいくつも犯してたんだよね。


オリジナル曲にこだわったり、
(ライブって、案外みんな知ってる曲の方が盛り上がったりするよね)

ギターの速弾きにこだわったり、
(イングヴェイ聴いて育った世代なので)

そもそもギター持つことにこだわったり、
(パソコンでオケ作ってるんだからギター要らないのに)

赤字でもライブやりたがったり、
(観客としてライブハウスで盛り上がるのは嫌いなのに)

プロになりたいとか言う割に東京に出て勝負しようとしなかったり、
(仙台ってアマチュアにとっては居心地いいんだよ)

20万円でドラムセット買った割には30万円のギター買うのためらったり。
(利益を生む投資だとは言い切れなかったんだと思う)



「こだわりが中途半端」って、成功しないパターンだよなあ(爆)



いまでも変なところにこだわる癖は抜けきってないんだけど、

同じ間違いをしないようには心掛けてる。

むしろ、ムダな努力を思い切って捨てるたびに物事がうまく回ってきた気がするなあ。



いま、小論文の授業で「正しくムダのない問題解決」を教えているけど、ここで役に立っているとすれば音楽人生もムダではなかったのかもしれないね。



そんな頭の中のムダを捨てたい人に読んでほしいのがこの本。




内容はもう、タイトルそのまんま。

なぜかムダな方向に頑張ってしまう関西弁の黄金崎くんが登場するけど、

昔の自分とか、あの人この人と重なって重なってやばいやばい(笑)

Stayin' Alive

草なぎ君主演のドラマ「37歳で医者になった僕」の原作者・川渕圭一さんの新作出版を記念して、

銀座天一そごう大宮店で乾杯。

窓際ドクター
川渕 圭一
幻冬舎
2013-10-24




あのドラマの主人公・紺野祐太の17年後・・・ではない。厳密には。
でも「あのドラマのその後」と思って読んでも楽しめてしまう不思議な設定。
川渕さんは飲むたびに「フィクションとノンフィクションの境目をいく」と意味のわからないことを言っていたけど、なるほどこういうことか。やっとわかった(笑)
2012年02月20日 『研修医純情物語』ドラマ化!!


本当は俺の『話し方より答え方』が台湾で出版されたことを自慢しようと思ってたんだけど、
2013年11月19日 『回話的藝術』台湾デビュー☆

なんと、川渕さんの『吾郎とゴロー』が既に韓国で出版されていた。悔しい!

2011年02月12日 イメージが変わりすぎる表紙


新作『窓際ドクター』、これ絶対ドラマ向きだと思う。

(とかいっても、過去に「映画化するべき!」と絶賛した『吾郎とゴロー』ではなく一番ドラマ的じゃないと思ってたデビュー作がドラマ化されたので、俺の予想はあてにならない・笑)


川渕さんの作品にはよくロックの名曲が登場する。

でもちょうど10歳違うので、ぶっちゃけ知らない曲も多い。
(イーグルスって「ホテル・カリフォルニア」だけの一発屋だと思ってたし)

今回の『窓際ドクター』に登場するのは映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサントラ盤。



1977年公開。小学生だったのでこういう映画は見てない。
ジョン・トラボルタのこのポーズも、むしろグッチ裕三がギャグでやってる印象の方が強い。

「『Stayin' Alive』、知らないの? あの映画のテーマ曲だよ」

辛うじて「テケッテッテ、テッテケテ」というイントロのリフしか思い出せない。。。



そしたら川渕さん、歌い始めたんだけど、

Aメロ・・・うーん、わからん。

Bメロ・・・あー、何か聞いたことある。

サビの前半「シェケシェケシェケシェケシェケシェケシェケシェケ Stayin' Alive Stayin' Alive」(←俺にはこう聞こえた)ああ、思い出してきた! 次はわかる!

「アッハッハッハッ Stayin' Alive〜〜〜♪」
と一緒に歌ったら、お店の人がやってきて

「『Stayin' Alive』ですよね? ビージーズの!懐かしい」

さすが同世代、話が通じてる。

(よい子のみんなは、天ぷら屋のカウンターで歌っちゃダメだよ)




ちなみに『サタデー・ナイト・フィーバー』と同じ年に公開された映画がこれ。
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]
マーク・ハミル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-09-13


そりゃ小学生はスター・ウォーズに行っちゃうよなあ。

「純と愛」最終回、よかったじゃん

何かと賛否両論だったNHKの「純と愛」。

まあ、NHKのドラマは何をやっても賛否両論になるんだよね。

というより、何をやっても文句をつける人が現れる(笑)
(俺も「鉄砲さ」問題で噛みついたから他人のことは言えないけど)




で、朝ドラらしからぬエンディングで波紋を呼んだらしい最終回。

俺は完成度の高い最終回だったと思うぞ。

愛くんが目を覚まさないことだけに注目したら不幸な話になるんだろうけど、

眠ったままの愛くんの周りでみんなの人生が動いていく展開(誠が人生の目標を見つけたり、セニョールとおかみさんが結婚したり)と解釈したら、逆にポジティブな話じゃん。


石像のように直立不動のマイケル・ジャクソンの周りで観客が狂喜乱舞していく『ライブ・アット・ブカレスト』のオープニングみたいな。

あるいは脳死状態の海江田艦長の心臓の音が中継されて世界中の原子力潜水艦が独立していく『沈黙の艦隊』のラストとか。





それに、いつもオープニングだった『眠り姫』のアニメーションをエンディングに持ってくるという手法も巧みだ。

あれで現実とファンタジーがいい感じにクロスして、現実には叶わなかったけど本人たちの夢(幻想)の中では幸せな結末という、不思議な不思議な余韻を残すんだよ。

毎朝見ていた絵本のアニメーションの意味が、最後の最後で覆される。

あの終わり方は最初から計算してたと思う。



『ビューティフルライフ』のエンディングでも、キムタクと車椅子の常盤貴子が実写でじゃれてるんだけど、最後に車椅子を置いて二人が走っていく風景だけはCGなんだよね。

ヒロインが死んじゃった最終回の終わりに見ると、そのCGの意味がやっとわかる。(現実にはあり得なかった光景だから、実写じゃない)




『純と愛』を純粋に映像作品として見たら、作り手がやりたい放題に工夫を凝らした面白いドラマだったよ。

NHKの視聴者には「受信料払ってんだから民放にできない型破りなことをやれ」という層(俺含む)と「受信料払ってるんだから真面目にやれ」という層がいる。

ときどき「賛否両論」が起こるのはその辺の構造が原因だと思う。



こういうときは、保守層を怒らせる方が正しい。

NHK、もっと暴れろ。
Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