世界一大きな戦艦といえば、大日本帝国海軍の大和。ギネスブックにも載ってる。
1/700 ウォーターライン新シリーズ 大和
1/700 ウォーターライン新シリーズ 大和
クチコミを見る





そして世界一不運な軍艦といえば、同じく大日本帝国海軍の信濃。
1/700 ウォーターライン新シリーズ 信濃
1/700 ウォーターライン新シリーズ 信濃
クチコミを見る


進水式では手違いでドックに流れ込んだ海水に翻弄されて、ドックの壁面に激突しまくってあちこち壊れるというグダグダな展開に。。。

そして初航海では出港17時間後に撃沈orz


4日で沈んだタイタニックよりも早い(爆)




一方、海軍には「幸運艦」と呼ばれた船もある。

空母・瑞鶴。
1/700 ウォーターライン新シリーズ 瑞鶴
1/700 ウォーターライン新シリーズ 瑞鶴
クチコミを見る



デビュー戦の真珠湾攻撃では出撃した58機が全機無事帰還。幸先がいいね。


珊瑚海海戦ではスコールが降る中にいたために敵が近づけず無傷。
そのかわり雨雲の外にいた同型艦の翔鶴はボコボコに。。。


日本が惨敗したミッドウェー海戦のときはたまたま欠席。
負け戦に居合わせないというのも大事な才能だ。


1944年6月のマリアナ沖海戦で初めて爆弾を1発だけ被弾。
真珠湾攻撃から2年半、一度も弾に当たっていなかったことになる。


レイテ沖海戦で撃沈されるときも米軍機がさっさと帰ってしまったため、乗組員が甲板に集まって敬礼している写真と万歳している写真が残されてる。悲しい瞬間のはずだけど、なんて呑気な。

zuikaku banzai




瑞鶴を超える幸運艦、駆逐艦・雪風の話はまた後日。