眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

カテゴリ: 質問とか人生相談とか

あ さんのリクエストで、
多摩美の小論文にざざっと目を通してみたよ。

多摩美術大学のHP
 →入試・入学案内
  →入試データ・過去問題
   →過去問題(参考作品集)
と進んでいくと、デジタルパンフレットが見つかる。

ていうか、このリンクで行ける。
http://www.tamabi.ac.jp/admission/data/past.htm

バックナンバーが1999年から揃ってるのがすごいね。




さて、多摩美の小論文の攻略法はというと、

前回の日大芸術学部と同じく、「クリエイター目線」。

形式でいうと、芸術学科だけは長めの課題文が出る。
他はキーワード型。
2017年の総合デザイン学科だけは「問題解決型」というちょっと変わった問題が出た。


内容を見ると、
どの学科も、これまで本気で作品を作りまくってきた人であることを前提として出題されている。

「美術の時間に2、3個作ったことあります」程度だと、たぶん話にならない。
作ってきた数とレベルによって「語れること」が違ってくるし、経験の浅い人が文章力でカバーできる話でもない。



自分も仙台に住んでいた頃はバンドやってたけど、
オリジナル曲作ってコンテストとか出て、行けたのが「東北大会で決勝進出」とか「地元のラジオに出演」までだったんだよね。微妙(笑)
そこまでのレベルでも言えることはあるけど、「メジャーデビュー」とか「東京のライブハウスで満員」なんてレベルの人と比べると明らかに音は違うし、メンバーに要求するレベルとか、出てくる言葉も違う。
てか、ポンポン生まれてくる曲の数が半端ねえ!


今は本を何冊か出版するようになったけど、
1冊出しただけでバンザイだった頃と、実際に売れて反響があってからと、何冊か出して売れたり売れなかったりを経験してからではそれぞれステージが違う。
(ときどき、1冊出しただけなのに「出版のやり方教えます」ってセミナーを始める人がいるんだけど、俺はやらないなあ。7冊出しても、まだ出版の世界の入り口しか知らないもん)



なんて、俺の話は置いといて。



まとめると、
1 クリエイターとしての経験値を積む。できれば賞とか取って「客観的評価」を獲得しよう。質で壁を感じたら数で突破しろ。
2 クリエイターの経験をどんどん言葉にする。自分よりレベルの高い人と話してみるのも大事。
3 過去問を一通り見て、いろいろ書いてみる。
4 いい先生に添削してもらう。文章を直されるというよりは、客観的な視点をもらうという姿勢でいた方がいい。



ちょっとは参考になったかな?






鈴木鋭智です。

コメント欄で あ さんから日大芸術学部・推薦の小論文について質問をもらったので、ここで答えるね。

日大芸術学部の小論文には3つのタイプがある。
・課題文が与えられるタイプ
・キーワードが一語与えられるタイプ
・写真や絵を見て何か書くタイプ

どれが出るかはわからないけど、いずれにせよ大事なポイントは2つ。

1 出題意図を推理すること。

2 クリエイターとしての意見を普段から持っておくこと。



この2つはつながっているので、説明しよう。

例年の出題を見ると、
2013年の映画学科では「企業と文化」という本からの課題文。
同じ映画学科の2010年は「聞き上手、話し上手」というキーワード。

出題形式は違うけど、いずれも映画とか映像と関係あることに気づくかな?

企業が作るCMが文化を変えることもある。
ディズニーみたいに巨大企業が映画も文化も作っている場合もある。
最近のスター・ウォーズみたいに、企業が勝手なものを作ると昔からのファンが怒り出すこともある。

聞き上手というのは、特にドキュメンタリーの映像を撮るときには不可欠。
いい芝居を撮るためにも出演者やスタッフのコミュニケーションはとても大事。


ほら、映像を作る立場に立つと切り口がいくらでも出てくるテーマなんだよ。

「企業」だからといって経済の話を書かなきゃいけないわけじゃないし、
「聞き上手、話し上手」といっても友達との思い出話が求められているわけじゃない。



何が出ても「クリエイター目線」で出題意図を考えよう。



となると、普段から「クリエイター目線」を養っておく必要があるよね。

映像、演劇、音楽、文芸、絵画、彫刻・・・・あ さんの専門がどれかは知らないけど、

いままで作品を作ってきたなら、いろんな難しさとか面倒とか迷いとかあったはずじゃん。

一人で作るだけじゃなく、仲間と共同作業したり、作品を発表して評価にさらされるときの苦労もあるはず。

それらを上手に乗り越えたこともあれば、うまくいかなくて後悔していることもあるだろう。

「次にチャンスがあればこうしたい」という思いもあるかもしれない。



そういう経験を言葉にして整理しておくことが大事。

そのために、過去問数年分で書いてみるといいかもよ。
同じ問題は二度と出ないけど、いろんな角度から自分のクリエイター体験を言語化する練習になる。



よく役者やアーティストがインタビューされてペラペラ名言を繰り出しているけど、

あれは普段から飲み屋で演劇論なり音楽論なりを語り合っていて、言葉にしているからだ。

言葉のストック(引き出し)がたくさんあるんだよ。



ただし、「努力は裏切らない」とか「諦めたら試合終了」みたいな手垢にまみれたフレーズを借用しちゃいけないよ。

「自分はこんな作品を作って、こんな経験をした」をディープに振り返っていくと、自分にしか語れない何かが見つかるはず。




実際に答案を書くときの構成は、ざっくりした例だけど次のとおり。

第一段落:問題点 ◯◯には△△という難しさがある
第二段落:原因  その本当の原因はこれだ
第三段落:解決策 だからこうすればいい、こうしたい、こうあるべきだ



ま、他にわからないことがあったら『小論文のオキテ55』を読んでくれ!



もし、あ さんが哲学的思考にハマりやすいタイプの人なら『ミニマル思考』で整理するのもオススメ。





それから、もしまだ時間があるなら高校生活最後の作品で実績を残そうぜ。

趣味で作るときと、コンテストや賞を本気で狙うときでは「クリエイターとしての経験値」が全然違うからね。



とか言いつつ、

俺自身もいま次の参考書の仕上げ中だよ。

次の本ではプレゼンテーションとディベートの常識を覆そうと思ってる。

でも、ものを作るってのは・・・楽じゃないよね(笑)


迷うところだよねえ。。。

B大学の指定校推薦の枠をもらえるけれど、

一番行きたいのはちょっと無理めなA大学ってケース。



無難な方をとってB大学にするか、

浪人覚悟でA大学にチャレンジするか。



これが自分の話だったら迷わずハイリスク・ハイリターンを狙うけど(笑)、

生徒の相談だと無責任なこと言えない。

だって浪人できるかどうかは家の事情にもよるし、

浪人してA大学に入れるという保証もないからね。



だから結局「ご両親とよく相談して、自分で決めなさい」と言うしかない。



もっとも、一つの目安として言えるのは

「そんなに嫌がるB大学は、一般入試で入れるところなのか?」(・・;

普段の成績によっては、ありがたく指定校の枠をいただいておけって話にもなる。



どっちが正解なのか試してみないとわからないという点で、これはギャンブルだ。

そもそも何学部に進むか、推薦か一般入試か、どの会社に就職するか、会社を辞めるか辞めないか、この人と結婚するかしないか、どの会社の株を買うか、ローン組んでマイホームを建てるか建てないか・・・これ全部、不確定な未来を選択するという意味で立派なギャンブルだよね。

ギャンブルといえば、こんな記事も。
2008年05月06日 保険と年金の正体
2011年06月27日 東京電力の株主総会

競馬やパチンコだけがギャンブルじゃない。




ギャンブルって、性格が出るよね。

常にローリスク・ローリターンを選ぶ人、

逆にハイリスク・ハイリターンばかり狙う人、

周りの人が言うことに乗る人、

誰も賭けない方にばかり賭ける人(逆張りという)。

負けると他人のせいにする人。



受験の際の選択の仕方は、大人になって競馬をやるときや人生設計を立てるときも変わらないんじゃないだろうか?



