「先生、受験生って何時間寝ればいいんですか?」

受験生はというより、人間は普通7時間くらい寝るだろ。

「えーっ?!いま3時間睡眠なんですけど」

えーっ?!

どうりで、今日は調子悪そうだったね(笑)
いつもならできるはずの問題が全然ダメだった(爆)



「四当五落」という言葉が昭和の頃にはあって、

4時間睡眠で受験勉強頑張った人が合格して、5時間も寝てた奴は落ちるという意味なんだけど、

これ、嘘だからね。

昭和の人間って「口裂け女」とか「ノストラダムス」とか、デマばっかり流しやがる。団塊の世代に騙されんなよ。




勉強で夜更かしすると
 ↓
次の日の授業中、頭がボーッとする
 ↓
一日の授業が終わっても、何も頭に残ってない
 ↓
やばい、復習しなきゃ
 ↓
復習と次の日の予習で更に夜更かし
 ↓
次の日、授業中に居眠り
 ↓
先生に怒られる
 ↓
先生のことが嫌いになる
 ↓
その教科まで嫌いになる
 ↓
独学
 ↓
独学だから時間がかかる
 ↓
もっと夜更かし
 ↓
次の日、頭が朦朧とする
 ↓
解けない、読めない、覚えられない
 ↓
成績がみるみる下がる
 ↓
もっと時間かけなきゃ
 ↓
ますます夜更かし


・・・という壮絶な負のスパイラルに陥るんだよ。恐ろしい。




受験生は7時間寝た方が受かる。

俺も7時間寝てた。




夜11時に寝て6時に起きると
 ↓
授業中、眠くならない
 ↓
全部頭に入る
 ↓
復習する必要がない
 ↓
夜11時には寝られる
 ↓
テストの時も頭が冴える



よく「高2の夏とかはオールで遊んでても平気だったし♪」とか言う人いるけど、

頭を使わない夜遊びとフルに脳みそ使う勉強は違うし、

浪人生は2年前ほど若くないから(笑)