表紙オキテ55

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


タイトルが長いっ!!(笑)

でも実際、この本は《何を書けばいいかわからない人》のために書いたんだよ。




よく「小論文とは自分の主張を論理的に述べる文章」と教えられるけど、
(てか論理、論理と言う国語講師で本当に論理的な人はぶっちゃけ見たことがない)

それ以前に「自分の主張?別にないんですけど。。。」でつまずくんだよね(笑)

《小論文=問題点+解決策》

これを知らないと、ただの「自分の価値観」を延々述べることになってしまう。それは「作文」だ。




「最初にイエス/ノーを書くんですよね?」という人も多いけど、

解答の切り口は課題文の《メッセージ》によって異なる。そこを見分けないで一つのパターンをゴリ押ししてもダメ。

テストというのは、問われたことに答えるものだ。




この本は、問題集やネタ本の類じゃない。

過去問をやる前に知っておくべきルールが《全部》書いてある、「最初に読む一冊」だ。

だから文系・理系・医系を問わない。各自の志望校の過去問やるときに、この本を手元に置いてナビに使ってほしい。





本音を言うと、この本を一番読ませたいのは


10代の頃の俺(爆)


あの頃この本があったら小論文で受験してたかもしれないし、大学のレポートも楽勝だったと思うんだよね。もちろん就職活動も。

いろんな回り道をせずに、ぜんぜん違う人生を送っていたかもしれない。



もっとも、そんな回り道をしたからこそ書けた本なんだけど。

ということは、もしも10代の俺にこの本を届けたら、その後の俺はこの本を書かないことになる。

タイムマシンのパラドックスだ(笑)




発売の予定がちょっと早まって、

アマゾンでは10月12日から解禁(いまは予約受付中)。

みなさんの近所の書店にもその頃からだんだん並び始めると思うよ。



買ってくれたら、とても嬉しい(笑)

この本を使って合格してくれたら、もっと嬉しい☆


表紙オキテ55

何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55
著者:鈴木 鋭智
販売元:中経出版
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る