眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

カテゴリ: えーちの三日坊主日記

夜景と花火のきれいなマンションで




スタイリッシュな生活をするはずだったのに、




誰だよ、金魚なんかもらって来たのは。。。
150907_180421





生き物って苦手なんだよなあ。

小学生のころ、金魚すくいで取ってくるんだけど、

いつも数日で死ぬんだよ。

ミドリガメでさえ死なせてたくらいだから、まったく生き物を飼うセンスがないんだね。




でも、子どもの前で命を粗末にするわけにはいかない。

なんとか金魚を生かす努力をしてみるか。




そういえば、むかし金魚をすくってきたときは

バケツに水道水入れて、そのまんま金魚をポン。




・・・もしかして、これが悪かった?




何匹も生き物を殺してきた業の深さは、センスとか人柄とか宿命とかではなく、

単に技術的なものだったりして。




ならば一度、ちゃんと手順を踏んで金魚の飼育にチャレンジしてみよう。



島忠のペットコーナーで、とりあえず一式揃ってるセットを購入。

水槽とポンプとフィルターとカルキ抜きとバクテリアと餌。別売りで砂利。



バクテリア???



どうやら金魚を飼う人たちの間では「バクテリアを繁殖させる」という言葉が普通に交わされるらしい。

フィルターや砂利の中で増えた何種類かの細菌が金魚のフンを分解してくれるために水がきれいになるとか。


へー、見えないところで生態系みたいなものを再現してたんだね。





・・・バケツに水道水なんて、論外じゃないかw





さて、金魚を投入して一週間経過。



すげー、ちゃんと生きてる!

やっぱり正しく飼えば正しく育つんだね(笑)



ところが今度は、




水が濁ってきたぞ。




日に日に濁ってくるぞ。




向こう側が見えなくなってきたぞ。



ただでさえ熱帯魚じゃなくて金魚なのに、

さらに緑色に濁った水槽って

見るからに幸薄そうw

ますますスタイリッシュから遠ざかる。。。




ネットで調べたら、水槽を立ち上げて1〜2週間ではよくあることらしい。

バクテリアが本調子になっていなくて、不純物の分解が追いついていないんだと。



ああ、そういえば面白がって餌をあげすぎていたかも。



試しに3日間餌をあげないでいたら、



来た来た!透明になってきた☆

しかも空腹のせいか餌をあげると残さず食べてる(笑)





金魚、面白い♪

条件を揃えると、それに応じた結果が出るってのが楽しいね。



って、何で親がここまで熱心に金魚の世話をしてるんだ?



金魚をもらってきた張本人はどっか逃げちゃったし。

「手がくさくなるから、パパが餌やればいいんだよ」

いや〜、結局月曜から木曜まで無言授業になっちゃった(汗)

みなさん、本当にごめんなさい。

そしてご協力ありがとう!(涙)

(授業の途中で「金返せ!」とか野次られないか、内心ビクビクしてたよ)




というわけで、ようやく復活!☆


金曜日の公務員試験の教養論文講座。

さすがに年3回しかない講座のうち1回(しかも初対面の第1回)を無言授業ってわけにはいかんだろ。

そこでアネトン咳止めをがぶ飲みした上に、背中と喉の下にカイロを貼って(スーツの中はすごいことになっていたんだよw)、柚子と生姜のなんとかってホットのやつ飲んで、14時のスタートまでずーっと温めてスタンバイしてた。


そしたら、3時間喋れたね☆
(夜になってちょっと辛かったけど)

代ゼミなら2コマいける。


幸いこの土日は休み(つーかパソコンに向かう仕事の日)なので、

月曜からの授業に向けてまたスタンバイするか。カイロサンドイッチで。

いつものことだけど、

河合塾と駿台は台風による休講を既にHPで発表。

一方、代ゼミは2時45分の時点で何もアナウンスなし。

朝7時にHPで発表するらしい。




でもさあ、普通やらないよね。午前中関東を横切りそうじゃん。




というわけで、

月曜は休みになるだろうと勝手に決めつけて、夜更かし☆

録画していた「ゼロの真実」をまとめて観てる。

徹夜は慣れないので頭クラクラしてきたな。。。

これで7時に「授業やります」とか言われたらどうしよう???


大宮駅で占い師の岡田人篤先生にバッタリ再会したのが4月30日。

この人は代ゼミで漢文を教えながら占い師になっちゃったという変わった人。
授業の後は行列ができてたなあ。質問じゃなく手相診てもらうために(笑)

2009年07月26日 筆跡鑑定実況中継
2009年07月28日 根菜類が足りません

俺は昔から「岡ピー」と呼んでいて、昼休みとかによく占ってもらってたんだけど、

彼もいまでは占いの世界では立派な先生なので、初めてお金を払って本気で診てもらった。


そしたら、


「今年、何か転機を迎えますね。9月から10月にかけて将来やるべきことが見えてくると思いますよ」

4月30日の時点で予言されてた!!

で、その「将来やるべきこと」とは?

「一旦ダメになったり時代遅れになったりしたものを復活させるという相が出てますね。あと電気とか通信とかに関すること」

何だろうね???

