「大事なことはすべて記録しなさい」の著者、鹿田尚樹さんの出版記念講演会「録るが価値」に行ってきた。
大事なことはすべて記録しなさい
大事なことはすべて記録しなさい
クチコミを見る

普通こういうイベントでは冒頭に司会者が注意事項を説明するもの。
携帯の電源切れとか、録音するなとか、飲み食いするなとか、トイレはこちらですとか。

ところが今回は



「音さえ出さなければtwitterで実況中継しても構いません」



さすがカリスマブロガー、やることが新しい(笑)


お、ほんとにiPhoneで実況してる人がいる!



coyoteさんやLINDさんにあれほど言われたのに、まだtwitterやってなかったのを後悔なう!!





講演の内容も面白かったね。

鹿田さんは書評ブログ「読むが価値」で超有名なブロガーなんだけど、その傍らリアルの方でも勉強会「聞くが価値」というのを主催している。俺も何度か行ったことがある。

その「聞くが価値」第1回からの「全記録」を引っ張り出して、舞台裏の「失敗談」ばかりを語るというぶっちゃけた内容。

あんまりぶっちゃけてたのでここでは書かない(笑)

普通「出版記念講演会」ってカッコつける人が多いんだけど、全然そんな感じじゃなかったね。鹿田さんらしい。




この本の表テーマは「記録」の技術的ノウハウ。

でも裏テーマは「人脈力」だと俺は解釈してる。


本の中に出てくる、「野球部のスコア係が上手すぎてレギュラーになっちゃった話」とか「アメリカ旅行中に写真を撮りまくっていたら現地の新聞に載っちゃった話」とか、

鹿田さんの「記録」は全部「人脈」につながってるんだよ。


人脈とか人付き合いって、俺が一番苦手な分野なんだよね。。。


今日も会場で女の人に声をかけられて、

「あ、はじめまして」と言ったら、

「以前お会いしました・・・」

やっちまったー!覚えてない!(笑)


しかも

「ブログ読ませてもらってます♪」

せっかくの読者なのに、重ね重ねごめんなさい(汗)



こういうところが鹿田さんと違うとこだよなぁ。。。



ちなみにこの人、話してみたらなんと女性消防士!!

この手の集まりに「め組」の姉さんは珍しいぞ。

実はものすごく器用な手芸の達人という顔も持っていて、本人もそっちをアピールしたいらしいんだけど、


いやいや、俺は火事場の話の方をじっくり聞きたいって(笑)