だとしたら、A大学の公募推薦かB大学の指定校推薦かの結論を出す前に、

自分のギャンブルの癖を自覚してみるといいかもしれない。

自分とは違う賭け方をする人間がいると考えると、いまよりも客観的に判断できると思うよ。



ちなみに俺は競馬もパチンコもやらないけど、それは出版の方がずっと確率が低くてハイリターンなギャンブルだからだ。

てか、予備校というもの自体がリスクだらけ(以下略)






バイク王さんからの質問。同じ悩みの受験生も多いんじゃないかな。

最近、志望校(gmarch)レベルの問題に取り組むのですが、時間を気にせず解いても5割強〜6割で安定してしまいます。
夏ももうすぐ終わり、合格ラインの7割以上で安定させたいと思っているのですが、なかなか上手くいきません。特に2択まで絞って不正解の方を選ぶということが頻繁に起きます。
自分としては引き続き問題を解いて解説をじっくり読むということを繰り返すしか思い浮かばないのですが、今後の取り組みに関して注意すべきことなどを教えていただけないでしょうか。


2択まで絞れるようになったということは、本文はかなり読めるようになった証拠だ。

努力はちゃんと実を結んでるよ!!




出題者の「腕の見せ所」は間違い選択肢をいかに巧妙に作るかというところにある。

ということは、間違い選択肢の作り方を知っていれば罠に引っかからずに済むということだ。




【出題者がよくやる、間違い選択肢の作り方】

1 目的語(〜を、〜に)を省く、あるいは別のものにすり替える。

英語の5文型(SVOOとかSVOCとか)が苦手な人は、日本語でも目的語に鈍い。
だから「自文化を再認識する」と「歴史を再認識する」が並ぶと「再認識する」だけ見て同じだと思ってしまうんだよね。


2 傍線部の直前直後にヒントがある。

出題者はわざと短く線を引く。長く引くとヒントがバレてしまうからだ。
「傍線部A『人はその環境に耐えられない』とはどういうことか」という問題の場合、傍線部を含む一文を最初から読むと「前者の場合、人はその環境に耐えられない」と書いてあったりする。こうなると「前者」を正しく書いてある方が正解だ。


3 設問の中に条件がある。

「傍線部Bにおける心情の説明として…」と「傍線部Bにおける心情の動きの説明として…」では問われていることが違ってくる。
「心情の説明」だけならこの時点での気持ちだけになるけど、「心情の動き」とはすなわち「心情の変化」なので、たぶん本文前半にはなくて後半で初めて生じた気持ちが問われているはずだ。前から生じている気持ちはアウト。



4 一見似ているけど、よく見ると意味の違う言葉。

「太陽とのかかわり」が正解なのに「環境とのかかわり」とか書いてあるやつ。「環境」には太陽以外に空とか海とか山とかも含むのでイコールじゃないよね。


5 因果関係がおかしい。

「人類は言語を持ち、火を使えるようになった」と「人類は言語を持ったので、火を使えるようになった」では意味が違うのわかるかな?
因果関係がないものを「〜ので」「〜によって」でつないでいたり、原因と結果が逆になっていたりする。


6 100パーセント限定する言葉に注意。

「常に、必ず、絶対、すべての」のように100パーセント決めつける言葉があったらまずアウト。
1つでも例外があると崩れるからね。
(理由があって本文中で断言していれば別)



7 白黒つかない表現があったら、他の部分に致命傷。

「高校時代」が「少年の頃」に含まれるかどうかは「少年」を法的に解釈するか一般的なイメージで捉えるかによって変わる。
こういう「どちらにもとれる」表現で迷って時間を奪われるのは出題者の思うツボだ。
選択肢の他の部分に明らかな間違いがあるので、さっさと他を探そう。




ここまでいくつ書いたっけ?

