眠れるライオンもたまには起きるっ

『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』著者の鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたり・・・

カテゴリ: 小論文

課題文を「踏まえて」自分の意見を書く。


「踏まえる」って何やねん?(笑)




賛成とか反対とか?

賛成なら「賛成です」で話が終わりそうだし、
偉い先生の文章に「反対です」というのもハードル高そう。。。




というわけで、

課題文を「踏まえて」自分の意見を書くときの攻略法の話をしよう。


『小論文のオキテ55』でいうと「第2章 課題文メッセージ別攻略法」、
特に64ページの「課題文のオキテフローチャート」の話だよ!




小論文の課題文はざっくり2つに分類できる。

1 筆者が社会や物事について「こうなっている」と説明しているだけの文章

2 筆者が社会や物事に対して「こうするべきだ」と提言している文章





1 筆者が社会や物事について「こうなっている」と説明しているだけの文章

「こうなっている」というのは何らかの問題点を含んでいるはず。
何も問題がないなら、小論文のテーマには採用されないからね。
だから第一段落では「問題点をはっきりさせる」ことになる。


1ー1 説明が具体的な場合
それが「貧困で苦しむ高齢者」みたいな具体的な話なら、「その人たちを救うために何をするか」を書けばいい。


1−2 説明が抽象的な場合
あるいは「文明社会の闇」みたいな抽象的な話なら、現実の世の中に見られる具体例を見つけて、それを解決する方法を書く。





2 筆者が社会や物事に対して「こうするべきだ」と提言している文章

具体的な提案には、必ず賛成する人と反対する人がいる。
「消費税率を上げよう」にも「憲法を改正しよう」にも「みんなで海に行こう」にも、賛成する人と反対する人がいるよね。
なので、筆者が具体的な提案をしていたら第一段落には「賛成/反対とその理由」を書く。

2−1 賛成する場合
提案に賛成しても、それを実現するにはいろいろ難しさがあるはず。
だからまだ世の中では実現していないし、筆者が文章を書いて世に訴える必要があるわけだ。
そこで第二段落では「それが実現できていない原因」を書くといいね。

2−2 反対する場合
反対するなら、それに対する代案を出す必要がある。
そこで第二段落で「賛成派(筆者)が気づいていない本当の原因、そもそもの問題」を書くといい。




で、どのパターンでも最後の第三段落では「解決策」を書く。

「したがって、〇〇するべきだ。具体的には△△することが考えられる。そうすれば□□になるだろう」

こんな順番で書くとそれなりのボリュームになるはずだよ。





ちょっと難しい話になっちゃった?(笑)




あ さんの志望校ならこれで対応できるよ。

まずは課題文を熟読して、「説明」か「提案」かを見分けよう。


【参考動画】
鈴木鋭智「小論文とは何を書けばいいのか?」
日本経済新聞出版社「受験参考書ベストセラー作家が教える大学受験面接・小論文のポイント」










課題文型の小論文を書くときに

「第一段落で課題文の要約を書くべきかどうか」

って迷うよね。



あ さんの質問に答えて、この件について説明しよう。




混乱しないように、《ルールの話》と《実際に書くときの話》に分けるね。





《1 要約に関するルール》

要約を書くかどうかは、設問によって判断する。

\潴笋法峅歛衒犬鰺很鵑靴疹紊如ΑΑΑ廚半魴錣書いてあったら、冒頭1段落を要約に費やす。

◆峅歛衒犬鰺很鵑靴疹紊如廚箸い条件がなかったら、要約は書かなくていい

設問が分かれていて、例えば【問1】が「本文を200字以内で要約しなさい」だったら、【問2】の「これに関するあなたの意見を述べなさい」では要約を書かない。問1の要約を書いたのに、またくり返したら「字数稼ぎ」とみなされてしまう。




