眠れるライオンもたまには起きるっ

もともと国語講師・鈴木鋭智が受験生を励ましたり冷やかしたりするブログでしたが、最近はアシスタントが近況をお伝えしています。

「ES・面接対策講座」連載開始

ワタナベです。
直近のアシスタント業務はお遊戯の練習相手でした。

運動会が終わっても「ハッピーくまモン」が頭から離れません。






ところで、『公務員試験 受験ジャーナル』でダンゴムシ師匠による連載が始まります。

11月1日発売の「29年度 Vol.1」から始まる「ES・面接対策講座」全3回。

第1回は「実例に学ぶ 刺さる自己PRのまとめ方」です。




代ゼミ時代からAO推薦対策の志望理由&自己PRには異様に熱かったダンゴムシ師匠ですが、

最近その理由がわかりました。




師匠が教えていたのは「入試のために学校の先生が考えた書き方」ではなく、

「出版やメディア出演で稼ぐプロのためのプロフィール構築法」なんだそうです。

2011年の出版デビュー前に結構なお金と時間をかけて学んでいたらしく、

AO推薦対策のみならず、その後の出版やテレビ・雑誌への露出、さらには近年のキャリアシフトでその威力を証明したぜ、と自分で言っていますw



それを就職活動のエントリーシートに応用するとは、なんて贅沢な。



そんな「ES・面接対策講座」、なぜか今回も師匠は写真ではなくイラストで登場です。

受験ジャーナル29年度vol1記事2


以上、アシスタントのワタナベでした。




在庫切れの件・続報

アシスタントのワタナベです。

在庫切れで首位陥落した『小論文のオキテ55』ですが、

週末ようやくAmazonに補充され、

1日でカテゴリ1位に復帰しました。



しかも『小論文のオキテ55』がランクダウンしているあいだ、

いつも公務員試験のカテゴリで4位前後をウロウロしている『公務員試験 無敵の論文メソッド』がなぜか1位に浮上。

毎回異なるカテゴリで本を出しているとこういうこともあるんですね。



ドングリ隊長いわく「ニッチなポジションを1個ずつ獲っていくアウグストゥス方式」だそうです。
……意味不明だと思うのでこちらをご参照ください。



以上、アシスタントのワタナベでした。


ドングリころころ首位陥落

アシスタントのワタナベです。

帰国早々、ショッキングな展開が待っていました。





4年以上、Amazon「小論文参考書」カテゴリで不動の1位を誇っていた『小論文のオキテ55』が

まさかの首位陥落!!



27


在庫切れが原因のようです。

ちょうど重版分を印刷中なのに……。



Amazonでは最高4,999円で出品されているようですが、まもなく新品が補充される見込みですのでお待ち下さい。

ていうか書店でお求めいただいた方が早いかと。





それはそうと、

秋ですねえ。




ダンゴムシ師匠はいつのまにか

ドングリ隊長になっていました。
160905_152018

アシスタント不在につき

ダンゴムシ師匠こと鈴木鋭智本人です。



アシスタントのワタナベが


生意気に


海外逃亡中。

27271829806_6b41894865


(写真はイメージです)

チッ。






久しぶりに自分で書くか。



【重版のお知らせ】

「オキテ55」シリーズがまたまたまた重版決定!!

『小論文のオキテ55』 22刷 累計5万7千部
『AO入試・推薦入試のオキテ55』 12刷 累計3万2千部
『現代文のオキテ55』 6刷 累計1万3千部

三部作の合計がようやく10万部突破!!

みなさん、息の長〜い応援ありがとうございます!




ちなみに、

他の著者はどうしているのかよく知らないけど、

「オキテ55」三部作は重版のたびに「著者プロフィール」の部分を少しずつ変えているんだよね。

新しい実績ができたり、新しい著書が増えたり、肩書きが変わったりしてきたので。



『小論文のオキテ55』の初版なんて、実績も何もないときだったのでプロフィールがスッカスカだったよなあ(笑)


本を武器にして実績作って、それを次の本のプロフィールに盛り込み、その本を武器にまた実績を作り・・・ってサイクルを転がし続け、

祐さん曰く「わらしべ長者」。




そんな「わらしべ著者」のプロフィール作り、自己PRのノウハウを公開する機会なんてあるかな?

需要があれば、いずれどこかで☆



東洋経済オンラインに掲載されました

ダンゴムシ師匠(えーち先生)のアシスタント、ワタナベです。

お知らせです。

東洋経済オンラインに師匠が書いた記事が掲載されました。

東洋経済オンライン2016年7月21日
『成果を出す人は「ムダな問題意識」を持たない  「ミニマル思考」でストレスから身を守れ』


こんな感じです。
東洋経済オンライン


新刊『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』の関連記事ですが、もっとビジネスの現場寄りの話になっています。

(ここだけの話、原稿の一部が「炎上の危険あり」ということでバッサリ削除されたそうですww)

よろしければご一読ください。


以上、アシスタントのワタナベからのご報告でした。



Recent Comments
記事検索
メールはこちらへ
  • ライブドアブログ