国公立大学を受ける人は絶賛移動中かもしれないね。無事ホテルにはたどり着いたかな?



最近まで週の半分ホテル暮らしだったけど、ホテルに着くと真似したくなる映画があるんだよ。

ダイ・ハード2 [Blu-ray]
ブルース・ウィリス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-10-12


トランスポーター3 [Blu-ray]
ジェイスン・ステイサム
角川映画
2011-03-18




「ダイ・ハード2」で、テロリスト達が教会を占拠するシーン。

玄関に出てきた教会の管理人を射殺して中に入ると、仲間がコンピューターやディスプレイをてきぱきとセッティングして、空港の管制塔と同じシステムを組み上げてしまう。
diehard-2

で、航空機との通信を乗っ取って墜落させるという話なんだけど、


この機材をセッティングするシーンに痺れる♪

いかにも元軍人って感じの無駄のない行動。カッコイイ。



だから今でもホテルの部屋に入ると最初にテーブルの上のファイルとかメニューとかお茶とかを一気に片づけて、パソコン開いてアダプターとLANケーブル挿して仕事の資料並べて、仕事環境をまず作る。

上着を脱ぐのはそのあと。



最初にこれやらないでベッドにゴロンとしてテレビつけちゃうと、そこで生産活動終了(笑)

地方の番組って、珍しいから夜まで観ちゃうんだよね。








もう一つの「トランスポーター」。

主人公のフランクはいつも黒スーツに白いワイシャツに黒ネクタイ(時計はパネライ)でビシッと決めているんだけど、

毎度毎度、運び屋仕事の途中で敵に襲われて戦うんだよ。こんな感じで。
More-Transporter-3-Fight-Scenes



でも敵を倒したあと、車の後ろのトランクから全く同じスーツが出てきて、ピシッと着替えて仕事に戻る。

洗濯したり何着るか悩んだりしない。

同じものが出てきて着替える。それだけ。

このシステムに痺れる♪




この真似をするといっても毎回新しいスーツを新調するわけにはいかないけど、

ホテルに着いてパソコン周りのセッティングをしたら、

泊まる日数分のスーツとシャツをハンガーにかけてスタンバイ。

しかも全部3ピースのスーツに青系のネクタイなので迷う余地がない。

長く泊まるときはホテルのクリーニングに出しちゃえばまとめて透明な袋に入って届くので、さらにトランスポーターに近づくね(笑)





要は、環境をシンプルにしたいんだよね。

観光で行くなら話は別だけど、仕事とか受験でホテルに泊まるなら集中を妨げる要素は最初に片づけてしまった方がいいと思う。



というわけで、慣れないホテルの受験生は

環境整えていいパフォーマンスを叩き出そう☆