武蔵野美術大学は△離織ぅ廚世諭M很鵑書かなくてもいい



ここまでがルールの話。

次、試験本番での実践的な話をしよう。




《2 実際に書くときの話》

上の△両豺隋⇒很鵑蓮崕颪なくてもいい」んだけど、書いたからといってマイナスにはならない。

だから次のようなケースでは、敢えて要約を書くのもありだね。




(1) 読解力をアピールしたいとき

課題文が通説をひっくり返す内容だと、読んで理解できる人とできない人にはっきり分かれる。

大学は当然、読解力のある人を高く評価する☆

この場合の要約は文中の言葉をツギハギするんじゃなくて、「この文章は他とこの点が違う」というポイントを説明すること。文中の言葉に縛られなくていいし、100〜150字くらいで十分。

そのあとの内容がいまいちでも、要約だけで点数を稼ぐことが可能だ。





(2)字数を埋めたいとき

書くことがなくて途方に暮れることもあるかもしれないよね(笑)

こんなときは仕方ない、200字くらい要約で埋めよう。

前半100字、後半100字くらいでまとめると「全部読んだ感」が出るし、要約を書いているうちに理解が進んで何かに気づくかもしれない。

黙ってウンウン唸っているより、表面的な要約でも手を動かしている方が頭が働いたりするもんだよ。






ベストなのは、要約を書かずに、「課題文を踏まえた自分の意見」を書くことだけど。

「通説と違う点」がわかったかどうかで180度違ってくるので、第一段落を読んだ時点で採点者は読解力も思考力もわかっちゃうんだよね。

ま、これは一番難易度高いけど(笑)




というわけで、

「要約を書くか書かないか問題」は

自分の読解力や課題文の難易度に応じて、臨機応変に判断してね!





「YouTube予備校」という面白いことをやっている人がいて、

その動画が熱いのよ。



松原一樹さんといって、

実は昔、このブログでも紹介したことがある。

2010年3月1日「9割受かる勉強法」

当時の記事を読み返すと、

2010年の松原さんは「メールで受験生に直接アドバイスする通信予備校」をやってたんだね。




あれから8年、

iPhone、Facebook、LINE、YouTubeと新しい技術が広まって、

さすがに「ガラケー2台持ち歩いて24時間質問に答える」なんて時代ではなく(笑)、



登場したのが「YouTube予備校」。




ツールは時代によって変わるけど、

松原さんの指導法の特徴は

「市販の参考書の使いこなし方を教える」というもの。



カリスマ講師の講義を聞くだけよりも、

自分で勉強できるようになった方が本番で結果を出せるからね。




代ゼミは正反対のアプローチだったので、逆に松原方式の凄さがよくわかる(笑)





その松原さんが、

拙著『公務員試験 無敵の論文メソッド』を「難関大学の小論文に最適」として

熱く紹介してくれているんだよ。

その熱量高い動画がこちら!↓




やっぱ教育のプロが読むと、著者の深い裏の意図まで汲み取ってくれる!

表向きは公務員試験の本なんだけど、著者としては『小論文のオキテ55』の上級編のつもりで書いたんだよ。

特に最後の章のデータ問題なんかは、メッチャレベルの高い「引っかけ問題対策」でもある。

「よくぞ言ってくれました!!」と拍手したくなる動画だね☆





YouTube予備校、地方の現役生には最強の味方になってくれるはず!


この動画も凄いよ。炎上怖くないんかね?(笑)



あ さん、お待たせ!

武蔵野美術大学文化芸術学科、小論文の話をしよう。

(2015年〜2018年の過去問はこちら)

2018年の問題はこんな感じ。

公募制推薦前期
別紙の文章を読み、「博物館の役割」という視点で、あなたの経験や身近なことと関連づけて、感じたことや意見を述べなさい(800字以内)。(1時間30分)
(出典:新見隆編『ミュゼオロジーへの招待』の中の第2章、金子伸二「ミュージアムがあらわすもの──定義・種類・目的・機能」70〜72頁、武蔵野美術大学出版局、2015年)

一般入試
配布した文章は、岡本太郎著『今日の芸術 時代を創造するものは誰か』所収の、第5章「絵はすべての人の創るもの」の中の項目「見ることは、創ることでもある」からの抜粋である(初版は1954年に光文社より刊行)。
この文章を読んで、まず著者の考えを要約してから、「作品鑑賞」に対するあなた自身の考えを、具体的な例を交えながら、本文と関連づけて1,000字以内で述べなさい。
なお冒頭に16字以内のタイトルをつけなさい。
(2時間)



