塾や予備校の先生って、頭よさそうに見えるよね?

実際、東大とか医学部の問題を持っていって質問しても

その場で問いて解説してくれるし。




じゃあ講師はもともと頭が超いい人たちなのかというと、

実は全然そうじゃない(笑)




教えているうちに、何でも解けるようになっちゃったんだよ。




新人の講師の説明を横で聞いていると、

「それ全然説明になってないしww」と思うことって結構ある。

でも若いうちは授業もノリでどうにかなるんだよね。

正しく教えるよりも、生徒のモチベーションを上げる方が合格率よかったりするし。




そんな新人講師も実際に教壇に立ってみて、休み時間に生徒の質問を受けてみて、思うんだよね。

え、この説明じゃわからないわけ?

ここ省いたら、いまの高校生に通じないの?

オーマイガッ! もっと簡単な解き方があったじゃん!




そんな経験値を積んで、解き方と説明のバリエーションが増えていく。

講師自身の理解があやふやだった点も、再確認できる。

結果、何でも解けるようになるわけだよ。





これは受験生が勉強するときも同じで、

一人で机に向かうのもいいけれど、

ときどき人に教えるのがものすごく効果ある。




自分よりできない友だちを捕まえて教えてあげるのもいいし、

高校生なら小中学生の家庭教師をやってもいいよね。



だって、高校生の9割は中学校の内容をちゃんと理解してないじゃん。

高校入試で満点取った?

実は高校入試で正解できなかった部分(中学校で身についていなかった部分)が

高校に入ってから君の足を引っ張っていたんだよ。英語も数学も。




なので、中学生に高校入試の指導をしてみると、

自分がうろ覚えだったところがはっきりわかるし、

それを教えられるくらい自分で理解すると、



高校の内容(大学受験の問題)に対する見方が変わる。



嘘だと思ったら、実際にやってみよう。

闇雲に難しい大学の問題を解くより効果あるよ。



9割受かる勉強法
松原 一樹
ダイヤモンド社
2010-02-19