眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

大学入試・現代文

センター廃止後のなんちゃらテストの行方

センター試験を廃止して、その代わりに導入しようとしている新方式のテストの案が公開されているけれど・・・
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」 で評価すべき能力と記述式問題イメージ例 【たたき台】

こういう「総合的な思考力を測る記述問題」って、

既に「小論文・総合問題」という形でやってるやつだよね?
AO・推薦入試でも国公立の後期試験でも。



だから、やったらどうなるかという結果はとっくに出ている。

結論から言うと、たぶんグダグダになって終わる(笑)



小論文・総合問題には2つのタイプがあって、

タイプA いわゆる地頭力のある生徒は問題の核心を見抜いて正解できるけど、そうじゃない子は的外れで凡庸な答案になってしまう問題。

タイプB 「この課題文を読んで思ったこと書け」的な、誰でもそこそこの答案が書ける問題。



タイプAの中でも「名作」は特に理系学部に多くて、

金沢医科大学が出した「ヒキガエルがどうやって池の位置を知るのか、実験結果から3つの仮説を検証する」とか

福島県立医科大学の「いくつもの統計資料から日本人の自殺の原因を考察させるけど、資料をちゃんと読むと不況とも高齢化とも健康問題とも特定できない(答え:誰にでも起こり得る)」とか

学校のお勉強をちゃぶ台ごとひっくり返す難問が過去にはあったんだよね。

解けると超快感☆

これが楽しくて10数年も小論文を教えてきたようなものだ。




ところが・・・

せっかく「名作」を出した大学も3年くらい経つとタイプBの凡庸な問題に戻ってしまってガッカリすることが多いんだよなあ。。。


理由はいくつか考えられる。

1 ズバリ正解を答える受験者が少なすぎて、大学が諦めた。
2 ネタが尽きて、出題者が諦めた。
3 単純に、出題者が凡庸な人に変わってしまった。



英数国のテストなら平均点を中心に得点が分散する「正規分布」になるけれど、
正規分布

小論文や総合問題で「ズバリ正解」が存在するものを出すと「ズバリ正解の高得点グループ」と「凡庸な答えの低得点グループ」にはっきり分かれてしまう。

代ゼミのクラスで出題したら正解者が50人中2人とかだったので、実際の入試でも「ズバリ正解の高得点グループ」では定員枠が全然埋まらなかったことは十分想像できる。

で、凡庸な低得点グループの中での評価は「見抜いたかどうか」ではなく「文章が上手いかどうか」みたいな微妙なところに収束していく・・・。

知恵を凝らした出題者はガッカリだよね。



大学の選考基準が「何点以上」ではなく「上位何人」である限り、頭の切れるトップ層を想定した入試問題は役に立たないんだよ。



てなわけで、果たして新型テストは

センター試験に匹敵するクオリティで出題し続けることができるのか?

それとも大多数の受験生に合わせて凡庸な問題に収まってしまうのか?




センター試験廃止の理由がいまだにわからない件

「センター試験のマークシートはよろしくないから廃止しよう」とかって

言い出した文部科学大臣は私大出身なので知らないんだろうけど、



センター試験の問題って、ものすごく良質だよね。

点数と偏差値がはっきり実力に比例するもん。



現代文に関していうと、受験生の読解力や注意力を見抜いた上で問題を作っている。

「ここに目を奪われた人は2番を選ぶし、ここをこっちの意味で解釈した人は3番」みたいに。

4つの間違い選択肢それぞれに「こんな読み方する奴、いるいる」という要素が詰め込まれていて、研究すればするほど面白い。


小説も、読み手のセンスとか共感力とかは求められてないからね。

はっきり書かれている手がかりを拾うことができるかどうか、それを論理的に解釈できるかどうか、そこだけだ。

リクナビ進学ジャーナル「センター試験の国語がスゴい! 意外と多い珍問題」


その点、私大の問題は小細工で紛らわしくするだけで、「間違い選択肢のクリエイティビティ」が欠けているよなあ。。。

もっとも私大は全学科×(A日程B日程C日程+地方会場)と毎年何十問も作らなきゃいけないので、1問あたりに投入できる時間と人数が限られるのかもしれないけど。


もしセンター試験を廃止して年に数回のなんとかテストに移行した場合、
この「1問あたりに投入できるエネルギー」が薄くなることは容易に想像できる。



・・・とか何とか書いてると、だんだん熱くなってしまうのでこの辺でやめとく(笑)



