気づく人は気づくもんだね。

「先生、今回の『青本』の表紙の肩書き、いままでの本と違ってません???」

2011年「小論文のオキテ55」
IMG_2770


2012年「AO入試・推薦入試のオキテ55」
IMG_2772


2013年「仕事に必要なのは『話し方』より『答え方』」
IMG_2773


そして、

2014年7月「現代文のオキテ55」
IMG_2878


「ほら、『代々木ゼミナール講師』の肩書きがない! もしかして6月の時点で予知してました? ブログでも『仕事辞めてもいい』とか『卒論』とか書いてたし」
2014年06月28日 『何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55』
2014年05月26日 夜逃げ準備中



あーっ、ホントだ!(笑)

なんかね、ふと肩書きがない方がしっくりくる気がして、印刷の直前で消してもらったんだよね。



てか、もともと来年度は代ゼミを週2日くらいにして徐々に別なこと始めようと企んでいたのも事実なんだけど。

ちょっと予定が早まっちゃったね。



そんな事情だったので、今回の報道もむしろ面白がって見てた。

だってさ、報道される側になって実際と報道とのギャップを目の当たりにする経験って貴重じゃん。

小論文の講師としてはこういうメディアの実情を体験できてよかったよ◎





あ、そうそう。お知らせが。

こんなタイミングで、重版決定!!

「小論文のオキテ55」14刷 累計3万2千部
「AO入試・推薦入試のオキテ55」8刷 累計2万部

みなさん、応援ありがとうございます!!
m(_ _)m

ついでに「現代文のオキテ55」も応援よろしく!!!