この手の問題で一番やっちゃいけないのが「中身を読まず、タイトルだけ見て勝手な解釈をしてしまう」こと。

これ、冗談ではなく本当に多いんだよ(笑)

焦って読む余裕がない、読むのが面倒、読んでも意味がわからない・・・理由はいろいろだろうけど、

採点者は「ちゃんと読まない奴」をまず落とす。

第一段落で「読まなかったな」「誤読したなw」と判断されたら、そのあとどんなに立派な意見を書いていてもアウトだと心得よう。

だって、与えられた課題文をちゃんと読まない人は、大学に入ってから教授の話をちゃんと聞かない人とみなされるじゃん。



というわけで、毎回出される芸術論の読み方を押さえておこう。

ポイントは3つ。

【1 筆者は何をくつがえしているのか】

プロの芸術家や評論家が、素人でも知っているようなベタな話を書くわけないよね。
「従来の常識」をくつがえしていたり、「素人の思い込み」を指摘していたり、あるいは「最近のアートの潮流」に文句をつけていたりするもの。

芸術論に限らず、小論文でも現代文でも、試験に出る文章というのは必ず「筆者の主張」と「逆の話」が交互に出てきて比較されているじゃん。
「日本と西洋」とか「昔と現代」とか「科学と宗教」とか。
これを国語業界で「対比」と呼ぶけどね。

文章を読むときは「大事なところを見つけよう」ではなく「いま読んでいる部分は、どこと逆なんだろう?」と考えながら読むのが正しい。


【2 逆説の論理に強くなる】

逆説というのは「急がば回れ」「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」のように、普通とは逆の結果になるロジックのこと。

プロの物書きはこういう逆説のフレーズが大好きだ。

文章の冒頭やタイトルに逆説が使われることもあれば、最後の結論が逆説で締められるときもある。

「あ、ここ逆説だ」と気づくだけでなく、「なぜ逆の結果になるんだろう?」という理屈を読み取ろう。


【3 過去問は調べながら読む】

過去問と同じ文章が出ることはないけど、過去問を一通り読むと芸術論に対する「勘」がよくなるよ。

過去問を読むときは、スマホ片手に調べながら読むのがいい。

難しい言葉を調べるというのもあるけど、もっと大事なのは「文章中に出てくる作品」。

絵や彫刻について文章で語られても、何の話かピンとこないことも多いよね。

だからその作品を検索する。画像を探す。目で見る。


これだけで、抽象的だった話がものすごく具体的に理解できるし、

何よりいろんな分野の作品を広く知るきっかけにもなる。




昔、センター試験(その前の共通一次試験だったかな?)の文章にルーブル美術館の「サモトラケのニケ」についての文章があったので、

パリまで行ってきたよ!(笑)

実物を見るために。観光じゃなくニケを見るだけのために。

モナリザも素通りしたからね。

DSC01009

(おー! 15年前の写真が出てきた! 恥ずかしいね・笑)


古い大理石の質感とか、修復された跡とか、展示されている場の雰囲気とか、

実物を見て初めてわかることはたくさんある。

百聞は一見にしかずというけど、本当に文章は実物の1%しか伝えられないんだよ。



わざわざ現地まで行かなくてもいいので(笑)、スマホで見られる作品なら調べながら芸術論を読むのを勧めるね。

そうすると筆者が何をくつがえして何を主張したかったのかが、数倍よくわかるようになる。




あ さんのリクエストで、
多摩美の小論文にざざっと目を通してみたよ。

多摩美術大学のHP
 →入試・入学案内
  →入試データ・過去問題
   →過去問題(参考作品集)
と進んでいくと、デジタルパンフレットが見つかる。

ていうか、このリンクで行ける。
http://www.tamabi.ac.jp/admission/data/past.htm

バックナンバーが1999年から揃ってるのがすごいね。




さて、多摩美の小論文の攻略法はというと、

前回の日大芸術学部と同じく、「クリエイター目線」。

形式でいうと、芸術学科だけは長めの課題文が出る。
他はキーワード型。
2017年の総合デザイン学科だけは「問題解決型」というちょっと変わった問題が出た。


内容を見ると、
どの学科も、これまで本気で作品を作りまくってきた人であることを前提として出題されている。

「美術の時間に2、3個作ったことあります」程度だと、たぶん話にならない。
作ってきた数とレベルによって「語れること」が違ってくるし、経験の浅い人が文章力でカバーできる話でもない。