とにかく、

今年もどんな名作が出るか楽しみだねえ☆

珍問奇問もエンジョイして、自己最高得点を叩き出そう!!




「地道にコツコツ教」を卒業しよう

「ほらほら、選択肢をよーっく見てみよう。

この問題、本文を読まなくても答えが決まるじゃん♪」



って、自分がこんな「邪道」な教え方をするとは思わなかったなあ!(笑)



大学受験予備校ではこういう「読まずに解く」みたいなこと言う講師は一番軽蔑される。

実際、多くの問題はそんなテクニックが通用しないように作られているので、ちゃんと読むしかない。

大学入試は「学力試験」だから。




ところが公務員試験の場合、

コツコツじっくり読んでも答えは出るけれど、

「ある点」に気づけば全部読まなくてもサクッと答えられるように作られている。マジ。



これは出題者のレベルが低いとかの話ではないらしい。

選択肢の作り込み方を見ても、明らかにセンター試験と同等の作問技術(SVOで騙す、ポイント2つで騙す、因果関係で騙す、その他)が駆使されていて、

少なくとも入試問題を業者に外注するような大学よりは問題の質がいい。

だから「裏技」的にサクッと解けるように作られているのは、わざとだね。




それは、公務員試験が「採用試験」だから。



一つの案件を地道にコツコツ1時間かけて取り組む人と、

同じ案件の急所をパッと見抜いて5分でサクッと片づける人。

どっちが社会人として優秀か?



学校で「勉強はコツコツ地道にやるもの」と洗脳されてきた人には、「裏技でサクッと解く」のは邪道に見えるかもしれないけれど、

社会に出たら仕事は「ハック」するものだ。

(hack=目の付けどころを変えてサクッと片づけること。その要領で不正侵入する人がハッカーと呼ばれる)

コピー取りからスケジュール管理まで、要領のいい人/悪い人の差は大きいからね。




学校の常識は社会の非常識。

「地道にコツコツ教」で救われなかった人は、「ハック教」に改宗してみよう。

最短・最速の解法を見つけよう。






置かれた場所を「正解」にしよう

志望校に合格した人、おめでとう!!

不本意な結果になっちゃった人、それでもよく頑張った!お疲れさま!!



いずれにしても、ここからがスタートだね。

第一志望だったかどうかはともかく、決まった進路を活かすも殺すも自分次第。

「当たり」を選ぶのではなく、選んだものを「当たり」にしよう。




俺は一浪したので2回受験したわけだけど、

現役で千葉大落ちて浪人したのは・・・

結果的には楽しかったなあ(笑)



青森から仙台に出てきて、代ゼミの福田寮に入ったんだよ。

寮生のいろんな人間関係に関わったのは刺激的だったね。

イタズラとか喧嘩とか悩み相談とか、補導される奴とか(笑)

それに寮のルールがいろいろあって(門限、酒タバコの他に夜の他室訪問禁止ってのもあった)、破って見つかると説教されて始末書書かされるんだよね。

いま公務員試験の論文を教えるようになったけど、法とか正義とか秩序とかってものを考える上で当時の経験がとても役に立ってる。あんまり人には言わないけど。




で、話は飛んで1年後。

東北大の文学部に受かったけど、あんまり好きじゃなかったな。

「偽インテリ」が大っ嫌いだったんだよ。

知識が多いだけで偉いと思っている奴。

何かを発見したり創り出したり解決したりすることなく、

どこかに書いてあることばかり話して、自分より知識が少ない人を「そんなことも知らないのかw」と見下す奴。



文学部だから余計にそういう人種が目につくのかもしれないけどね。



やっと面白くなったのは4年生になってから。

日本心理学会が仙台で開かれて、東北大の心理学研究室が仕切ることになったんだよ。
俺もパシリとしてお手伝い。



そこで目撃したのが、偉い先生たちのプレゼンの下手さ加減。

だって、一流大学の偉い教授が発表しているのに、聴衆(偉い先生たち)がバタバタ寝ていくんだよ!?