代ゼミのことではないと思う。だってもう「復活」させようがないじゃん(笑)

他には・・・モールス信号とポケベルしか思いつかない。。。


職業病で、新学期が近づくと恐い恐い夢を見るんだよね。

「教室に行ったら数学の授業で、準備もなくアドリブで授業するハメに」とか、

「頑張っても頑張っても新幹線のホームにたどり着けず、気づけば授業開始から2時間も遅れている」とか。



17年もこの仕事やってて、まだそんなに緊張するんかい!?(笑)

いやいや、「ちゃんとやろう」という意気込みの裏返しだよ、たぶん。



それにしても今年度見た夢は

「殺人犯になって追い回される」

・・・たぶん「転落しない人生を送ろう」という意気込みの裏返しだ。




さて、テキストが届いたので、

今年こそ「テキスト全部PDF化」にチャレンジするぞ。

ねえ、知ってた?

世の中はお正月らしいよ。


IMG_1853




どうも新年の抱負なんてものを立てるのが苦手で、
宣言した通りにできたためしがない(笑)
2009年01月01日 「新年の抱負」
2010年01月01日 "A" Happy New Year!!
2011年01月01日 HAPPY HAPPY NEW YEAR!!
2012年01月01日 謹賀新年☆
2013年01月01日 去年今年貫く棒の如きもの

2009年に「文章で金を稼ぐ」とかいって、実現するまで3年かかったなあ。

そうか、1年で実現しようとするから無理があるんだ。

3年計画を立てよう☆



というわけで、今後3年間でやりたいこと。

「目に見える形で社会に“何か”する」

“何か”って何だよ?って話だけど、まだ漠然としていて“何か”としか言いようがない。



2000年から教室の中で「問題解決」の手法を教えてきた。(俺の小論文の授業は文章講座ではない)

2011年からはそれを本にして世に問うてみた。(3冊とも意外と受け入れられた)



そろそろ、理屈を語るだけじゃなく現実に社会の問題を解決して自分の方法論を証明してみたいんだよね。

それがビジネスとしてなのかボランティアなのか政治活動なのか、どんな形なのかは全く見当がついてない。

何をやるかも決まってないんだからしょうがないか(笑)


出版よりずっとハードル高そうだぞ。


本当に3年でできるのか???


大丈夫か、俺?

去年の生徒が浜松校に遊びに来て、

「先生、何かグッとくる言葉ください!」

なになに、夏休みに入って五月病か?

「勉強チョーきついっす(泣)」


たしかに・・・文系からいきなり理転したら、勉強ついていくの大変だろなあ(笑)


そんな君のために一言。



「大丈夫。パズルは解けるようにできてるもんだよ」




・・・(・・;



「うわー!ダメだ〜! えーちさん、かっこつけすぎ(> <)」



えーーーーっ、ダメ?! 俺の渾身の名言、ダメ??


難しいもんだよなあ、「グッとくる言葉」って。。。

ずっと引きこもって次の本を書いてる。

俺、書くの遅いんだよね。。。

ブログもたまに5時間かけてることあるから(笑)


(昨日のエフェクターの話も2時間以上かかってる)


調べたり画像探したり、文章を何度も直したりするもんで。

それも「を」を入れるか入れないかとか、この一文をどのタイミングで挟もうかとか、すっごい細かいところ。

書き上げたあとも、読み返してちょこまか直してる。




ブログすらでそんなことやってるので、本一冊分となると途方もない作業だぞ(爆)




でも、いま書いてる本は就活生とか若いビジネスマンとかには絶対役に立つ自信があるので、ここで頓挫するわけにはいかない。



文章はパズルみたいなもので、ピッタリはまる組み合わせがあるんだよね。

それを見つけるまでが時間かかる。

一日2個くらい、そのパズルが解けるんだよ(笑)




という今日の記事は20分で書いてみた。

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp

何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2012-08-10)
販売元:Amazon.co.jp

このブログはもともと受験生のために始めたものなんだけど、

ここ1か月、一番アクセス数の多いのがこの記事。

2012年01月31日 フリーターこそ確定申告しよう

「フリーター 確定申告」でググると、このブログが上位に出てくるんだよね。

意外な需要だ(笑)




受験とは直接関係ないけど(いつも関係ない話の方が多いけど・笑)、

境遇が痛いほどよくわかるので放っておけない。




そこで、1年前に書いたこの記事に「確定申告」関連の記事のリンクも貼ってみた。
(カテゴリを独立させることも考えてる。「青森」カテゴリといっしょに)

役に立つといいな。




ところで、

いままでたぶん書いてなかった重大なことがある。



所得税と住民税と国民健康保険の保険料は連動している!



経費を引けるだけ引いて課税される所得を減らせば、次の年の住民税と国保の保険料も安くできる。ということ。

逆に言うと、「どうせ少ししか所得税安くならないんでしょ?」とか面倒くさがって何もしないでいると次から次とお金を取られていく仕組みになっているんだよ。



(フリーターの中には住民税や国保を払わないでぶっちぎってる人もいるだろうけど、住民税を滞納すると銀行口座を差し押さえられて強制的に持って行かれるし、保険証が失効してると病院に行けなくて働けなくなるという貧困スパイラルが待っている。「安く抑えて、全額払う」のがフリーで生き延びるコツだ)
2008年05月06日 保険と年金の正体



自分のお金は自分で守れ。

万国のフリーターよ、自立せよ!

節分の日、

スーパーでもらった鬼の面に対抗して、

段ボールで自作してみた。
IMG_1388





段ボールで工作って懐かしいな!

週3回くらいアマゾンの箱が届くので(買い過ぎだ・笑)、我が家には段ボールがたくさん余ってる。工作し放題。





さてこの2つの鬼の面、どっちが怖いかといったら、




俺は左のスーパーでもらった赤鬼の方が怖いと思うなあ。

だって、陽気な顔なのに目がないんだよ。

目が空虚って、不気味じゃない?

これはホラーだ。

このページのトップヘ