今日のところはここまで。他はまた後日。

就職活動を始めるシン・カエンさんからの質問。
僕もいよいよ就職活動が始まるのですが、左利きということもあり、履歴書の文字がよくかすれてしまいます。また力み易く、文字も安定しないのです。

色々とペンを試してはいるのですが…

おすすめの書き方や文房具があれば是非教えて下さい!
出来れば、安いので(笑)


左から右に書く日本語や英語の場合、右利きの人は書いてない方に手が移動するので問題ない。
でも左利きの人は書いた字に手が乗っちゃうんだよね。

そこで、実験してみた。

右利きの俺にとっては右から左に書くアラビア語やヘブライ語を書くときが同じ状態。

このとき、ペン先が上(前?)を向いていると、書いている行に手がかからない。
IMG_1456


ところがペンを内側に握り込む人だと、書いている行に手が乗ってしまう。
IMG_3103


2種類の持ち方で書き比べた結果がこちら↓
IMG_6641

下の文字がこすれて汚れているのがわかるかな?

俺もやってみてわかったけど、内側に握り込むと余計な力がかかるし、書いている字がよく見えないので字の向きも大きさも安定しないよね。


【結論】ペンの持ち方を変えてみよう。




就職活動で大事なのは、あんまり自分を追い込まないことだね。

「入れてもらえなきゃ人生終わりだ(泣)」とか思っちゃうと、心が卑屈になってくるし、それは面接のとき顔に出る。

「御社に見る目がなければ自分で会社立ち上げますが、何か?」くらいの気構えを持とう。

実際この起業マインドを持っていると、エントリーシートを書く段階でアイデアがポンポン出てくるんだよ。

dubさんから相談があったのでここで答えよう。

こんばんは。医学部志望の一浪なんですが、思うように勉強が進まずイライラして煙草を吸ってしまいます。煙草を吸っても何も解決しないのは分かってるんですが、何と無く煙草を吸った後は勉強のやる気が出る気がします。科学的には煙草は脳に悪いと聞いているのでやめたほうが良いのは分かってるんですが、一本も吸わないと落ち着かないです。浪人中だけはストレス解消のために今のままで良いですかね・・・勿論先生という立場上反対するのは当然だと思いますが、鋭智先生でしたらどうしますか?


もしdubさんが「健康で長生きしたい」だけの人なら、受験のストレスも身体に悪いのでタバコも受験もやめてしまえ。

でも「早死にしてでも何かを成し遂げたい」人なら話は別。タバコ吸った方がいい結果出せるのなら、吸えばいい。吸わない方が結果出るなら、やめればいい。

その辺はほら、医療の世界でいう「自己決定権」ってやつだよ(笑)




俺はむしろ「思うように勉強が進まずイライラ」してることの方が気になるね。




勉強が進まないって何?

問題が解けないのか、暗記しても忘れてしまうのか、つい他のこと考えて集中できないのか、ノルマが多すぎてこなせないのか。

一番イライラするのは「進まない」ことの全体像を自分で把握できていない状況だよね。頭の中にモヤモヤが残って四六時中気になる。

ニコチン吸いたくなるのもわかる(笑)



まず「進まない」状況を具体化しよう。ノートに言葉で書き出して「見える化」しよう。



俺は受験のとき「suggest」という単語が何度引いても覚えられなくて、こういう「よく出てくるのに覚えられない奴ら」だけのリストを作ったよ。ブラックリスト。

リストを作ったら、一気に覚えちゃったね。「覚えられない奴ら全員」を見える化したのがよかったんだと思う。

あの時は快感だったな。モヤモヤが一気に晴れたもん。

たぶんタバコ吸うよりスッキリすると思う。



まず、イライラの原因を言語化しよう☆

今月、なぜか2回連続でイタリア人の悪口を書いてたら、
2012年01月11日 Do as the Romans do.
2012年01月13日 運の貯金を下ろそうぜ


1月13日、スケッティーノ船長降臨!!

CostaConcordia_G_20120117050824



事故後まっさきに逃げ出したとか、マンマに電話して「ボク頑張った」と言ったとか、無線で「船に戻れ」と怒られたとか、船に愛人を連れ込んで事故当時ワイン飲んでたとか、座礁後もデザート待ってたとか・・・

ホントか嘘かわからないような話が次々出てくるねえ。

さすがイタリア人!期待を裏切らない(笑)






1月8日には線路を横切って隣のホームに移動して駅員に怒られた男が「俺は東大生だ!おまえとは格が違う!」と殴りかかって逮捕。

せっかくだから彼には「東大」の無駄遣いを貫いてほしい。

犬に吠えられたら「俺は東大生だ!」

Suicaが引っかかっても「俺は東大生だ!」

担々麺が予想以上に激辛だったときも「俺は東大生だ!」

世の中には「勉強できる奴には何かが欠けていてほしい」という期待があるんだよ。

その期待を裏切らない役が一人は必要だ。




AKBのさしこ。

喉の不調でレコーディングが遅れ、主演ドラマの第一回で主題歌が流れないw

見事だね。わざとじゃないかと思うくらい、期待に応えてる。




みんなすごいよなあ。

世間から与えられた役回りをちゃんと演じてる。期待を裏切らない。




たぶん、人は誰しも学校とか職場とか社会とかの中で何らかの役回りを与えられていて、何らかのリアクションを期待されているんだと思う。



翻って、俺はどんな役を与えられて、どう振る舞うことを期待されているんだろう???

ときどき考えるんだよね。いまだによくわからない。。。

センターの後の出願校の選択って、性格出るよなあ。


判定見て安全な大学を選ぶ人と、

親の忠告も無視して冒険に突っ走る人(笑)



どっちも正しい。

単に好みとか性格の問題。

何かあったとき、人間のリアクションはこの二つに分かれるもんだ。
(だから人類という種族が生き残ってこれた)




ただし、どっちを選んでも大事なのは「人のせいにしない」こと。




選んだ答えを「正解」にするまでを自分の責任という。

そもそも他人のせいにする奴はどれを選んでも成功しないって(笑)




「出した答えは自分の責任」に納得できなかったら、


せめて「出ちゃった答えが天の声」くらいに考えようぜ。

今年もそろそろこのスレを立ち上げるか。

勉強、進路、人間関係の悩みなどなど、何でも相談してくれ!
答えられる範囲で答えるぜ。



ただし、条件が。

・自分で考えるべきことは質問しない。
(この英文を訳せとかいうのは無しね)

・倫理的、法的にやばい話はここではなく、メールで。
(去年は爆弾発言が飛び出して冷や汗かいたぜ)

・他人の悩みに横からチャチャを入れない。
(応援とか、先輩大学生からのアドバイスとかならOK)

・俺に立派な回答を求めない。
(俺は美輪さんではない)


よろしくっ☆

8月も下旬にさしかかって急に不安を感じ始めた受験生のみなさんのために

悩み相談コーナーを作ったら、みんな何か書くかな?どう?

というわけで、何かあったら以下のコメント欄にどうぞ。


ただし条件が。

1 浪人生、高校生、大学生限定。(だから寺田さんあたりが「どうやったらもっと本が売れるでしょうか?」とかいうのはダメ)

2 勉強や生活の上でのお悩み限定。(「琵琶湖にいるフナの数を数えてこい」とかいうのもダメ)

3 俺に素晴らしい回答は期待しない。(霊界からの泣けるメッセージとかはまだ無理)

4 あまりに個人的な話や倫理的・法的にやばい話はメールで。

このページのトップヘ