前回に続いて、小論文について過去に書いた記事をまとめてみようか。


まずは一番の基本から。

大学入試の小論文はこんな形式になっていることが多い。

課題文(数行〜数ページ)
問1 この文章を要約しなさい。
問2 これに対するあなたの意見を述べなさい。




課題文の読み方と要約の仕方、そして意見を書くときの段落構成の話がこちら。
2009年02月13日 小論文も復習するぞ

よくある失敗だけど、どっかで読んだことをパクッちゃいけないよというのがこの記事。
2009年02月22日 現代文って嘘だらけなんだよな

小論文というのは、問題点を挙げて解決策を出す文章。

その問題解決の考え方をシンプルにまとめてみたのがこの2つ。
2008年07月03日 世界一単純なロジカルシンキングのルール
2008年04月03日 子供のうちから教育しろ???



ここまでは理論編だけど、これを実際の入試問題に当てはめてみるとこうなる。

2011年大阪大学・人間科学
2012年03月11日 課題文の「引っかけ」に気を付けろ

2010年慶應義塾大学・法学部
2012年02月10日 2つの意見が対立する小論文

2010年早稲田大学・スポーツ科学部
2012年02月06日 資料が複数あるときの小論文

この2つは代ゼミのテキストに載っていた問題で・・・出典忘れた。
2009年07月04日 にわとり問題
2008年07月03日 今週の小論文のタネ明かし!


以上の記事は思いついたり生徒に質問されたりするたびに書いてたので断片的なんだけど、

それらを体系的にまとめたのがこの本。

過去問やるときに手元に置いて、ナビに使ってほしい。
わからなくなったら、この本のどこかに必ずヒントがあるから。
何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp