現代文で、まさかの「イラスト」が登場!!w

kokugo_107


鐔(つば)なんて日本史でも習わないだろうし、よっぽど時代劇が好きじゃないとピンとこないだろうなあ。。。

「つばぜり合い」なんて言葉も、いまの高校生は使ったことあるのかな?



実物はこちら。
中心のタテ穴に刀身を通す。
網代図鍔 桐箱入 RUM-T038K網代図鍔 桐箱入 RUM-T038K
販売元:匠刀房

販売元:Amazon.co.jp

アマゾンでも買えるんだね。さすがA→ZのAmazon。

こんな凝ったものまである。これが「透かし」というやつだけど、強度は大丈夫なのか?
~侍の魂の技と美~ 老松透かし鍔 RUM-T007~侍の魂の技と美~ 老松透かし鍔 RUM-T007
販売元:匠刀房

販売元:Amazon.co.jp


剣道の竹刀用はゴムとかプラスチックでできているらしい。
剣道 竹刀用ツバ(鍔)剣道 竹刀用ツバ(鍔)
販売元:広栄武道具株式会社

販売元:Amazon.co.jp



文中に登場する「野晒し(ドクロ)」の鐔がこちら。
nozarashi_01
よく見ると右下にガイコツが。。。


最後に出てくる「鶴丸透」。
1334540397-2577


鐔に限らず、家紋とかにも使われる定番のデザインで、
日本航空のあのマークも「鶴丸」。
110721_06



小林秀雄がセンター試験に出るのは初めてではない。

谷川渥『美術の逆説』の中で小林秀雄の『骨董』が引用されていて、
それを丸ごとパクッた建畠哲『美術館のジレンマ』が2006年追試に出題されている。
(この年から追試の問題が非公開になったのは盗作疑惑を隠蔽するためじゃないだろうな?)

骨董は美術品と違って生活の中で「いじるもの」と小林が語っていて、この問題を読んだことのある人はかなり有利だったかもね。



でもまあ、過ぎたテストをあれこれ思い返しても何も出てこないので、さっさと忘れて次の準備しようぜ、次!!