たぶん発表の内容は素晴らしいんだろうけど、

プレゼンがグダグダだと誰も聞いてくれない。



それを見てて思った。

だったら内容が薄くても、プレゼンさえ上手にやれば評価されるんじゃないか???



いま思えば、あの時の思いつきが現在の仕事につながってる(笑)


(もっとも、当時は「自分の武器は英語力」とか勘違いして人生遠回りというか空回りしてたけどね・笑)




100人いれば100通りの学生生活がある。

間違っても失敗してもいい。

自分だけの4年間を切り拓いてくれるのを期待してるよ☆

国立二次では「力を抜いて」読む

国公立二次試験組はいよいよ本番だね!


現代文に関していうと、センター試験のマークシートと二次試験の記述問題は全然別物。

与えられた選択肢の中から選ぶのと「何が問われているか」自体を自分で考えなきゃいけない記述では頭の使い方がずいぶん違うよね。

というわけで、土壇場で役に立つ(かもしれない)現代文記述問題のコツ。


1 先に設問を見る。

センターでは先に設問見る必要はないんだよね。
むしろ先に選択肢を見てしまうとそれに引っ張られて正しく読めなくなってしまう。

でも二次の記述では設問を先に見た方がいい。

設問が「どういうことか」なのか「なぜか」なのか、あるいは傍線部に指示語があるのか比喩・抽象語があるのか。

これを知っておけば、読みながら「ああ、ここが問われているわけだな」と察しがつく。
あるいは「あれ? ここの理由、本文には書かれてないじゃん」という高得点ポイントに気づくことができる。

センターや私大と違って国立の二次は設問の数が少ないから先に設問見ても混乱することはないよ。




2 一文一文に食いつき過ぎない。

「しっかり読むぞ!」と気合い入れると、かえって文章の内容が頭に入ってこなくなるものなんだよ。

一文とか一単語とか一文字とかにこだわってしまって視野が狭くなるんだよね。



文章を読むときは「これって何と対比されてるんだろう?」くらいに考えながら次の話を追う。

設問を解くときは傍線部が含まれる一文(センテンス)を押さえる。



テストで点数良かったときって、この切り替えを無意識にしてない?

この「こだわらないけど読んでいる状態」を本番で再現できたらいいね☆



重版決定☆『現代文のオキテ55』

IMG_2878

おかげさまで、

『何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55』が

また重版決定!!

これで3刷、累計8500部☆

いつもながら応援ありがとうございます!!
m(_ _)m





この本のメインは後半の記述問題。

これで世直ししたかったんだよなあ。



巷の予備校や過去問集には珍回答が溢れている。

「犬って何ですか?」「犬のことである」

「なぜ腹が減ったのか?」「腹が減ったから」

そのまんまじゃーん!的な。

何を問われているのか考えずに傍線部の周辺を条件反射的にまとめろと指導する先生が多すぎる。

その結果、マジメな受験生ほど「受け答えの能力」ではなく「コピペの能力」を磨くことに無駄な労力を費やしてしまう。。。




という話を聞いて、思い当たる節があるある!という人は論理思考の素質のある人。たぶん非ロジカルな国語の授業に納得いかなかった人だと思う。



そんな人にぜひ読んでほしい。

で、この本の方法論でどこまで受かるか、入試で証明してくれたらとても嬉しい☆



無言授業

今日の柏校のみなさん、

本っ当にごめんなさい!!
m(_ _;)m



週末から声を出せない状態だったので、

今日の授業は無言でやらせてもらった(笑)



本来なら喋るところを、ぜんぶ板書で。

喋った場合と情報量は同じにしなきゃいけないので、いままでやったことないくらい書きまくったなあ。

スーツが粉だらけ。



でもおかげさまで喉は快方に向かってる気がするよ(手首は痛い)

協力ありがとう!!(泣)




それにしても、「韻文」の説明を板書だけで通すのはかなりのチャレンジだったよ。

音読してこそわかるものだからね。

過去にも韻に関してこんな記事を書いてたけど、やっぱり書き言葉だけで韻の話をするのは難しい。

2012年01月15日 こみ上がる?こみ上げる?
2011年02月01日 AKBで韻を踏む
2008年10月18日 俺の中では大発見





近代の○○主義4つが思い出せない件

現代文で「近代」という言葉が出てきたら、
・民主主義
・資本主義
・個人主義
・合理主義
この4つのうちどれかの意味。どれなのかは文脈で判断しよう。


・・・という話を文系のクラスでは1学期に3回は言っているはずなので、さすがにもう覚えただろうと思って


「いま『近代以降』って出てきたね。さあ、近代といったらナントカ主義4つ、はいっ!」

って突然当てると、


「あ、あの、えっと・・・ロマン主義!」

それは文学史の用語。

「共産主義?」

それはアンチ資本主義なので次の段階だね。

「罪刑法定主義」

なぜそんな難しい言葉が先に出てくる?!



ここまで出てこないと、こちらの教え方に問題があるのかと不安になるぜ。



で、改めて「民主主義、資本主義、個人主義、合理主義」って言うと

「あーっ、そうだった!」

やっぱり知ってたんじゃん。




たしかに「△△主義」って沢山あるので、ごっちゃになるのもわかる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/主義

だから一発で覚えて二度と忘れないような「語呂合わせ」でも作れば予備校講師らしいんだろうけど、

あいにくそんな芸風じゃないんだな(笑)



だって、この「近代ナントカ主義4つ」の語呂合わせを発明したとしても、

その語呂合わせが通用するのはこの場合だけだ。

また他の語彙が問われたときにまた「うーん、忘れました」では根本的な解決にならない。



問題は「ど忘れ」だ。
ふいに質問されて、パッと答える瞬発力が足りないんだよ。



テストで点数を落とす原因の8割は「ど忘れ」。

答え見てから「あーっ!そうだった!知ってたのにぃ!」ということ、多くない?

せっかく「記憶」しているのに「思い出す」ことができない。

それを「覚えていなかった」と思ってもう一度インプットする。

非常に無駄で、もったいない。

(去年の秋に買った服をどこにしまったか思い出せなくて、同じ服をまた買ってくるのと同じだね)




ど忘れに関しては過去にこんな記事も書いてたなあ。
2009年06月28日 アウトプットしようぜ




急に質問されてもパッと答えられるトレーニングをしよう。

角度を変えて聞かれても答えをひねり出せるように訓練しよう。

頭の中の点と点を、線でつなごう。



一番手っ取り早いのは、友だちにランダムに問題を出してもらうこと。

(小学校のとき、クラスの中の「勉強できるグループ」の子って仲間同士でなぞなぞとかクイズとかよくやってなかった?)