自分も仙台に住んでいた頃はバンドやってたけど、
オリジナル曲作ってコンテストとか出て、行けたのが「東北大会で決勝進出」とか「地元のラジオに出演」までだったんだよね。微妙(笑)
そこまでのレベルでも言えることはあるけど、「メジャーデビュー」とか「東京のライブハウスで満員」なんてレベルの人と比べると明らかに音は違うし、メンバーに要求するレベルとか、出てくる言葉も違う。
てか、ポンポン生まれてくる曲の数が半端ねえ!


今は本を何冊か出版するようになったけど、
1冊出しただけでバンザイだった頃と、実際に売れて反響があってからと、何冊か出して売れたり売れなかったりを経験してからではそれぞれステージが違う。
(ときどき、1冊出しただけなのに「出版のやり方教えます」ってセミナーを始める人がいるんだけど、俺はやらないなあ。7冊出しても、まだ出版の世界の入り口しか知らないもん)



なんて、俺の話は置いといて。



まとめると、
1 クリエイターとしての経験値を積む。できれば賞とか取って「客観的評価」を獲得しよう。質で壁を感じたら数で突破しろ。
2 クリエイターの経験をどんどん言葉にする。自分よりレベルの高い人と話してみるのも大事。
3 過去問を一通り見て、いろいろ書いてみる。
4 いい先生に添削してもらう。文章を直されるというよりは、客観的な視点をもらうという姿勢でいた方がいい。



ちょっとは参考になったかな?






鈴木鋭智です。

コメント欄で あ さんから日大芸術学部・推薦の小論文について質問をもらったので、ここで答えるね。

日大芸術学部の小論文には3つのタイプがある。
・課題文が与えられるタイプ
・キーワードが一語与えられるタイプ
・写真や絵を見て何か書くタイプ

どれが出るかはわからないけど、いずれにせよ大事なポイントは2つ。

1 出題意図を推理すること。

2 クリエイターとしての意見を普段から持っておくこと。



この2つはつながっているので、説明しよう。

例年の出題を見ると、
2013年の映画学科では「企業と文化」という本からの課題文。
同じ映画学科の2010年は「聞き上手、話し上手」というキーワード。

出題形式は違うけど、いずれも映画とか映像と関係あることに気づくかな?

企業が作るCMが文化を変えることもある。
ディズニーみたいに巨大企業が映画も文化も作っている場合もある。
最近のスター・ウォーズみたいに、企業が勝手なものを作ると昔からのファンが怒り出すこともある。

聞き上手というのは、特にドキュメンタリーの映像を撮るときには不可欠。
いい芝居を撮るためにも出演者やスタッフのコミュニケーションはとても大事。


ほら、映像を作る立場に立つと切り口がいくらでも出てくるテーマなんだよ。

「企業」だからといって経済の話を書かなきゃいけないわけじゃないし、
「聞き上手、話し上手」といっても友達との思い出話が求められているわけじゃない。



何が出ても「クリエイター目線」で出題意図を考えよう。



となると、普段から「クリエイター目線」を養っておく必要があるよね。

映像、演劇、音楽、文芸、絵画、彫刻・・・・あ さんの専門がどれかは知らないけど、

いままで作品を作ってきたなら、いろんな難しさとか面倒とか迷いとかあったはずじゃん。

一人で作るだけじゃなく、仲間と共同作業したり、作品を発表して評価にさらされるときの苦労もあるはず。

それらを上手に乗り越えたこともあれば、うまくいかなくて後悔していることもあるだろう。

「次にチャンスがあればこうしたい」という思いもあるかもしれない。



そういう経験を言葉にして整理しておくことが大事。

そのために、過去問数年分で書いてみるといいかもよ。
同じ問題は二度と出ないけど、いろんな角度から自分のクリエイター体験を言語化する練習になる。



よく役者やアーティストがインタビューされてペラペラ名言を繰り出しているけど、

あれは普段から飲み屋で演劇論なり音楽論なりを語り合っていて、言葉にしているからだ。

言葉のストック(引き出し)がたくさんあるんだよ。



ただし、「努力は裏切らない」とか「諦めたら試合終了」みたいな手垢にまみれたフレーズを借用しちゃいけないよ。

「自分はこんな作品を作って、こんな経験をした」をディープに振り返っていくと、自分にしか語れない何かが見つかるはず。




実際に答案を書くときの構成は、ざっくりした例だけど次のとおり。

第一段落:問題点 ◯◯には△△という難しさがある
第二段落:原因  その本当の原因はこれだ
第三段落:解決策 だからこうすればいい、こうしたい、こうあるべきだ



ま、他にわからないことがあったら『小論文のオキテ55』を読んでくれ!



もし、あ さんが哲学的思考にハマりやすいタイプの人なら『ミニマル思考』で整理するのもオススメ。





それから、もしまだ時間があるなら高校生活最後の作品で実績を残そうぜ。

趣味で作るときと、コンテストや賞を本気で狙うときでは「クリエイターとしての経験値」が全然違うからね。



とか言いつつ、

俺自身もいま次の参考書の仕上げ中だよ。

次の本ではプレゼンテーションとディベートの常識を覆そうと思ってる。

でも、ものを作るってのは・・・楽じゃないよね(笑)


ae497115b644f7b681c7b7ce49f5a2f8_s

鈴木鋭智です。

「集団面接があるんですよぉ。どうすればいいんですか? ディベートとかしたことないし、集団討論って怖いっす。だって高校はずっとぼっちだったんで、集団っていわれると・・・」

はい、ちょっと待った!

募集要項なり試験方式の説明なりはちゃんと読んだかな???

「集団面接」と書いてあった?
「集団討論」と書いてあった?

「面接」と「討論」は、全然違うぞ。



人間は話を半分だけ聞く生き物なので、「集団◯◯」と言われると「集団」の部分だけに過剰反応してしまう。

集団リンチ、集団自殺、集団訴訟、集団的自衛権・・・

何だろう?「集団◯◯」ってネガティブな言葉を連想しやすいね。



というわけで、この件について冷静に整理しておこう。



「集団面接」というのは面接の一種。

受験生が数名並び、面接官の質問に対し挙手あるいは順番に答える。

聞かれる内容は志望理由とか高校時代の活動とか、基本的に「自分について」だ。



これに対し「集団討論」というのは、

与えられたテーマについて受験生同士で議論し、答えを出す。

出されるテーマは「環境問題」とか「民主主義の功罪」みたいな「社会問題」が多い。




ここまでOK?

さあ、募集要項をもう一度読んでみよう。

そこに書いてあるのは「集団面接」かな? 「集団討論」かな?






次に、集団討論についてもう一点。

集団討論はさらに「ディスカッション」と「ディベート」に分類される。

この2つもよくごっちゃにされるよね。



「ディスカッション」とは、参加者全員で一つの答えを出すこと。

出されるテーマは「駅前商店街を活性化させるためのアイデアを出そう」のようなオープン・クエスチョンの形式が多い。



「ディベート」とは、「賛成派/反対派」など2つのチームに分かれてお互いの主張をぶつけ合うこと。

この場合のテーマは「駅前に大型商業施設を誘致すべきか否か」といったクローズド・クエスチョン(二択)の形式が普通だ。




なんか、小論文に似ているね。

小論文も「何か解決策のアイデアを出せ」系の出題と「メリット/デメリットの折り合いをつけろ」系の出題に大きく分かれる。



問題解決を一人で紙の上で行うのが小論文、

みんなでワイワイ進めるのが集団討論、ともいえるね。



ちなみに、絶賛混迷中の「2020年入試制度改革」では英語にもこのディベート的な(つまり小論文的な)記述問題が出るとか出ないとか。

早めに準備しておくといいね。




公務員試験 無敵の論文メソッド
鈴木 鋭智
実務教育出版
2016-02-09


鈴木鋭智です。お知らせです。

【重版決定!】
オキテ55シリーズ6cm

『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』
27刷、累計8万7千部

『何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55』
15刷、累計4万3千部

これに『現代文のオキテ55』1万4,500部を加えると・・・

シリーズ累計14万4500部!!

みなさんの息の長〜い応援のおかげです。
本当に、ありがとうございまする!!




もう一つ、お知らせが。


【日経出版社のHPがリニューアル!】

IMG_1229


先日ここで紹介した動画が、やっと日本経済新聞出版社の公式サイトで正式に公開されたよ。

「受験参考書ベストセラー作家が教える大学受験面接・小論文のポイント」

なんか動画のサムネイルがまだちょっと整っていない感じだけど、まあいっか(笑)

YouTubeでは「日本経済新聞出版社 大学入試」で検索すると出てくるけど、「鈴木鋭智」では出てこない。。。






IMG_0818

鈴木鋭智本人です。
札幌行ってきたよ。ちょっとだけ雪まつりも観てきたよ。

札幌での仕事って、駅から地下道だけの移動で全部足りることが多い。
だから今回も軽装で行ってしまって、うっかり夜の大通公園に出たら・・・凍りつくかと思ったぜ(笑)



話は変わって、告知です。

日本経済新聞出版社から、小論文・面接対策の3分間講義が動画配信されるよ。

受験生向けの内容に加えて、高校の先生向けの内容も!

本当は日経出版のHPで公開される予定なんだけど、先にYouTubeに動画がアップされているので、こちらからどうぞ!
(まだYouTube内の検索では出てこない設定みたい)

21


《受験生向けコンテンツ》
小論文のポイント 崗論文とは?」
小論文のポイント◆崔瞥遒諒け方」
小論文のポイント「カジュアル言葉とフォーマル言葉」
面接のポイント 峪嵋祥由」
面接のポイント◆峅欒鯵萋亜
面接のポイント「面接は声と見た目で9割決まる」
《教員向けコンテンツ》
小論文指導のポイント 嵒週ミスが多い本当の理由」
小論文指導のポイント 「添削指導の効率化」

この学校法人向けDVD教材の宣伝を兼ねているんだけどね。
(ただ、日本経済新聞社のサイトリニューアルがまだなので、全然DVDの宣伝にはつながってない・笑)









22a61bd02e944c243c42f1a1e1a8f8a7

しまった〜、撮られちゃったかあ。。。

私の不徳の致すところです。
ゲスでごめんなさい。





……あ、違うの? 別のページ?!



本日2月25日発売の「女性セブン」、

『東大AO入試にあの佐藤ママがかみついた!』という記事。

AO入試専門予備校「AO義塾」とAO入試否定派「佐藤ママ」の対立構図(笑)の横で、

『AO入試・推薦入試のオキテ55』著者として中立の立場からコメントしてみた。


記事の一部はこちらでも読めるよ。
「東大AO入試合格者 面接で国連安保理を語る「一瞬だった」」(NEWSポストセブン)
「増加する大学AO入試 いわば弟子のオーディションとの指摘も」(NEWSポストセブン)





AO入試と一般入試のどっちを勧めるか?って取材のときも最初に聞かれたけど、

どっちか良いとか正しいとかじゃなくて、

自分が勝ちやすい方を賢く選ぶのが大事。





学科試験」はないけど「学力試験」免除ではないからね。

英数国とは異なる形の地頭力を小論文で測っているだけだ。





受験は、ある意味ゲーム。

与えられたルールを利用して勝てば、どの枠でもいいじゃん。

そのルールだって別に崇高な真理なんかじゃなく、単に文部科学省と大学が会議で決めただけなんだし(笑)


このページのトップヘ