友だちがいない人はどうするか?って話だけど、そういう場合は

1 これを機会に友だちをつくる
2 「先生、何かテキトーに問題出してください!」と頼んでみる

ずーっと一人で勉強している人も、たまには他人からの刺激を受けなさい。何か変わるから。






以上が、冒頭のとんちんかんなやりとりが「ど忘れ」によるものという仮定の話。

でも、もう一つの可能性が考えられる。

「やりとりを楽しむために、わざとボケてる」

ここまで来ると、浪人生としてはベテランの域だね。「レジェンド」あるいは「予備校名人」の称号を授けよう☆

東北大の国語が攻めてた件

今年の東北大の国語は攻めてたねえ。
(受験生はママの付き添いが多すぎてニュースになってたけど・笑)



問5 筆者はM教授の講義でラテン語が用いられていたことをどのように評価しているのか。



そんな結論、どこにも直接書いてねーし!!(笑)

〈まとめる〉派の人たちは面食らうよなあ。いい問題だ☆



強いて挙げれば、

第一段落でのエピソードの中には「わたしには『ブタに真珠』『ネコに小判』の類いであった。」と書いてあるし、
第二段落では「まったく実用性を喪失している」とも書いてある。

だから表面的に読めばラテン語を中心とする古典的な教養を全否定しているようにも見えるんだよね。
駿台の解答はこの立場。


代ゼミでも会議で意見が割れたんだけど、いわゆる教養(哲学とか文学とか)が好きな人はこの文章を
「近代化に対する古典的教養の抵抗」
と解釈するみたいなんだよね。
河合塾の解答はこの立場。


でもこの文章は最後のドラッカーの話をよく読めばずいぶん違う展開になる。

ドラッカーは1993年に「新しい教養」を「各自の専門的知識を一般化できること」と定義し直した。
実際、それから20年経った現在、世の中のキーワードは「シェア」だよね。

古典的教養は
1 普遍性に通じる知識(ラテン語、人文学)を
2 一部のエリートが独占する

ドラッカーによる新しい教養は
1 各自の専門的知識を
2 シェアできる能力

こう分類すると、ラテン語および古典的教養は
1 専門的知識としては時代遅れ
2 シェア(普遍化)のヒントとして必要

というプラスとマイナスで評価されるんじゃないだろうか?


東北大は去年も今年も「ただの反近代じゃないポストモダン」というテーマが続いている。


代ゼミの会議は俺の「プラス・マイナス」説と他の先生の「古典派の抵抗」説で割れたので、あとの判断は国語科の職員のみなさんに預けて逃げてきた(笑)
だって、腹減ってたんだもん。


現時点で代ゼミはまだ発表してないけど、結局どう決まったんだろう?

自炊テキストで授業やってみた

センター後に1週だけある3学期。

テキストの数も問題の数も少ないので、

実験的に自炊テキストを使ってみた。
IMG_2554

どうよ?

iPadじゃなくMacBookAir(笑)

板書用のメモとかいろいろ書き込むにはタブレットよりキーボード付きのパソコンの方が断然効率的だもん。

Mac標準ソフトのプレビューって、見るだけじゃなくPDFに書き込むのも簡単なんだよね。最近発見した。

ちなみにスキャンするのも標準ソフトのイメージキャプチャ。
Macって余計なソフトを買わなくても大概のことができるようになっている。




問題だったのが、MacBookAir11インチの画面の小ささ。

現代文は縦書きなので、ページを全部表示すると字がものすごく小さくなっちゃうんだよね。

そこで、90度傾けてみた。これならかなり大きく表示できるぞ。
IMG_2514


で、実際にMacBookAirで授業をやった感想は。。。

教室に行っちゃえば問題ないかな。

書き込んだりするのは紙のテキストの方が早いけど、まあこれは慣れの問題だし。

それよりも、曜日によっては10冊とか持ち歩いてた重さから解放されたのが嬉しいね。

肩が凝りすぎて夜眠れなくなってたんだもん。




使い終わったテキストはEvernoteに入れて保存。

なぜかというと、EvernoteはPDFや画像の文字も検索できるから。これは超便利だ。



このブログの「記事検索」に「自炊」と入力したら、時代を感じる結果が出てきた。
2010年10月19日 記録本の系譜
2010年10月17日 自炊はじめました
2009年04月21日 フライパンはサイズで選べ
2009年04月07日 自炊学生のための料理本2冊
2009年と2010年で「自炊」の意味が全然違う!
フライパンの選び方とか書いてるし。

Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